髭を剃るとT字カミソリに詰まる 「髭人ブログ」

「口の周りに毛が生える」という呪いを受けたオッサンがファミコンレビューやら小説やら好きな事をほざくしょ―――もないブログ

「ドラクエウォーク」 入門講座 『進め この道我が旅』 第10回 by 髭人

2022-05-14 21:00:00 | 「ドラクエウォーク」初心者講座
初心者ポイントあれこれ
別項目に関わっているから重複している所もあるけど…それは許せ。
後、あれこれ思いついたら随時更新予定。


[装備編]

・『武器防具』

 初期の段階は基本オートでOK。
 武器による威力ではなく攻撃力中心に考えるという単純な形となるがそれでもオートで良いのは
 まず、全員分の装備品が揃ってないし
 オート装備は現在装備中の心を含めて最良の武器防具を装備してくれるわけではないが…
 心の良し悪しとかこれから戦う敵の弱点、耐性まで
 考えるようになった人はもうその人は初心者ではなく中級者だろう。


 注意点:初期の段階だとよりいい武器防具を手に入れると即装備しがちで
  お金を得ようと売るなんて行動を結構やる。
  星4の武器を装備していたけど、星5の武器を手に入れてお役御免と言う事だ。

  その際、『助っ人』や『切り替え』パーティに装備していることはよくある。
  当然、それがなくなるのだから装備品がなくなる事になる。
  一応、売却前に『〇〇に装備しています』と言う通知は行ってくれる。

  『助っ人』で武器をなくすと当然、素手になる。
  自分には影響はないだろうが相手からすると舌打ちの対象になるから
  自分の助っ人キャラを好いて欲しいなら少しは気を配るべき。
  


・『心』

 武器防具と同じく初期の段階は基本オートでOK。
 まずは基本職1人3個×4人分で12個集める事が急務。
 希少性の高くランクが高い心だと攻撃属性にボーナスが付くことがあるが
 最初は心のランクなんて気にするな。『D』でも何でも装備するのが先決だ!
 というか

 「今の武器の最大の威力を出せる心の組み合わせは…」

 なんて意識し始めたらもうその人は中級者以上。

 注意点、『心』の場合は、装備品と違って『グレードアップ』でなくなることがある。
  『D』を装備させていたけど、『グレードアップ』して消滅なんて事もある。

  上記の『助っ人』同様、『心』を失うので助っ人としては弱体化する。
  一応、『グレードアップ』前に『〇〇に装備しています』という通知は行ってくれる。

  たまには『助っ人』装備に確認しておく必要はあるだろう。


・『心珠』

 冒険ランク10で解放される。
 『心珠』ポイントをゲットして生成する事で『心珠』を生み出すことが出来る。
 これに関してはオート装備で勝手に装備してくれないので自分自身で選ぼう。
 攻撃優先でいいのではないだろうかね。


[フィールド編]

・マイレージスポット

 現在地からランダムで取得するとマイレージポイントを180ポイント得られる光る珠が現れる。
 1日2回まで取得できる。
 と言う事で1日で最大360ポイントである。
 1日だけで考えると

 「たったそれっぽっちか…」

 と思えるが「塵も積もれば山となる」である。
 30日も続けていれば10800ポイント。
 10連ふくびきを1回出来る事になる。
 地味であるが継続して続ける事が大事である。


・ほこら

 大抵、一番弱いほこらが基本職LV30があるが敵の強さがまちまち。
 助っ人参戦が不可という仕様なので
 髭人が基本職LV30の『ほこら』に基本職LV40程度で挑んで敗北。
 当時は全体回復武器がなかったというのもあるが…
 無理して挑むよりは成長させるか武器をそろえるなりした方がいい。

 ただ、『ほこら』の敵は期間限定なので
 挑もうと思ったころにはその敵がいないなんて事もある。
 それは諦めるしかないかねぇ…

 『ほこら』が出現したぐらいの『冒険ランク』では
 『メタルホイミン』の『ほこら』を絞って倒すのが得策。

 『メタルホイミン』より
 『ドラゴメタル』の『ほこら』の方が経験値が多くて狙いたいところだが
 1度のブレスダメージで全員150ぐらい食らう。
 2匹いるので全員HPが300ぐらいが望ましい。
 勿論、『ブレス』を吐くのが確定している訳ではないので
 通常攻撃を出すのを待つのも可能だが
 確率が低いしHPが低いうちは何度も全滅する事になるからあまりオススメしない。
 
