お寺さんぽ Ver.03

現在は更新をお休みしています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

正伝寺 (京都)

2006年05月12日 | お寺
のんびり気軽にさんぽがてら。
本日は洛北西賀茂の「正伝寺」です。

どーでもいいことですが、ひでるさんここへ来たとき、犬に出迎えられました。実はしっかりその写真もあるんですけど…まぁ、普通に名物の庭園としました。
動物さんぽ、ではないですから。

ちなみに、こないだは近づいてきた猫に、持っていたカバンの上へ乗っかられたりしましたよ。(本当)
寺へ行くとなぜだか動物に絡まれる(?)、ムツゴロウひでるです。
好かれている、というより、玩ばれているようですけど…。
(※実家の犬には”いいおもちゃ”に見えているようです。袖とかぐいぐい引っ張られますよ)



 末の世のすへの末まで我国は
                    よろずの国にすぐれたる国



文永七、八年。
元寇の国難に際し、「東巌慧安禅師(※)」は自ら八幡大菩薩に至心をこめた祈願文を捧げました。
その時の願文の末尾に書かれたのが↑上の和歌でした。

これは重文「蒙古降伏祈願文」として、京都国立博物館に寄託出品されているそうです。
このお寺では見れないので注意。

この「正伝寺」、正しくは「正伝護国禅寺」といいます。
さきほど登場しました「東巌慧安禅師」が創立、弘安五年には「森経久」が荘園を寄付、諸堂伽藍を造営。
また、「爾来皇室家」の信仰厚く、五穀豊穣国家安泰を祈願する道場とされ、今日まで続いているようです。

ほぼそのまま説明文を拝借しましたが、漢文のようですね。それ↑ああ、ややこしい。
まぁ、お寺によくある毎度のパターンで、有力者・権力者の庇護を受けていたということなのでしょう。

以前紹介しました「養源院」の時に、関ヶ原合戦で西軍の攻撃を受け落城した伏見城の廊下を使った…と書きましたが、なんとここにも使われていました。

ついた名がやっぱり ”血天井

うぉ、すごい!でた!
ちなみにパンフレットによれば、ここは付着しているシミについて、ちゃんと科学的調査をしたそうです。
誰か「んなの信じらんねーよ」とか言ったんでしょうか?

ともかく、その結果として「三百六十八年以前の人間の血液である」と証明されたそうです。
うわわ、間違いなくホンマもんですよ、これは。

徳川に殉じて戦死した志みたいなのは分かりますが、なんでまたそんな気味悪いもんをあちこちで使うんでしょうか?
おっかなー。

ひでるさん、このお寺には住めないですよー。(←いや、一生住むことはないですが)


とまぁ、そんな感じのお寺です。
ひでるさんが行ったのが夕方近くだったためか人も少なく、実に静かで落ち着いた、雰囲気あるいいお寺でした。

今回写真の庭園は「獅子の児渡し」というそうです。白砂敷きで、つつじの刈り込みにより七五三調を表現した枯山水で、はるかに比叡の霊峰を取り入れた借景式の庭園とかなんとか。
うわぁ。わけわからん。
七五三調ってちとせ飴ですかね? (ちがう)

やっぱり庭は難しいです。
心の静けさ…みたいなのを味わえることは間違いないんですが。


(※)東巌慧安禅師(とうがんゑあんぜんし)
  鎌倉時代の人。しっかし、ややこしい名前ですね。


[住所] 正伝寺 京都市北区西賀茂北鎮守庵町72

 ★ランキング参加しております。応援お願いします★
⇒ 人気blogランキングへ
⇒ ブログランキング (マイプロフ


仏像が気になりだしたら… 自宅で選べる美術品 掛軸、絵画、美術工芸品のトップアート
ちょっと旅へ出たいと思ったら… 旅の総合サイト『BON VOYAGE!』
コメント (5)   この記事についてブログを書く
« 平安時代の天才「弘法大師・... | トップ | お寺と亀 (川崎大師・平間寺) »
最新の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kiyojun)
2006-05-12 12:43:02
へー、養源院の他にも血天井ってあったんですね~。

凄いですね~、びっくり!!!
そうなんですよ! (ひでる)
2006-05-13 00:27:11
実はまだこれら以外にも血天井はあるようです。



それこそ、夜中になると無念にも討死した武者の……

とか「あなたの知らない世界」になりそうですよ。

こわいですよ。

新倉イワオですよ。

はじめまして! (修公)
2006-05-13 23:23:36
はじめまして。毎日興味深く拝見させていただいています。自分も、歴史が好きで血天井の話は知っていますよ!



これからも、楽しみにしています。がんばってください!



話は変わりますが、よろしければ相互リンクしてはいただけないでしょうか?歴史好きを探す活動をしています。よろしくお願いします。突然のお願いで済みませんが、よろしくお願いします。http://plaza.rakuten.co.jp/46nohirune/
はじめまして (AMBI)
2008-12-03 22:50:36
blogを書いていて
地元正伝寺の事を調べていましたらここに出会いました。
よろしければ
トラックバックさせていただいてもよろしでしょうか?

リンクのない私ですのでまずはコメントさせてもらいました。

あんび
いいですよー (あおぶひでる)
2008-12-04 01:16:01
あんびさん、コメントありがとうございます。
地元なんですね、羨ましー(…と、同時に夜は怖そうですね。幽霊スポットと見て、納得(笑))

トラックバックは全然問題ありません。

コメントを投稿

お寺」カテゴリの最新記事