近況中況遠況

今の話、少し前の話、昔の話を気の行くままに書いていく。

中華アンプ

2018-09-30 08:05:54 | 日記

小松菜
本葉も出てきて順調に育っている。育ち方に差があるので鉢を180度回してみた。

春菊

こちらも順調に育っている。これから間引きする。

朝鮮朝顔

種を採るために2個だけ残している。直径7㎝程になっている。

千日紅

相変わらず元気よく咲いている。

ルドベキア
そろそろ花期も終わりそうである。次の花の準備のため処分しようと思う。花が全面にに咲きほころぶ図を想像していたが1、2輪寂しく咲くだけに終わってしまった。植える時期が遅かったのが原因と思われる。

スプレーマム、ユリオプスデージー

少しずつ成長しているようだがここ数週間目立った変化はない。

 

所謂中華アンプと呼ばれているものである。
良いアンプとは重く熱く高いものだとの概念の対局にあるもので小さく熱も持たず値段も安く且つ音質も良い。製品の口コミでも絶賛されている。ものは試しと1台購入したがびっくりした。トリオとかクァルテットとかの小編成のものは楽器の位置関係がはっきりと分かり、ボーカルは目の前で歌っているような感じである。音質はピュアで全く加工されていず原音を忠実に増幅しているだけである。只良いことだけではない。初期のものは手作業ではんだ付けされていて、半田の不足や盛り過ぎ、はんだ屑の取り忘れ等があったり、入出力の極性がバラバラだったりで電源を入れる前にそれらの確認作業が必要であった。私もはんだ屑がICチップの足の間に挟まって1台壊したことがあった。中華アンプと呼ばれる所以である。
初めの頃は完成品を買っていたが、中の基盤だけ売っている業者も出てきて自分の好みのケースに入れて完成させる楽しみも増えた。更には部品一式を同梱したものを自分ではんだ付けして完成させるキット品も現れてきた。最後には回路図を頼りに自分で部品を集め部品の効率的な配置を考えながら作るまでに至った。
かさばるものではないので残してもいいのだが断捨離の決意を示すため10個ほど処分する。

前の画像の後列左側のものの拡大版。左側のものは同じアンプ基盤が切手シートみたいに8個連なっている。切れ目に沿って折ったら約2cm四方の小さな基盤になる。右側はそれを名刺ケースに組み込んだものである。6wの小出力であるが良い音を出す。アマゾンで現在も10個1組で販売しているようだ。

下は東芝のプリメインアンプ。昭和の王道を行くアンプである。上に乗っているのはパナソニックのコンポ。CD、DVD、MDの他MP3まで再生できる。低音用高音用と二つのアンプが内蔵してあるのがコンポとしては珍しい。
これらも良い音を出すのだが重くてかさばる。断固処分する。


サロンヒーター

2018-09-23 07:52:34 | 日記

小松菜(上の画像)、春菊(下の画像)
猫に荒らされたが植え替えれば又根付きそうなので10本ほど植えてみたが全て根付いたようである。これがどちらの苗か分からなかったので画像検索したところ小松菜のものと判明したので春菊の種を新しく蒔いた。蒔き過ぎたようであるが適宜間引いていく。
猫除けのため側面と上部を金網で覆った。

その他の花

先週と特に変わった様子なし。今回は手抜き。

冷房も暖房もエアコンで賄っていたのだが暖房は冷房より電気代が高かったので、他にガス灯油等あり、どれが経済的であるか調べようと思い、3年かけて電気、ガス、灯油をそれぞれ1シーズン通して使ってみた。
ガスは先週取り上げた1口コンロである。熱量の少ない小型のものであるがガス代は電気代よりも遥かに高く使うことを止めた。
翌年は火鉢型の灯油コンロである。正式名はサロンヒーターと言い暖房用でなく煮炊き用とされているが、狭い部屋では十分暖房の役目を果たせる。灯油代は電気代と同じくらいであるが、買いに行く手間がかかる。配達もしてくれるが配達料が別途かかる。価格は原油相場に連動して上下するが徐々に値上がりの方向にある。臭いも煤もわずかではあるが出てくる。給油の手間がかかる。コンロ自体大きく場所を取る。これらの理由で1シーズンで止めることにした。
で、結局は経費も手間もかからない電気のエアコンに落ち着いた。


ちなみにこれら3種の器材は全てヤフオクで購入したものである。ヤフオクやアマゾンのものは玄関先まで配達してくれるので便利であるが処分は自分でしなければならないので厄介である。


