昼間管理職のつぶやき

【英さん。の写真俳句プラスアルファの世界☆☆☆もっと・・・俳句オリティー】

ネタは探さない。ネタはそこにある。

寒い日は「ひきずりうどん」などいかが

2016-01-31 07:22:30 | グルメ


本当は、タレをかき回してからなのだが、撮影のためうどんも入れる


これでフル装備


米沢市・内藤醸造の「うまいたれ」が最高




ルルは「サバ缶」と「カツ節」に反応するが、飛びつくことはない。
小さいころからそうだ。


《グルメ》
山形名物の一つ。
それは「ひきずりうどん」である。
「ひっぱりうどん」とも言う。
鍋から直接うどんを引きずり出す。
あるいは引っ張り出す。
そして、具の入ったタレで食べる。
「具」は、メインが「サバ缶」。
これが必須。
そして「ネギ」と「カツブシ」
あとはお好みで「納豆」「生卵」「トロロ昆布」などを入れる。
そして、醤油か甘めのたれを入れる。
「ガェロガェロ」と掻き回す・・・・・これがポイント。
そこにうどんを引きずり出す。
名前には、おいしさを「引きずる(引っ張る)」という意味もある。
冬の絶品料理だ。
栄養も満点。

【英さん。の予想はよそう】
今日の東西メインは、どちらも面白そうだ。
あえて京都の「シルクロードステークス」にする。
その昔、万馬券をいただいたレースだ。

①ダンスディレクター
③リトルゲルダ
⑩アクティブミノル
⑪アースソニック
⑯ビッグアーサー

いつものように、多分外れる3連複5頭ボックス10通り。
Good Luck !

東京の「根岸ステークス」では、最年長④マルカフリートに複勝の1票。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 携帯写真
コメント (8)

限定と番外そして特別と

2016-01-30 06:32:08 | グルメ












《グルメ》
人間が、弱い言葉。
「限定」「特別」「番外」
ほかにも、まだまだある。
何か、特別な気持ちにさせられる。
特に、酒はそうだ。
先日のイベントでの酒。
確かに「限定」の味がした。

女将さんの、特別の笑顔もナイスだった。

しかし、女将さんとの番外のタイムは・・・・・限定・・・・・?
次回は、この女将さんの特集でいこう。

撮影、そしてアップ快諾!
宣伝依頼。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 携帯写真
コメント (4)

平成を呼んだスーパーありがとう

2016-01-29 06:48:01 | 街角の風景








皆さんも、どこかで見ている看板ではなかろうか


青い顔がわかれば「英さん。シンドローム」


《街角の風景》
先日、閉店セールの記事を出した、山形県・長井市のスーパー。
ヨークベニマル。
昭和63年の創立。
ほぼ平成を駆け抜けた感じか。
地元にはかなり貢献した店舗であった。
こうして、雪景色の長井市を見ると、鮮やかな看板が美しい。

ラストは「顔」シリーズ。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 携帯写真
コメント (2)

カツ丼は流星群を読みながら

2016-01-28 06:45:44 | アウターゾーン










《アウターゾーン》
昨日紹介した山形県・小国町の、カツ丼のおいしい店。
国道113号沿いの「たかお」という店の続きだ。
定番の単行本が、たくさん置いてある。
英さん。は、行くたびに2冊くらい読む。

今は「黄昏流星群」にハマっている。
「ビッグコミックオリジナル」に連載中の、息の長いシリーズだ。
今は、481話だ。
オリジナルを、英さん。はずっと買い続けている。
その古い作品を読み返すイメージだ。

「黄昏流星群」・・・・・何となく憧れるシリーズだ。
自分に重なる部分もあったりする。
その前のシリーズ「人間交差点」も、なかなか良かった。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 携帯写真
コメント (2)

除雪車とカツ丼それは小国町

2016-01-27 06:54:26 | グルメ




カツ丼は「カツ」と「ご飯」のペース配分が難しい


看板がまだ見える




ポールの半分くらいでは、まだまだ足りない




《グルメ》
山形県の小国町。
新潟県との県境の町である。
山形県内でも有数の豪雪地帯。
町民は、雪で飯を食っていると言っても過言ではない(失礼)。
ここにきて、ようやくまとまった雪が降った。
小国町は、活気を取り戻した。

去年も紹介したが、小国町には、カツ丼のものすごくおいしい店がある。
国道113号沿いの「たかお」という店だ。
今年も、雪で看板が隠れてしまったが。
英さん。の高校の先輩がやっている店だ。
お暇なら、ぜひお訪ねいただきたい。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 携帯写真
コメント (4)

流行語今年は多分「琴バウアー」

2016-01-26 06:48:10 | スポーツ
この顔は最高!


しかし実は、この顔が最高なのだ(豊ノ島)












最近の化粧まわしも楽しくなった




《スポーツ》
大相撲初場所も終わった。
(多分)誰も予想しなかった(失礼)琴奨菊の優勝。
何となく嬉しい。
素直に、勝手に喜ばしてもらおう。

それにしても、あのルーティンは素晴らしい。
制限時間の時の、塩場での反り。
「琴バウアー」と言うそうだ。
去年は五郎丸。
今年は琴奨菊か。

奥様も、なかなかの美人だ。
着物が似合う。
耳も大きい。
まさに「福耳」だ。
「上げマン」とは、彼女のことだろう。

「琴バウアー」
横綱まで駆け上がれば、流行語大賞間違いなし。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 携帯写真
コメント (4)

歯医者には親知らずの時行っただけ

2016-01-25 12:30:35 | 街角の風景


米沢市・中心部


「米沢南陽道路」








先日の宴会


同上


虫歯?