 『メタルホイミン』にせよ『ドラゴメタル』にせよ
 HPが10以上あるのでメタルに確実にダメージを与えられるような武器を持ちたい。
 もしくは『魔人斬り』がある心や武器を装備させるか…
 会心率が上がるような心を装備させるか…



・メガモン

 プレイするには基本的に『討伐手形』が必要なる。
 (『記念スライム』の場合、手形を必要としない)

 メガモンとしては『ドラゴン』『ゴーレム』以外は強い。
 推奨レベルとあるが『ドラゴン』『ゴーレム』以外の場合は
 推奨レベルのほかに装備も充実してないと1人で戦う場合はキツイ。
 特に全体回復武器は1~2つは欲しい。

 周りの人に頼る方法もあるがそれはマッチングしないと話にならないので地方の人にはキツイ。
 勿論、都市部だとしても誰もプレイせずマッチングしない可能性もあるので
 1人で倒すぐらいの気持ちで臨みたいところではあるが…
 メガモンは期間限定。
 「レベルが上がって装備が充実してから」と悠長なことを言っていると
 そのメガモンの出現期間が終了している可能性がある。

 「コイツより更にいい心を出すメガモンが俺が強くなった時に出るさ」

 ぐらいの諦めの心は必要なのかもしれない…

[ウォークモード編]

「ウォークモード」を起動すると
勝手に戦い勝手に回復し勝手にほこらを登録してくれるなど
放置上等の優れものだが注意点もある。

・各種上限数に注意
 『モンスターの心』『ほこら』『モンスター』『モンスターの卵』の上限数に余裕を持ってから「ウォークモード」を起動しよう。

 例えば『モンスターの心』の数の上限数に達しているとその時点で戦闘を行わなくなる。
 「何のためにウォークモードやねん」って話になるので

 『モンスターの心』であればグレードアップするか、『心珠ポイント』に変換する。(『無償ジェム』で上限を増やすのもOK)
 『ほこら』であればクリアするが、戦えないようなものであればルーラ登録した『ほこら』を削除する。
 『モンスター』であれば不要なモンスターはお別れする。
 『モンスターの卵』であれば不要な卵であれば売るなどをしてしまおう。

 
[クエスト編]

・1日1回の「ゴールド」「強化石」「基本職の珠」クエスト
 +「週末メタルダンジョン」を毎日忘れずに

 序盤の成長に大きく関わるので忘れずに行っておきたい。
 「ゴールド」「強化石」に関してはずっと必要となるので
 上級職になった中盤以降も行っていきたい。


・『導きのつばさ』を使おう。

 ストーリーを次々に進める序盤は
 「クエスト」を開放するための『導きのかけら』が枯渇しがちである。
 どんどん進めたくてもかけら不足で足踏み状態になるのはちとつらい。
 そのため、『導きのつばさ』を使ってその日に行く場所に設定するといいだろう。
 『職場』や『学校』の場所を地図で見てピンポイントで指定できるといい。
 翼自体を使いたくない人は、1日1回までは『導きの翼』を消費なしに
 どこでも指定できるので活用したい。
 家から近い場合は『買い物場所』など自分で工夫しよう。


[戦闘編]

・全滅を恐れるな。

 全滅してもその後、全員の体力が1になるだけで
 お金が減るとかそれ以外のペナルティはないし

 「全滅回数〇〇回」

 というような不名誉な記録も表示されないので(内部データ的には残っているかもしれないけど)
 強い敵相手でもまるで歯が立たないって時以外は積極的に挑んでも問題ないだろう。



・『助っ人』

 30分間、ランダムで現れた別の人が設定したキャラクターがバトルで援護してくれる。
 通常戦闘では参加不参加はランダム。
 強敵戦闘では必ず参加する。
 一方『ほこら』『ストーリーでのボス戦』基本『メガモン』戦では不参加確定となる。
 ただ、参加はずっとではなく3ターン限定でその後はいなくなる。

 戦闘終了後は『ありがとう』を送ることが出来る。
 これと言って送った側ももらった側も有益になる特典はない。
 『ありがとう』をもらった回数はプロフィール欄に加算される。
 一方

 「この人、ダメやね」

 と、気に入らなければ無理して『ありがとう』を送る必要はない。
 『ありがとう』を送らなかったからと言って、不利益になる事はないし、

 「〇〇というプレイヤーにこちらの助っ人が参加しましたが、その人は『ありがとう』をくれませんでした」

 という表示はないからな。
 ちゃんとやれば装備や心などめっちゃ強いはずなのに
 悪意を持って丸腰状態で『助っ人』設定している人もいるので『ありがとう』を送るのは自由だ。
 