猫に荒らされる

2018-09-18 09:11:04 | 日記

先週芽が出た小松菜と春菊を昨日の夕方鉢に植え替えて表に置いていたが金網を掛けていたにもかかわらずその日の夜に猫に掘り返された。頼みの超音波撃退器は3か月ほど被害がないので安心して放置していたがいつのまにか電池切れになっていたようで機能していなかった。どこかの警察署と似たような失態である。

片方は10本ほど残っているので植え直したら根付くかもしれないので試してみる。

 


台所片付け

2018-09-16 07:47:27 | 日記

朝鮮朝顔
先週水曜日に1輪咲いたのを最後に花は完全に終わってしまった。総計100輪以上咲いている。花殻を摘むこと以外は放置でよく全く手間のかからない花であった。花の色も形も匂いも良い花であったが、夕方咲いて翌日の午前中には萎れるという存在感のなさが難点であった。今は種を採取するために残しているが来年も植えるかどうかわからない。枝葉を大幅にカットしたのですっきりした樹勢になった。

千日紅
相変わらず盛んに咲き続けている。

スプレーマム
そろそろ花芽が出来てもよさそうだがその気配はない。

ルドベキア
花が咲く毎に花びらの数が違い大きさも小さくなっていくようだ。葉も茂らない。つぼみは3個ある。

小松菜 春菊
ダイソーの2袋100円の種を購入して蒔いた。3日後に芽が出たが玄関内に置いていたので徒長気味である。曇りが続いているので余り変わらなそうであるが外に出すことにする。

 

いつか何かの役に立つかもしれないと、大分昔に使っていたガスやマイコン式の炊飯器内釜や加湿器のタンクを残しておいたのだが結局使うこともなく場所をふさいでいるだけの存在になっている。1口コンロはガスで暖房したらどのくらいの料金になるかを調べるために1シーズンだけ使用したものでその後全く使っていない。フライパンと卵焼器はガス専用のものでガスを解約した今となっては使い道がない。これらの理由ですべて処分することにする。

今回は先週ヤフオクで落札したオリンパスのデジカメで撮ってみた。前のカメラ(ニコン)が使えなくなった訳ではないが発売当時高性能で話題になっていて購入したかったのだが2ヶ月ほどで販売終了になり買えなかった機種である。ヤフオクで偶然見つけ、今となってはそれほどの性能ではないが懐かしさで思わず落札してしまった。


フルート

2018-09-09 07:51:25 | 日記

朝鮮朝顔
花のあとに丸い果実(?)が出てきた。熟すまで放置。新しい蕾も幾つかあるがこれはおまけである。

ルドベキア
風で花びらが折れ曲がったので摘んだ。新しい蕾に期待する。

千日紅
風や雨で倒れ茎の途中で折れた花は白色に変色してきている。種を付けそうなので摘んだ方がいいようだ。

スプレーマム
こんもりと茂っていたが強風に吹かれ3方向に分かれてしまった。この方が良いのかもしれない。


きゅうりといんげんは先週月曜日に撤収したので台風の影響はなかった。

 

フルート
以前ヤフーオークションに出品していた時期があって評価も1000を超えるまでになった。出品ジャンルでは楽器が最も多く半数ほどを占めていた。フルートは50本ほど扱ったと思うが多くはジャンク品を入手してリペアして出品したものである。
フルートの音が出ないのはキーに取り付けてあるタンポの破れや劣化が原因であることが多い。従ってタンポを新しいものに交換したらいいのであるが厚みや傾きが微妙に違い音孔と接触する部分に隙間が生じることがある。管内にペンライトを入れキーを閉じると隙間の部分から光が漏れるので、一旦ばらしてその部分に薄い紙をはさんで又取り付けて試奏したりペンライトで照らしたりする。これで駄目だったら又取り外して調整する。これを何度も繰り返しやっと満足する音が出るようになってもそのキーと連動するキーがあったりするのでこれらの高さも調整しないと別の音が出なくなることもある。これらの細かい作業を何時間も行うには集中力と根気が必要であるが今の私にはどちらもないのでこれらのフルートは断舎離することにする。
但し上の画像の左下のものはニッカン(日本管楽器株式会社、50年ほど前にヤマハに吸収合併される)製で楽器の素性が良いのか割と簡単に満足できる状態にできたので自分用に使うことにするが、楽器を演奏するにも集中力と根気は必要であるのでどうなることやら分からない。

下の楽譜がこれからやろうとしている曲である。早ければ早いほど良いという曲であるが舌も指ももつれそうである。