お寺さんぽ Ver.03

現在は更新をお休みしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お寺バンザイ! (たまに行くならこんな寺・京都編)

2009年01月22日 | お寺
のんびり気軽にさんぽがてら。
本日は特別企画です。

 『 お寺バンザイ! (たまに行くならこんな寺) 』  

              (川野太郎・若村麻由美)

…はい。
過去にやっていたものの、バージョンアップです。
文字数オーバーしたので、京都、それ以外の地域と分割しました。
まずは京都編ですね。

連休などの旅行先として、こちらの寺院を訪ねてみてはいかがでしょう?
(※単に並べただけでは不親切なので、コメントつけました)



※金閣寺

■ 京都 北区のお寺 ■

金閣寺 (京都) 外人もビックリな黄金寺。
大仙院 (京都) 大徳寺北派の本庵。由緒ある名刹。
龍源院 (京都) 大徳寺南派の本庵。日本最小の石庭「東滴壷」があります。
光悦寺 (京都) 「本阿弥光悦」の寺。
正伝寺 (京都) 伏見城の床が天井という「血天井」のお寺2。
常照寺 (京都) 名姑「吉野太夫」ゆかりのお寺。
天下の名姑「吉野太夫」(京都・常照寺)
等持院の表門(京都) 歴代将軍がズラリ。
将軍 足利義輝 等持院(京都)
等持院 (京都)
閉眠庭 瑞峯院(京都) キリシタン大名「大友宗麟」の縁起を含めた寺。

■ 京都 右京区のお寺 ■

広隆寺 (京都) 弥勒菩薩でお馴染み「霊宝殿」があります。
仁和寺 (京都) 別名「御室御所」という世界遺産なお寺。
二尊院 (京都) 釈迦・阿弥陀の二尊を祀る。
天龍寺 (京都) 世界文化遺産。法堂の雲龍図があります。
無料・公衆電話 (天龍寺)
西明寺 (京都) 三尾の名刹の一つ。
檀林寺 (京都) 皇后「橘嘉智子」さま創立。
高山寺 (京都) 仏道実践の霊域。「鳥獣人物戯画」四巻を所持。
愛宕念仏寺 (京都) 常に念仏を唱え続けた「念仏上人」千観さんのお寺。
千二百羅漢像 (京都・愛宕念仏寺)
法金剛院 (京都) 別名「蓮の寺」
妙心寺・退蔵院 (京都) 画聖「狩野元信」の庭園が見事。
水琴窟 (妙心寺退蔵院、正法寺) 宇宙へ発するシンフォニー。
常寂光寺 (京都・右京区) 京都屈指の紅葉の名所。


■ 京都 西京区のお寺 ■

十輪寺 (京都) 伊勢物語の主人公とされる「在原業平」ゆかりの寺。
大雄院 (京都・妙心寺派) 別名「蚕の寺」
地蔵院(京都)  別名「竹の寺」
善峯寺(京都) JRのコマーシャルにも登場。
善峯寺 その2 (京都)
淨住寺 (京都) 日本三禅宗のひとつ「黄檗宗」の寺。
願徳寺 (京都) 「国宝 如意輪観世音菩薩半跏像(菩薩半跏像)」が素敵。
勝持寺 (京都) 別名「花の寺」