 現れた『助っ人』はフレンド申請が可能。
 相手が承認してくれることで『フレンド』になることでが出来ます。
 相手側の助っ人が最大の100人に達しているとフレンドにはなれません。
 こちらがフレンド申請を受けた場合は『承認』することでフレンドになれるが
 『拒否』を選ぶとフレンドにはなりません。


 誰かの助っ人をランダムに受け入れる事だけでではなく
 助っ人を選ぶことも可能
 自分が出す『助っ人』も設定可能する事も可能

 
 フィールド画面下部の[メニュー]→[助っ人]から設定可能。


 誰を30分『助っ人』してくれるかをリスト内から選択可能。
 そのリストはフレンド内から探すわけではない。
 フレンド内という傾向は強くはなっているけども
 
 自分が他のプレイしている誰かの援護する『フレンド』を設定できる。
 (フレンドを頼まない設定もできる)
 フレンド設定は、その時点で状態のまま設定されるので
 その後、武器防具、心変更するのは対応するが
 設定した時点での武器防具を売ったり、心のグレードアップなどして
 そのものが手元からなくなると空白になるので注意!!

 折角、誰かの戦闘に役に立つのだから心から『ありがとう』を押したくなるようなキャラに設定するといいかもしれない。
 特に喜ばれるのは不意に出たメタル系を葬ってくれる奴である。

 「やっべ!メタル系出たけど、今のパーティにメタル狩れる武器を装備してるやつがいねぇ!」

 と、嘆いている時に、見知らぬ助っ人が颯爽とメタル系を狩ってくれると、心からありがたいと思えるものであるからだ。
 勿論、メタル系対策キャラが絶対とは言わない。
 例えば

 『奇跡の剣』という敵にダメージを与えながら回復も行える便利武器にしてくれていると強敵戦などで採用してもらいやすい。
 
 いずれにせよ、出来るだけ強いキャラに設定しておくと『ありがとう』をもらいやすい。
 

・メガモン時のフレンド申請

 通常戦闘時で助っ人に来てもらった人にフレンド申請が可能であるが
 やはり多くは『メガモン』参加者に対してのフレンド申請が主となるのではないだろうか?
 マッチングしてメガモンと戦って討伐が成功すると
 メガモン戦参加者が一覧として表示される。

 当然1位の人は大ダメージを与えられる強力な人である。

 「下手に申請するとこちらの助っ人が参加するキャラ雑魚過ぎて嫌がられないかな?」

 と、思うかもしれないが

 気にするな。
 別に、申請を受ける受けないはその人による。
 確かに

 「雑魚は近寄るな」

 って初心者を嫌う人もいるが、

 「初心者さん大歓迎!俺の助っ人を使ってどんどん強くなっちゃってください!」

 って寛容な人もいる。
 申請を送ったもののフレンドになってくれなかったとしても

 「ああ…さっきの人、申請、受けてくれなかったんだな…」

 なんて落ち込んでないで

 「あの人とは縁がなかったんだな。しゃーないしゃーない!他のもっと強くて心が広い人探そう!」

 と、別の強い人に申請をガンガン送るぐらいの気持ちでいるべきである。
 


[アイテム編]

・『経験の珠』『基本職の珠』

 イベント等で『ジェム』を消費せずに『経験の珠』というアイテムを入手できる。
 フィールド上での戦闘で30分間、経験値が20%増しになるという代物だ。(ほこら、メガモンなどはダメ)
 取ったらラッキーとばかりに即座に使う方もいるかもしれないが

 10~20個ぐらいは温存させておくべきである。

 2~3か月ぐらい1度『メタルイベント』というメタル系モンスターが大量に出現するイベントがある。
 そのイベント時でも『経験の珠』は適用されるので
 例えば『はぐれメタル』が4匹出た時に、『経験の珠』を使って全滅させると
 通常4万程度の経験値が
 当然48000程度の経験値を得られる。
 30分間、メタル狩りを集中して行うとレベル上げは格段に違ってくる。


 『基本職の珠』は1日1回イベントをこなすことで1個入手可能。
 フィールド上での戦闘で30分間、経験値が50%増しになるという代物だ。(ほこら、メガモンなどはダメ)
 これも『メタルイベント』に適用されるので
 まだレベルを全て最大(現在LV55)ではない基本職がいる場合は取っておくといいかもしれない。

[交換所編]

