髭を剃るとT字カミソリに詰まる 「髭人ブログ」

「口の周りに毛が生える」という呪いを受けたオッサンがファミコンレビューやら小説やら好きな事をほざくしょ―――もないブログ

髭人のダイエット体験談 第1回(最終回)

2021-07-24 21:00:00 | ダイエット
ここから述べる話は
あくまで医学など知識が皆無の髭人がこのようにした事で1年ぐらいで7~8kg痩せたという話だけである。
ですので、真似をしたところで必ずしも痩せられるとは限りませんし、
体調を崩したなどと悪影響を及ぼす結果になる可能性も否定できません。
しかしそうなったとしても髭人は一切、関与いたしません。
というか、顔出ししない。本名を名乗りもしないような無責任な奴の無料のブログ内容を
鵜呑みするのはうちに限らず危険ですぜ。
飽くまで参考にするだけに留めてここに書かれた内容を読まれた方、ご自身が取捨選択をされるのが望ましいかと。

「ここに書かれている内容は何一つ、学ぶところない駄文じゃん」

という感想になったとしても髭人としては何も申しません。


さて注意を促したところで話していきましょうか。

『ダイエット』というと日本では痩せる事、全般を指す言葉ですが
本来はやせる食事と言った意味があるようですね。
うちのサイトはわかりやすく『痩せる事』全般を指すようにします。

『ダイエット』というと「キツイ」とか「ツライ」とかいうイメージがあるけども
体重目標を立てて運動したり食事を変えてみたりして
かなり無茶な体重目標にしなければ大抵、誰にでも達成は可能だろう。

問題なのはやせた後、その体重や体型を維持できるかという話である。
それで体重が戻ってしまってダイエット失敗というケース多いだろうね。

普通、人間なんだから目標を達成したら気持ちが緩むのは当然だわな。
キツイ事を続けてきてやっとのことでたどり着いたゴールテープ。
それを何とか着る事が出来て

「ゴールした!やったぜぇぇぇぇ!!」

喜びの瞬間である。
元々、「キツイ」「ツライ」を越えた結果なんだからご褒美を欲してしまうのは人情である。
それで

「ちょっとだけ…あんなに頑張ったんだから…」
「ほんと今回が最後。あれだけ頑張ったんだから」

と、あれこれつまみ続けてしまってリバウンド。
肉体ってのはそんな甘えを許してくれないほど無情である。

ダイエットの肝はやせた後の体重の維持である。
痩せる事自体は大抵の人が実現できる。

だが単純にダイエットを続けた内容をそのまま続行し続けるのはキツイわ。
年齢的な肉体の変化はあるだろうが基本的には死ぬまで続ける事になるからな。
それ考えたら誰だって投げ出したくなる。

今の科学技術では薬1粒飲んだらその直後に
理想の体型になるなんて『ドラ〇もん』に出てきそうな夢の薬は今の所、開発されてないからな。


じゃぁどうすればいいのかって話だけどまずは意識を変える事だろうね。
まずは…

・『ダイエット』と言う言葉を捨てる。

 ダイエットという言葉自体に重さを感じるんだよね。
 「痩せるんだ」とか「あの体型になるんだ」みたいな強すぎる願望をさ。


・それをやることを好きになる。

 趣味としてしまうのである。
 好きな事であればつづける事は苦ではない。


つまり、好きになれずひたすらつらいことをダイエットとして採用すべきではないって事ね。
そんなことは全てわかっているって?そんなのは既に通過点だって?

ってな訳で髭人がやせた方法を教えよう。

それは『ランニング』ですわ。

理由などの続きは別の機会に…

誰もが考え、実行したものの
多くの人が離れていったものを出来るだけ継続する方向を分かりやすく伝えたいですわ。


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「ちびまる子ちゃん ~『はり... | トップ | 髭人の痩せ体験談 第1回(... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ダイエット」カテゴリの最新記事