昼間管理職のつぶやき

【英さん。の写真俳句プラスアルファの世界☆☆☆もっと・・・俳句オリティー】

ネタは探さない。ネタはそこにある。

銀行も風の当たりが強くなり

2009-02-28 07:30:03 | 気になる看板
〈気になる看板〉
春一番というか猛吹雪というか。
堅牢そうな看板の一部が飛んでいる。
おそらくすぐに直すであろうから、貴重な画像かもしれない。
実名を出してしまったが、ここは、あのバブルに踊らなかった堅実な銀行の一つである(らしい)。
とまれ、大きな事故にならなかったようでホッとした。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政宗の影寒々と青葉城

2009-02-27 06:46:41 | ケータイ写真俳句
〈毎日新聞ケータイ写真俳句・写真賞〉
毎日新聞の読者サイト「まいまいクラブ」にある「ケータイ写真俳句」の年間大賞が発表になった。
https://my-mai.mainichi.co.jp/
前にこのアルバムにもアップしたが、この作品が年間の「写真賞」に選ばれた。
賞金がもらえるわけではないが、新聞社のプロが選んでくれただけに、名誉なことである。
冬場は行かないが、青葉城から八木山へのコースは私の夜の散歩コースの一つである。
去年、石垣がライトアップしてあった時に、ライトの前に立って自分の影を撮ったものである。
見晴らしも良く、アップダウンもあり、メタボ改善にオススメのウォーキングコースだ。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横丁に真心通うカウンター

2009-02-26 07:16:16 | グルメ
〈グルメシリーズ〉
仙台の、昔の香り漂う横丁をさまよってみた。
横丁の雰囲気を楽しんでいただけなのだが、たまたま外に出て来た一つの店のマスターと目が合ってしまった。
これも何かの縁と、意を決して入ってみた。
客層はかなり若かった。
オッサンには場違いかと思った。
しかし、そんなオッサンをいじけさせない素敵なムードが、そこにはあった。
おいしい料理と、真野響子に似た美人ママ、やくみつるをもうちょっとカッコよくした大将。
そして気さくな常連さん達。
みんな気さくに話し掛けてくれた。
最高のムードだった。
初めての客もすぐに受け入れてくれる真心が、そこにはあった。
そしてこれは、お徳用の「晩酌セット」で、ビールかお酒が付いて1280円。
真ん中の、公民館にありそうな茶碗がいい。
これに、その日自慢のお通しが入っている。
おいしかった。
仙台市の「壱弐参(いろは)横丁」にある「二代目」という小さな居酒屋だ。
酒は宮城と山形に徹底してこだわっている。
ミシュランに載っているかは知らないが、私は★五つである。
また行くよ!
写真は撮影快諾、宣伝依頼。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
-->
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平社員でいられるだけでいい時代

2009-02-25 06:44:23 | 万能川柳
〈町の広報誌・川柳コーナー入選作〉
今回のお題は「平」だった。
なかなか間口が広くて、案外難しい。
ベタな川柳も、トレーニングのために投稿している。
中八や下六はめったに採ってくれない。
字余りは上句に限る。
有効求人倍率が軒並み1を切る時代になった。
前にも書いたが、某国の総理のハローワークでの発言がまだ気にかかる。
今は、じっと我慢の時代だ。
写真は広瀬川に架かる橋、ちょっと暗い雨の朝。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胸広げ命吸い込む冬の朝

2009-02-24 06:27:29 | ケータイ写真俳句
〈毎日新聞ケータイ写真俳句・先週の入選作〉
立春も近い朝のベランダに、金の朝焼けが見えました。
美しい朝焼けや夕焼けは大きく写真に撮りたくなるが、これは敢えて枠を狭くしてベランダの物干し竿のフックを強調してみました。
以下、選者・大高翔さんの評です。

「胸広げ」に、一日の始まりに心静かに向き合う作者が見えてきました。
「命吸い込む」からは、厳かな感じを受けます。
「冬の朝」の静謐な清らかさが伝わってきました。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新旧の交替見えて春GⅠ

2009-02-23 06:24:20 | 雑詠
〈春の椿事〉
【英さん。の予想はよそう】
前々回的中のあと、前回はかすりもしなかったが、今回またまた的中!
⑮サクセスブロッケン⑭カジノドライヴ②カネヒキリと来た。
写真の3頭である。
カジノでサクセスしてカネが入るという語呂合わせか。
ニャンニャンニャンで2番が3着も暗示していたか。
このレースには珍しく4歳馬のワンツーだった。
有力7歳ではカネヒキリの3着のみ。
新旧の交替の足音だ。
去年は的中1回だけだったが、今年はもう2回目だ。
これは春の椿事!
英さん。に乗っかり1000円遊んだ人は5730円を手にしたことだろう。
☆Congratulations!☆
写真はJRAホームページより。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫の日を知るや知らずや猫は寝る

2009-02-22 07:20:41 | ケータイ写真俳句
〈ケータイ写真俳句〉
2月22日は猫の日だそうな。
ニャンニャンニャンか、なーるほど。
この子にとっては毎日が猫の日である。

【英さん。の予想はよそう】
今日の東京のメインはGⅠフェブラリーステークス。
マイルのダート王決定戦だ。
有力馬はほとんど七歳、魅力馬はほとんど四歳という微妙なレース。
例によって予想紙は全く見ない予想につき、信じない方がいい。
先週は予想通り見事に外れた(笑)

②カネヒキリ
③サンライズバッカス
⑧キクノサリーレ
⑭カジノドライヴ
⑮サクセスブロッケン

以上、懲りもせず3連複5頭ボックス10通り。

Good Luck !

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立春も雨水も過ぎて戻り寒

2009-02-21 07:20:17 | 街角の風景
〈街角の風景〉
♪雪はお昼過ぎ~に~♪雨へと変わる~だろ~
どこかで聞いたような歌詞だが、昨日の仙台はそんな感じだった。
雨が雪に変わるのはロマンチックだが、その逆はどうもイマイチだ。
仙台の公式記録は9センチの積雪(写真は定禅寺通)。
山形県出身者にとっては何てことはない。
仙台もソコソコだった。
しかし、大都市部で9センチも降れば大変なことになるだろう。
「東京殺すにゃ 刃物はいらぬ 雪の5センチ あればよい」

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

愛媛産真鯛日本一の味

2009-02-20 06:28:38 | グルメ
〈冬のグルメシリーズ〉
再三の半額狙いの話。
1月31日にアップしたエキチカの寿司屋。
今日は珍しい愛媛産のシールの真鯛があった。
8時に行ったらまだ1枚も値引シールを貼っていなかった。
かなり強気だ。
他の商品の残量と比較し、8時半と読み、25分に再チャレンジした。
ピタリだった。
5カンで580円が300円で、まずは準半額でよしとしよう。
愛媛産は日本一だよ、と店員が言っていた。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

名残り惜し雨水の朝の白き肌

2009-02-19 06:26:47 | ケータイ写真俳句
〈街角の風景〉
昨日は二十四節気の一つ「雨水(うすい)」だった。
歳時記によれば、冬の氷水が陽気に溶け天に昇り、雨水になって下るの意味である。
俳句の季語に使いたいが、案外難しい。
どうしても冬、春の季語と三本立てになってしまう。
今年は立春のあと、文字通り一気に春が来たようだったが、また一気に真冬に逆戻りだ。
写真は毎日突っ切って歩いている公園の朝の風景。
約1センチの積雪。
少な過ぎるとかえって寒さを感じる。

ご賛同が得られたら、下のバナアを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 携帯写真へ
にほんブログ村 ポエムブログ 写真俳句へ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加