■ 京都 東山区のお寺 ■

養源院 (京都) 伏見城の床が天井という「血天井」のお寺。
大雲院 (京都) 山鉾を模した「祇園閣」が目印。
知恩院 (京都) 浄土宗総本山。
智積院 (京都) 真言宗智山派総本山。
天得院 (京都) 「方広寺」の鐘名を撰文した「文英清韓」長老のお寺。
霊雲院 (京都) 立派な「湘雪和尚」のお寺。
東福寺 (京都) 約十五メートルの釈迦如来像があったらしい。
高台寺 (京都) 秀吉の正妻「ねねさん」ゆかりの寺。
ねねさん 高台寺(京都)
三十三間堂 (京都) 本当は「蓮華王院」、柱間が三十三であるから「三十三間堂」
日本唯一の千体観音堂 (京都・三十三間堂)
六道珍皇寺 (京都) 冥土への入り口があります。
六波羅蜜寺 (京都) おどる「空也上人」ゆかりの寺。
十一面観世音菩薩像 (京都・六波羅蜜寺)
空也上人立像 (京都・六波羅蜜寺)
泉涌寺 (京都) 真言宗泉涌寺派の総本山。ウリは下の仏像ね。
楊貴妃観音 (京都・泉涌寺)  世界三大美女の一人「楊貴妃」を模した観音像で有名。
 

※銀閣寺

■ 京都 左京区のお寺 ■

銀閣寺 (京都) 銀じゃねぇ、でおなじみ。
浄土院 (京都) 通称「大文字寺」
野仏庵 (京都) マニア「上田堪庵」さんの創立。
圓光寺 (京都・瑞巌山) 東照宮とか水琴窟とかある。
聖護院門跡 (京都) 本山修験宗総本山。
曼殊院門跡 (京都) JRのコマーシャルにも登場。
赤山禅院(京都) 泰山府君を勧請したお寺。
金戒光明寺 (京都) 浄土宗の大本山。会津藩と新撰組の屯所が置かれていた。
真正極楽寺 真如堂 (京都) 「藤原詮子」さんゆかりの寺。
うなずき阿弥陀  (真正極楽寺 京都)
詩仙堂・丈山寺 (京都) 「石川丈山」の隠居庵。
狸谷山不動院(京都) <前編> 大小の狸が不気味なほどに。
狸谷山不動院(京都) <後編>
宝泉院 (京都・大原) 「五葉の松」が見事。血天井シリーズ。



■ 京都 中京区のお寺 ■

壬生寺 (京都) 新撰組・ゆかりの寺。壬生狂言もあります。
誓願寺 (京都) 新京極の真っ只中にあるお寺。
革堂[行願寺] (京都) 革聖・行円さまのお寺。
緊急企画 本能寺 (京都) 織田信長最後の地。ヒが去るよう考えられてます。
本能寺跡地 (京都)

■ 京都 伏見区のお寺 ■

嘉祥寺 (京都) 別名「深草聖天」

■ 京都 山科区のお寺 ■

華頂山 元慶寺 (京都・山科) 三十六歌仙の一人、僧正「遍昭」のお寺。

■ 京都 上京区のお寺 ■

広徳山慈受院門跡・薄雲御所 (京都) 皇室ゆかりのお宝が数多く現存。

■ 京都 下京区のお寺 ■

因幡薬師・平等寺 (京都) 日本三如来の一つ。

■ 京都 その他のお寺 ■

黄檗山萬福寺 (京都・宇治) 黄檗宗(おうばくしゅう)の大本山。




※ちなみに…タイトルの元ネタは、懐かしの「料理バンザイ!」な1コーナーでした。
 司会は皆の憧れ「滝田栄」さん。




 ★宜しければ応援クリックお願いします。  ⇒ 【人気blogランキング】


歩く地図帳 京都さんぽ’09 (Jガイドマガジン)

山と渓谷社

このアイテムの詳細を見る


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 梵天 (仏像・天部) | トップ | イカス戦国グッズの店「もの... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
始めまして。 (yousai)
2009-01-22 06:41:09
お寺のよさが分かるにはあるていどの年齢が
必要ですよね。
自分のブログで紹介しながら再認識する
今日この頃です。
そうですよねー (あおぶひでる)
2009-01-23 01:10:06
yousaiさん、コメントありがとうございます。

「拝観は二十歳を過ぎてから」

これに限ると思います。
特に修学旅行とかはやめた方がいいなぁ…収入になるのかもしれませんが。

コメントを投稿

お寺」カテゴリの最新記事