・『世界樹のしずく』の購入

 武器防具を売った時にゴールドと一緒に得られる『スラミチポイント』で
 『世界樹のしずく』を購入可能。
 使うと全員全回復という優れもの。
 だが、購入できるのは1週間につき1個のみで上限5個となっている。
 使用したらその都度補充して難易度が高いイベント等に備えるようにしたい。
 あまり使いまくるような状態なら、『雫』に頼らずパーティのレベル上げなどで強化を行いたい。
 (毎週月曜15:00更新、つまり月曜14:59に購入したら1分後に購入可能となる。)
 

[イベント編]
イベントはあれこれ違いがあるが定期的に行われるものや
共通して行われることにポイントを述べていく。

・「強敵」

 イベントではそのイベントに応じた強敵が出てくる。
 大抵の強敵の『心』はよくいる敵を倒すのよりもあれこれ効果をもった敵が多い。
 ただ、最近の強敵のコストは100超えの『心』が多いのでそう沢山は装備させられないが…
 レベル設定が可能なので例レベルでも数を倒すことでその心を入手する機会がある。
 『S』を4つあるとよりその後を有利に進められるので出切れば3~4個狙うといい。


・「メタルキャンペーン」

 フィールドに至る所に半径50mぐらいの円が現れその中ではメタル系のモンスターが集中する。
 時間限定で回数制限がある(特定の戦闘回数に到達すると、円が消える)

 『経験の珠』は30分間、取得経験値を20%割り増しにする。
 この「メタルキャンペーン」でも有効なのでレベリングを更に高めたい人は
 ここで使用して30分間、メタルを狩りまくるといいだろう。
 『基本職の珠』なら30分間、基本職のきゃらのみ取得経験値が50%増し。
 現在、基本職の取得経験値は2倍なので2.5倍が30分間という訳だ。
 (『基本職の珠』は通常の『経験の珠』と併用する事はできないので注意)


 ちょっとした小技を紹介しておこう。
 その際、現状のパーティの平均レベルのメタル系モンスターが登場する。

 『メタルスライム』 LV1~14
 『メタルブラザーズ』LV15~29
 『はぐれメタル』  LV30~50
 『メタルホイミン』 LV51~64
 『ドラゴメタル』  LV65以上 (更新されれば次なるレベルキャラも出現されるだろう)

 パーティを1つだけ高レベルにしておいた時に切り替えを行うと
 当然、そのレベルに応じたメタル系が出現する。
 その直後、パーティを切り替えたとしてもそれと同時にメタル系モンスターも変化する訳ではない。
 だから、LV65以上のパーティでプレイしていて
 『ドラゴメタル』が大量出現した直後に低レベルパーティにした時に、『ドラゴメタル』と戦う事も出来るのだ。

 勿論、相手は高レベルのメタル系なので先手を取られてもそれに耐えうるパーティでなければ全滅させられる。
 例えば、『ドラゴメタル』を相手にするのなら最大3匹現れてブレスを吐いてくる。
 1匹につき150弱ぐらいのダメージのブレスを吐いてくる。(防具などによりダメージ軽減は可能ではある)
 3匹全部ブレスを吐くことを想定しばければならないのでHP400以上はないと危険である。

 個人的には低レベルで比較的安全に戦いたいのなら
 『イオラ』を使う『はぐれメタル』や『ブレス』を吐く『ドラゴメタル』は避け
 『メタルホイミン』出現ぐらいのパーティ(平均LV51~LV64)を1つ作っておくと周回したいときに便利かもしれない。


・「ゴールドマンキャンペーン」

 「メタルキャンペーン」と同様に円の所に沢山のゴールドマンが現れる事がある。
 その際、『小さいゴールドマン』『通常のゴールドマン』『デカイゴールドマン』の3種が出てくる。
 大きさにより、ゴールドの多さも異なるが

 小さい奴だと複数出てきて、お金も少ない。
 倒す敵によりランダムであり、『小さいゴールドマン』でも『通常ゴールドマン』よりお金を出してくれる可能性はある。
 勿論、大きさによって強さも違い、『でかいゴールドマン』の方が強い。
 始めたてだと『でかいゴールドマン』だと勝てない場合もある。
 自分が倒したいと思うゴールドマンを狙うのが吉である。

 ちなみに、『ゴールドの珠』は通常の敵を倒した取得ゴールドを20%上乗せするものである。
 「ゴールドマンキャンペーン」の場合は『宝箱』でお金が大量に出ているという仕様の為
 『ゴールドの珠』の上乗せ対象ではないので注意。




[その他]



・マイレージポイント

 マイレージポイントの所持できる上限は3万ポイントである。
 それ以上は当然、破棄される。(『ジェム』に上限はない)
 勿体ないのでたまにはどれぐらいたまっているか確認し、
 欲しいと武器などがなくても福引券辺りと交換しておくのが無難である。(勿論、他でも良い)
 

