ひーたの休日

続編「ひーたの休日#2」
https://blog.goo.ne.jp/heata-p-p

ゆっくり更新中!

早くも避暑!? 一切経山(2018.4.22)その1 山頂へ

2018年04月30日 21時23分23秒 | 2018年の山歩き

残雪が思っていたよりも少なくて・・・



4月22日。


前日の福島市の最高気温は31.5℃。
そしてこの日の予想最高気温は30℃(30.8℃)ということで、これは避暑に行かなければと・・・
五色沼(魔女の瞳・吾妻の瞳)の開眼が気になる一切経山へ!


▲ ▽ ▲ ▽ ▲ ▽ ▲


昨年11月より冬季通行止めが続いていた磐梯吾妻スカイライン。
再開通日は4月8日・・・が、天候不順のために4月17日に延期。

磐梯吾妻スカイラインは路面凍結の恐れがあるため夜間通行止め。
4月17日~4月25日 17時~翌8時
4月26日~5月6日 17時~翌7時


再開通後初めての週末なので、混むだろうと早めに自宅を出発。
結果、旧高湯ゲートに通行止め解除約30分前に到着。

ゲート開放後、途中で寄り道(したいけれど)することもなく浄土平駐車場へ。

浄土平環境美化費(普通車:500円)を支払って・・・

早速山歩きの準備。
入念に(耳たぶにも忘れずに)日焼け止めを塗ったら、準備OK。




今回のGPSログ。


浄土平駐車場を出発 8:50




浄土平湿原の残雪が少ないのが気がかり。




このところの暖かさで雪解けが一気に進んでしまった様子。
これは計画通りにいかないかもしれない。




その代わり・・・
一切経山の北側にある五色沼(魔女の瞳・吾妻の瞳)が開眼している可能性も?




浄土平湿原を過ぎれば、残雪歩き。
雪で埋まった沢の上を・・・




亀のようにゆっくりと。




もう暑い!
もうフリースも保温性のあるアンダーも脱いじゃえと。
(下はさすがに脱がない!)
これで上半身だけは夏山と同じ・・・長袖と半袖Tシャツの重ね着で。




ツリーホールトラップ。
過去1回だけ落ちた、いや、落ちそうになったことがあって・・・
こんな雪上に頭だけ出ているオオシラビソにもなるべくなら近付きたくはない。














振り返れば吾妻小富士の噴火口・・・
う~ん、お隣の樋沼がまだ開眼前だな。




高山の向こうに安達太良山。


急登を終えて、平坦な酸ヶ平の一角へ。




もう人1人が歩ける幅しかない・・・
ここはたぶん2~3日後は通れなくなっていたのでは?




酸ヶ平避難小屋 9:50




残雪上を登るか?
夏道を登るか?
一瞬迷ったものの、鎌沼の様子を確認したいのでここは夏道を。




・・・鎌沼の上を歩く計画は潰えた (T_T)









この先で残雪が繋がっていてくれれば、下りはそっちを。




・・・酸ヶ平湿原の北側、(通称)平石山の裾を歩いて鎌沼に向かう計画も潰えた (T_T)









ならば平石山の裾ではなく中腹を歩いて鎌沼へ・・・
まあ、今回はいいや。




標高を上げて、ここぞと振り返れば・・・




だんだんと磐梯山・猫魔ヶ岳・雄国山の姿が。




一切経山山頂手前は風が吹き抜ける場所。




その風も弱く・・・
これは、あの頂上が大好きな羽虫がいるかも?














なびく雲に影を落とす飛行機雲。




空気大感謝塔を通り過ぎ・・・




一切経山山頂 10:36




一等三角点・点名「吾妻山」(標高1949.1m)にタッチ!




さてと、弱い風でも吹いているおかげで羽虫はいないようだし・・・



続きます。



◯ ● ◯ ● ◯ ● ◯



そろそろ気になる画像フォルダの残容量
全22,035枚(使用容量 2.965GB / 3GB)
『福島県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 寒風吹く。日山(2018.4.8) | トップ | 早くも避暑!? 一切経山(2018... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2018年の山歩き」カテゴリの最新記事