近況中況遠況

今の話、少し前の話、昔の話を気の行くままに書いていく。

防音箱

2018-11-25 09:41:34 | 日記



今寝泊りは新しい部屋でしているが荷物はまだ全部移しきっていない。
最も大きなものは自作の防音室(箱)でこれの始末をどうしようか思案中である。
今までいた建物は築50年以上の木造建築で防音など一切考慮されていない代物である。外部から入る音と自分の出す音を遮断しようと防音室について調べてみたことがある。製品としては最も小さいもので縦横1m高さ2m程のものが楽器メーカーや住宅メーカーから発売されているが、このような物でも30万円以上して簡単に買えるものではない。最も安いものでダンボール製の「ダンボッチ」という商品がある。80x80x164cmの最小のものでも送料を加えると8万円もするがこれだけでは役に立たず遮音シートなどのオプションを付けて何とか使えるようにするには10万円以上かかる。

自分で作ればもっと安くできるのではと思いネット検索したところ同じ思いの人は沢山いるらしく何件もヒットする。
それらを参考にして作ったものが画像(昨日撮ったカメラの専用ケーブルが見つからずUP出来ないため、今朝タブレットで取り直したもので位置をずらして分解し始めた状態になっている)のものである。
大きさは市販の合板(91x182x1.2cm)を基準にして内寸93x93x200cmとした。重さは80kg超ある。
胴縁で骨組みを作りそこに合板を張り付け、その上に50mmの吸音材、更に2mmの遮音シートを張ったものである。これで25デシベル程減衰できた。
置き方は横置きで中に布団を敷いて寝ながらテレビ(パソコンのモニターも兼ねている)を見たり音楽を聴いたりするためである。そのためガラス窓を作ったり、2.1チャンネルのアンプ付きスピーカーも1組置いていた。

ただ、最大の効果を出すためには密閉しなければならず、夏場は中の温度が我慢できない程に上がるので10cmのアルミダクトを取り付けて片方にエアコンの冷気を送ることで解決できた。逆に10月に入ってからは暖房いらずの暖かさになって快適に過ごせていた。
新しい部屋は鉄筋コンクリート造りで、しかもワンフロアに2世帯しかなく防音に関しては全く問題なくて、もう使うことも無いので分解することにするがまだ新しいものなので合板だけでも持って行きたい。3畳ほどのカラオケルームを作りたいとの微かな願望とスペースはある。

スプレーマムは近所の人に譲ることができた。他は全て処分するので「プランター園芸」の看板は下ろさなければならない。



引越し中

2018-11-18 10:00:11 | 日記

スプレーマム

満開状態であるがこれも今週中に撤去の予定。

千日紅、小松菜、春菊、朝鮮朝顔、ユリオプスデージー

株を抜いたり切ったりして土を乾燥させている状態。予備の土も同じくらいの量がある。他に肥料や腐葉土等20kg以上あって処分方法を思案中。

矢車草、キンセンカ

引越し先の部屋は窓の手摺内に15cmの小鉢を置くスペースがあり下の階の住人はそこに10鉢程置いているが、水や土が落ちたり、9月の台風のように強烈な風が吹いたら根こそぎ持って行かれたりする可能性があるので設置はためらわれる。ただ、この窓のある部屋は当面利用する予定は無いので窓際60cmほどに台を作りそこに置こうかとも考えている。ということでこの2つの花はしばらくはこのままにしておく。

立ち退きが決まったので直ぐにネットで物件探しを始め4件の候補を持って不動産屋に行き、その内の3件は実際に内見して立地条件、間取り、家賃で優位にある物件を契約した。重い物、嵩張る物は業者に任せることにして軽いものはできる限り自分で運ぶことにして今はどちらでも寝起きができるようになっている。6畳間が一つ増えたので新しく買いたいものもあり、更に旅行もあってと今月中は何かと忙しい。


固定資産税

2018-11-11 09:31:29 | 日記

スプレーマム

一気に咲き始めてきた。25個位の筒状の花が放射状に開き先端の内側が赤く外側が白で色の対比が美しい。

千日紅

花が茎から折れて落下しているものが数個ある。そろそろ花期も終わりに近づいているようだ。

矢車草(上)、きんせんか(下)

