へちま細太郎

大学生のへちま細太郎を主人公にしたお話。

そもそも人が多いのは…

2020-09-23 15:07:35 | へちま細太郎

こんにちは、へちま細太郎です。

連休中は、いつもの種屋さんでのバイト(まだやってたwww)にあけくれ、種屋さんでは、たまに藤川農園から苗や球根を仕入れて売ることもある。
一緒にバイトをしていた亮君は、卒業後公務員となって社会福祉科にいるが、たまに遊びにいてくれる。その亮君の運転で軽トラをかっとばして藤川農園に球根をとりにいった。
「来年用のチューリップの球根、10,000コねえ」
と、荒波がかついで網袋を持ってきてくれた。
「だいぶ人が入ってんじゃん」
亮君が人であふれた売店を見まわした。
「入場制限しても、園内広いからさあ、奥にいて出てこないお客さんが後から湧いてきて大変だよ」
と、ため息をついた。
奥には、藤川先生のお母さんの趣味のイングリッシュガーデンがあって、そっちはそっちで出入口があるんだけど、共通入場券を持っている人がのんびりやってくるんだと。
「どっかのロープウェイで、ご時世なのに人が多いって逆切れしたやつがいるっていうけど、いやあんたもだろって、言い返したくなっちゃうよねえ」
藤川農園の場合、共通入場券の販売をやめていたらしいが、GO TOの影響でお試しに販売してみたところ、この人ごみになったらしい。
「悠樹さんがブチ切れて、この週末からやらねえと発言して、やらないことに決まりました。子供向けの1日キャンプもやらんそうです」
すっかり主になった悠樹さんの意見は、絶対なんだそうで、今や北別府さんにとって代わる勢いなんだそうだ。
「まあ、見込みが甘かったって見直してよかったんじゃん」
といえば、
「違いますよ、自分のところからクラスターを出したくないんだそうで」
情けなさそうな表情で荒波がつぶやいた。
まあ、どこでもそうなんじゃないのか?と、俺はチューリップの塊を見下ろしながら、心の中でつぶやいた。
「でも、大かたの原因はあいつなんですけどねええ」
荒波は、4~5人の家族連れを引き連れたキチローを指さした。
「うん、わかるような気がする」
亮君、口に出さないでくれ。あいつが、なんで今でもここで働けているのが、俺はマジで疑問に思っているんだから。。。

コメント   この記事についてブログを書く
« ピーマン | トップ | ハロウィンとは… »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

へちま細太郎」カテゴリの最新記事