 ちなみに

 「スタンダードパス」だけだと1週間で
 最大10020ポイント入手できるので3週間であふれる事になる。

 有償ジェム(課金)にて購入可能な「ゴールドパス」は1週間で1万ポイントだから
 スタンダードパスと合わせる事により1週間ちょっとであふれる。

 その上、有償ジェム(課金)で購入可能な
 特定のイベントの期間中の各種限定パスは期間はパス毎にちがうが
 ポイントは最大で1万ポイント。

 『スタンダード』+『ゴールド』+『限定』

 をそれなりにやっていると1週間であふれる事になる。


・キャラメイク

 4人のキャラの容姿と名前はいつでも自由に設定が可能である。
 『性別』『髪型』『髪色』『目つき』『目の色』『肌の色』などである。

 ちなみに『性別』は便宜上『タイプ1』『タイプ2』という名称で分けられている。

 主人公を女とした場合、ドラクエ5のイベントの女性陣との結婚はあれこれ問題があるからかもしれない。
 まぁ、最近は性別に関してはあれこれデリケートな問題だからな。
 あまり触れない方がいいのかもしれない。

 それはともかく、キャラの容姿を変えられるので自分の好きなように変えるのがいい。
 自分の顔にそっくりにするもよし、好きなキャラクターっぽくするもよし、
 タイプの数も問われない。オール女子でもオール男子でもハーレムのようにするもよし。
 ただ、数は限られる。子供や老人のような容姿はないし、体型も変化させることは出来ない。


 そして、キャラメイクは可能だが
 「ドラゴンクエスト3」と同じように台詞はないのでゲーム的には『記号』というような扱いである。

 
・自宅

 『自宅』は『休む』を選ぶことで15分おきの全回復が可能。
 後、『自宅』に入ることで床壁の変更、家具の配置などが変更できる。
 (自宅の家具の変更は、メニューを扱えばいつでも変更可能)

 自宅は1日1回であるが場所の移動「引っ越し」が可能。
 リアルの自宅の位置に設定する事も可能だし、良くいくような場所、例えば駅、職場、学校でも設定可能。
 川とか海のど真ん中でも設置可能。それに何の意味があるのか不明だけどね。
 好きな所に設置しよう。
 ちなみに、『自宅』を設置すると他プレイヤーがプレイするフィールドに『自宅』が設置されてしまう。

 「『ひげじん』って奴はここに住んでいるのか」

 という事になるというわけだ。
 一応、設定で『自宅』を

 「設置した場所に公開する」「設置した場所2~3km周辺に公開する」「公開しない」
 
 の3種が設定可能。
 『公開しない』とすると他プレイヤーから「いいね」をもらえなくなる。

 他人の自宅に行ったときに小さく光る玉があるのでそれにタップすると
 少額のお金やアイテムなどを入手できる。
 1人につき1日1回入手可能である。
 イベント時にはその光る玉を触れるのが必須になる事もある。

 それと「いいね」を送る事が出来る。
 もらった側やあげた側に特典は特にないが(「他人の自宅に『いいね』をあげろ」というイベントはたまにある) 
 プロフィールを見た際にもらった側の数は記録される。

 『いいね』が沢山、欲しければ自宅を凝った配置にするより相互で『いいね』をくれるフレンドを作るべき

 プレイヤーは色んな人がいる。
 誰かの自宅に行って『いいね』を送っていてもこちらに『いいね』をくれるどころか
 こちらの『自宅』に来る事すらしない人、(『自宅』への来訪者は『いいね』の有無にかかわらず登録される)
 それなら、こちらが『いいね』をあげた人が来てくれて自宅に『いいね』をくれる方がいいに決まっている。
 あまり多く相互『いいね』の関係を増やしまくるのも負担が増えるので5人ぐらいいればいいんじゃなかろうか?
 1日5人であっても塵も積もれば山となる。
 毎日続ければ200日で1000いいねに届くという訳だ。

 勿論、『いいね』をたくさんもらったからと言ってアイテムがもらえたり、攻撃力が増えたり
 ふくびきの当たり確率が上昇する訳ではない。
 正直、自己満足の域である。 

 ただ、フレンドを作りたいと思ったときの目安となるのは
 プロフィール欄を見た時の『いいね』『ありがとう』の多さだね。
 長くやっているとか、信頼できそうだという数値として示してくれる。
 いくら強くても『いいね』が少ないと「強さだけの人なんだな」ってイメージにもなる。

 出来るだけフレンド申請がもらえるようになりたいものだ。



最新の画像もっと見る

コメントを投稿