どちらも順調に育っている。

小松菜、春菊

小松菜は月曜日に収穫した。(上の画像)小さいものも3株あったが全て収穫して鉢を空にした。炒めて食べたがまあ普通の味であった。他も順調に育っている。

車で3時間位行ったところに別荘を持っている。別荘などといっているがその実はただの掘立て小屋である。誰にも見せたことも、招いたこともないので言ったもの勝ちである。
全ての工程を一人でやろうと思ったが時間と労力を省くため整地と基礎コンクリートだけは業者に頼んだ。
上物は週1で通ってコツコツと建てた。基本的に木造であるが屋根は強度と作業効率を考えてスチール折半という変則的な造りとなった。いつごろ建てたのかは例によって定かでないが、作業帰りに立ち寄ったサービスエリアでダイアナ妃の事故を報じていたので検索して1997年の夏のことだと分かった。その年の内に大方は完成して、正月はそこで過ごすことができた。
土地を買う前と家を建てる前に管理会社に確認申請や土地の税金の事を訊ねたが地価も広さも大したことないので心配要らないというのでそのままにしていたが数年後の(人が訪れる可能性が高い)お盆の時期を狙って市役所の役人が調査に来て固定資産税が掛かると告げて帰った。
金額自体は大したことはないが事情があってもう行くことも無くなったので固定資産税を払わなくてもいいようにするにはどうしたらいいのか役所に相談に行ったところ税制で言う家の定義から外れたら良いと教えてもらった。具体的には壁1面を壊すか屋根を取っ払うかしたら良いと言うので屋根を取り払うことにした。
それから5年ほど経つが現状がどうなっているか分からない。外した屋根材は風雨に晒されないように屋内に並べているがボルトを通す穴などはそのままにしているので下にある家具や荷物はもう使い物にならないと思われる。
屋根のない家はどのように朽ちていくのかという実験をしているようなものであるが、元気な内にきちんと解体撤去したいものである。
さて、この家であるがYahoo地図の航空写真で確認できる。掲載の画像がそうである。中央の長方形の薄青いのが(今は無い)屋根である。右下の白いものは玄関、左上の白い物はトイレでいずれも後付の物である。
もうこの場所とも縁がなくなりそうであるが、敷地内に電力会社の電柱と支線があって僅かではあるがその敷地使用料が3年毎に入ってくるようになっていて細々とまだ繋がりはある。その支払いが来週から始まるので一泊旅行を兼ねて営業所まで貰いに行く予定である。



青天の霹靂

2018-11-04 10:06:34 | 日記

小松菜、春菊
丸鉢の小松菜は今日収穫する予定。そのほかも順調に育っている。

スプレーマム
つぼみが開き始めた。千日紅と同じ色合いである。花の形は違うのでまあいいか。

キンセンカ(上図)矢車草(下図)
どちらも急激に大きくなってきた。小鉢に移し替えてでも残したいものである。

次の住居に(日当たりのよい)ベランダでもあれば持っていけるのだがそうでなければこれら全て廃棄せざるを得なくなる。

青天の霹靂
この言葉はめったに使うことはなく、親に結婚の事後報告の手紙に書いて以来47年振りに使うことになった。
「建物を取り壊すことになったので年内に立ち退いてもらいたい。」との連絡を管理会社より受けた。正に青天の霹靂である。「寝耳に水」とか「藪から棒」とかのありふれた表現でもいいがびっくり度合いとたまには気取った言葉を使いたくなったので性青天の霹靂とした。

事情はこうである。
以前両隣の住人3名が入院死亡したと書いたことがあったがその後もう一人が、更には大家さんまでが同様の状態になり10部屋中6部屋が空き室となり築年の古さから新しい入居者募集が難しくなった事。
これに追い打ちをかけるように台風の被害を受けて屋根などは全面葺き替えしなければならず、多額の工事費を投入してもそれに見合う収益が望めない事などから手前の駐車場、左の住居も含めて解体し一旦更地にすることとなったようである。

この建物は文化住宅というもので60年ほど前の高度成長時に地方出身者の受け入れるために多く建てられたものである。それまでのアパートと違い各戸にトイレや炊事場が付いていることから文化的な生活が過ごせるということで文化住宅と名付けられたそうである。時代背景を考えると大きな都市にはどこにでもありそうだが関西中でも大阪辺りに限って使われている言葉のようである。
画像は現在住んでいる建物であるが、2階建て10戸前後の部屋を有するという典型的な造りである。壊される前に記念にと思い撮影した。

家主都合での立ち退きであるので次に住む部屋にかかる初期費用と引っ越し費用は大家持ち(家賃の6か月分出る。)である。現在と同じ快適さを持つ物件を探すのは難しそうであるが断捨離を決行するには最適の機会である