《街角の風景》
先日行った胃カメラは、実は山形県の米沢市。
米沢市は、山形県内でも有数の豪雪地帯なのである。
しかし!
今年は何故か雪が少ない。
山形県内で、最も少ない積雪量だ。
多くの米沢人は、生まれて初めてだと言う。

ところで、突然虫歯の話。
毎朝やっている仙台のタウン情報紙のアンケート。
「虫歯になったことがない」だった。
英さん。は、なったことがない。
貴重な4%。
歯医者は、親知らずを抜いた時行ったきりである。
その時、先生に言われた。
「あんたみたいな人がいると歯医者が潰れる」
皆さんはどうであろうか。

胃カメラは、皆さんにご心配を頂きました。
特に異常はありませんでした。
あとは、ピロリ菌除去の確認だけです。
ありがとうございました。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 携帯写真
コメント (2)

僕の前に道はない 僕の前に道を作る

2016-01-24 07:24:32 | 街角の風景
まずは、スノーダンプを押し込む


雪ハネで切り込みを入れる


ちょっと、前に傾けて切り出す


ゆっくり後退する


こうして、道が出来る






コンポストを掘り出す


積雪は、50センチ程度か


《街角の風景》
高村光太郎氏(道程)からの引用。

埋まったコンポストを救出に向かう。
この三日間で道は消えた。
まずは、スノーダンプで道を作る。
しかし、やたら雪の塊に挑むわけではない。
疲れないで、効率的にやる方法がある。
英さん。は、「豆腐の切り出し方式」と名付けている。
僕の前に道はない
僕の前に道を作る
高村光太郎・・・・・
いや、走れコータロー・・・・・

【英さん。の予想はよそう】
そういうわけで走れコータロー?
今週は中山メインの「アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)」だ。
中山2200というのは微妙なコース。
案外面白そうだ。

①マイネルフロスト
③デイサイファ
⑥サトノラーゼン
⑦ショウナンバッハ
⑭スズカデヴィアス

英さん。イチオシは人気薄の⑭スズカデヴィアス。
最近、長いところしか走っていない。
しかし、2200なら掲示板はある・・・・・かも。
今週も、多分外れる3連複5頭ボックス10通り。
Good Luck !

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 携帯写真
コメント (8)

犬は喜び庭駆け回り猫は炬燵で丸くなる

2016-01-23 09:02:51 | 都々逸
コンポストが埋まっている


朝日が眩しい




ヤラセのきかない芸術


無理矢理「顔」シリーズ


《街角の風景》
トップは英さん。がよく行く友人の庭の風景。
ちょっと山寄りにある。
人懐こい犬がいる。
英さん。が行くと、走って来てじゃれつく。
スーツのズボンが泥だらけになるほどだ。
しかし、全く吠えない。
ところが、変な人には、猛烈に吠えるそうだ。
不思議なものだ。
動物は、動物が好きな人かどうか(心を許せる人かどうか)が瞬時に分かるのだと言う。

あとは、今朝の英さん。家の周辺の風景。

ところで今日のタイトル。
「犬は喜び庭駆け回り猫は炬燵で丸くなる」・・・文部省唱歌
見事な都都逸(どどいつ)になっている。
さらに、先日の東京の大雪のログ。
「東京殺すにゃ 刃物はいらぬ 雪の5センチ あればよい」・・・英さん。作?
これも都都逸だった。

都都逸は、「7・7・7・5」のリズム。
以前にも出したかもしれないが、多くの名曲の歌詞は都都逸だ。
「粋な黒塀 身越しの松に あだな姿の 洗い髪」・・・お富さん
「勝った負けたと 騒ぐじゃないぜ 後の態度が 大事だよ」・・・どうどうどっこ
「思い込んだら 試練の道を 行くが男の ど根性」・・・巨人の星
まだまだあるが、いずれも見事な「7・7・7・5」になっている。

そして、このリズムには、さらに重要なポイントがある。
単に「7・7・7・5」ではなく、さらに細かいリズムが必要なのだ。
それは「7(3・4)・7(4・3)・7(3・4)・5」というリズムである。
つまり「3・4・4・3・3・4・5」になっているのがベスト。
だからこそ、ハートに響くリズムになっているのだ。
そういう観点で、もう一度、ゆっくり読んでいただきたい。
都都逸は、かなり高尚な言葉遊びだと、英さん。は思う。

「信州信濃の 新そばよりも 私ゃあんたの そばがいい」
これも見事なリズムだ。

今日は、ちょっとくどいウンチクになってしまったが御容赦。
元気な犬を見ての連想。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 携帯写真
コメント (4)

大寒を過ぎれば春はすぐそこだ

2016-01-22 07:10:06 | 街角の風景












《街角の風景》
昨日は大寒。
一年で最も寒い日とされる。
確かに寒かった。
3日連続の早朝からの除雪。
ようやく調子が出てきた。
大寒が来れば、春は目の前だ。
しばらく、雪国らしい画像にお付き合いいただこう。
雪国の顔シリーズ?

ところで、今日は何故か胃カメラの日だ。
ちょっと離れた行き付けのドクターに行く。
美しい雪景色が見られそうだ。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
にほんブログ村 携帯写真
コメント (6)