近況中況遠況

今の話、少し前の話、昔の話を気の行くままに書いていく。

ストーム

2021-12-03 00:59:09 | 日記
大学に入って最初の一ヶ月は歓迎コンパの連続である。
学部の上級生が主催するものはオリエンテーションを兼ねていて単位の取りやすい講義とか出席を取らない講義とかを教えたりしていてこれは有益なものであった。
サークル、高校の同窓生、同郷生、同じアパートの者等のコンパもあったがこちらの「歓迎」は単に酒を飲みたいがための口実のようであった。

寮でもあった。
エッセン(食堂のことをそう呼んでいた)に集められて上級生が丼に酒をなみなみと注いで飲み干すまで離れない。
皆が酔っ払った頃を見計らって「これから女子大の寮までストームを駆けます」と号令をかける。
1kmほど離れた所に短期大学の女子寮がありそこまで走って行く。
毎年のことであるので女子大の寮生も心得たものでバケツに水を溜め窓口に集まり寮生が来るのを待ち構えている。
寮生が到着すると一斉に水を撒いてはしゃいでいる。水を掛けられた方もびしょ濡れになりながらもはしゃいでいる。
新入生は飲みなれない酒に酔っぱらっているから道路のあちらこちらに倒れる者がいて上級生がリヤカーを引いて収容して回る。

寮の中でもストームはあった。
何かの会合で最後に酒盛りになった後に寮の通路や廊下を奇声を上げながら走り回る。
「〇〇委員会の諸君がストームを敢行します。寮生の皆さんよろしく」と寮内放送がある。
寮生は要所要所に待ち構えて水を掛ける。
寮内であるのでパンツ1枚や裸の者もいる。

若気の至りとはいえ実にくだらないことに情熱を傾けていたものである。
しかし時代は大きく変わろうとしていた。

大学紛争の波は全国に広がっていて、それに加えて米軍機が構内に建設中の建物に墜落するという事故が起こり、もうコンパどころか授業さえ満足にできない状態に陥った。
更に1年後には全学無期限ストに入り半年後機動隊が突入して封鎖解除するまで大学の敷地内にも入れなくなった。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