髭を剃るとT字カミソリに詰まる 「髭人ブログ」

「口の周りに毛が生える」という呪いを受けたオッサンがファミコンレビューやら小説やら好きな事をほざくしょ―――もないブログ

「ドンキーコング」 レビュー (ファミコン)

2018-03-30 21:00:57 | ファミコンレビュー

同名アーケードゲームの移植版(1981年7月9日稼働)
画面固定型サイドビューアクションゲーム
開発も発売も任天堂
1983年7月15日発売

あらすじ
元々『マリオ』のペットであった『ドンキーコング』であったが
『マリオ』が『レディ』に付き合ってから自分を相手にしてくれなくなったので
その相手である『レディ』をさらい工事中のビルに立てこもった。

『マリオ』は『ドンキーコング』の手から『レディ』を救い出せるのか?

特徴
ファミコン本体発売と同時に発売された作品のうちの1つ。
(他は、『ドンキーコングJR.』と『ポパイ』)


3ステージでの1ループ制。

1面と2面は『レディ』の元に『マリオ』が行く事

3面は鉄骨の一部分が黄色くなっている所がありそこを通過すると黄色が抜ける。
ステージ中のその黄色を全て抜くとステージクリア。

左右ボタン・・・移動
上下ボタン・・・梯子の昇降
Aボタン・・・ジャンプ

基本、攻撃手段を持たず、1面と3面にあるハンマーにジャンプして触れる事で
一定時間ハンマーを振り回しタルや火の粉を破壊できる。


点数は40点

良い点
・特になし


悪い点
・特になし




悪い点でボリューム不足と言いたいところだが時期を考えたら指摘するのは酷。
まぁ、ファミコン本体の発売の同時発売記念作品と考えるべきなんだろう。





wikiを見る限り色々と面白い逸話が見られるな。
まず、『レディ』は後に『ポリーン』という名前に変わったとか

「ドンキーコング」アーケード版の稼働時に『マリオ』の名前はなく
『ドンキーコングJR.』で名付けられたことによりそちらを採用したのだという。
決定前は「Jumpman」とか『救助マン』などと言われていたとか…

その『マリオ』のネーミングは米国任天堂が借りていた倉庫のオーナーが
『ドンキーコング』の主人公にそっくりだったことに由来。
名前は『マリオ・セガリ』



後は『ドンキーコング』をめぐって裁判なども起こされている。

調べてみると面白い。


あれ?「ドンキーコング」の逸話ばかりでソフトのレビューは?

うん…まぁ…

ちなみに髭人と本作との馴染みへ結構薄いんだよな。
ソフトを誰かがプレイする光景は見た事はあるものの
自分で実際にプレイするのは2017年9月10日までなかったりする(苦笑)

だから、感想も薄かったりする…
ファミコンゲーマーにあるまじき発言かもしれない(笑)



ここからがネタバレ






















3面をクリアすると『ドンキーコング』は地面に落下する。

しかし、
wikiで調べて『マリオ』…
元々のペットの『ドンキー』を落とすとか心が痛まないのだろうか?

いや、『マリオ』もタルとかの攻撃に当たると頭に輪っかが出るから死ぬんだろうな。
と、考えると飼い主とペットの殺るか殺られるかの生死を賭けた戦いだから…
そりゃマジにもなるか…

元々『ドンキーコング』が『マリオ』に構ってもらいたくて始まったのに…
嫉妬ってのは恐るべきものという所だろうか…

ただ、次作の『ドンキーコングJR.』では『マリオ』が『ドンキーコング』を捕らえて
その息子の『JR.』に…

壮絶な関係だわな。(笑)

ってカートで遊んでいたりするし和解したんだろう。
きっと…




ジャンル:
アクション
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「スクウェアのトム・ソーヤ... | トップ | お試し企画 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドンキー完全版 (しまりす)
2018-04-01 11:44:30
実際にプレーしたのは34年も経ってから、かぁ…
では、1994年にゲームボーイに移植された完全版というのはご存じですか?
ゲームボーイ版 (髭人)
2018-04-02 21:32:45
しまりす殿
コメントさんきゅーです。

ゲームボーイ版?
全然知りませんね~。
ゲームボーイ自体に私は疎いですからねぇ…
懐かしいですね~ (もぐ3)
2018-04-05 15:16:39
マリオが歩くと「とてんてんてん♪」って気が抜ける音が鳴ったり、タルを飛び越えると「ぴろり~ん♪」って鳴って爽快だったり。

これ、いつプレイしたんだろ。。
しかしマリオとコングの間に、そんな関係があったとは知りませんでした(笑)

もぐ3にとってはお宝の山♡なブログでして、これからもちょこちょこと読ませて頂きますm(_ _)m

もぐ3のレビューの後に、このブログを見て本当にもぐ3のレビューの内容があってるのか、確かめてみます..w
Unknown (髭人)
2018-04-08 09:02:55
もぐ3殿
コメントさんきゅーです。

調べてみると面白い事実が掘り起こされるものですね。

ちょこちょこ来てくださると幸いです。
うちのブログもゲーム内容と合ったレビューになっているのかちょっと自信ない(苦笑)

コメントを投稿

ファミコンレビュー」カテゴリの最新記事