ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

栗おこわとカツオの藁焼き

2013-08-31 22:32:00 | ひでんかの「日々の徒然」

今日は朝からお仕事でした。
半日の予定が、なぜだか終わったのは午後7時半。
栗とカツオを頂いたので、夕飯に栗ご飯をしようと思っていたのに、これから帰ってご飯の仕度?(本音を言わせていただけば「めんどくさい」
「栗ご飯明日でいいですか?」と、でんかにメールをすると
「作り方を教えてくれれば、自分で作る」と。
乗り換え駅で電話してレシピを伝授。
果たしてどんなモノが出来上がっているかと、ドキドキしながら家に帰ると
13083100
ちょっと薄味でしたが、立派な「栗おこわ」が炊きあがっていました。
「ご飯は炊飯器がメニュー通りに炊いただけ」とも言いますが、そのあたりはツっこまずに。
解凍しておいてくれたカツオを切って美味しく頂きました。
本場から送られた「藁焼き」のカツオ。
火の通り具合が絶妙で、身の部分は濃い琥珀のようで、味は文句なし!
(Tちゃん、ごちそうさまでした)

栗はお茶屋のS君の産。
まだまだ暑い8月末に、美味しい秋の味覚を頂戴しました。

コメント

意地悪なヨメ

2013-08-30 20:21:00 | ひでんかの「日々の徒然」

今日はでんかの母上さまの病院のお付き添い。
2ケ月ぶりの先生は、母上さまの顔を見るなり
「調子、良さそうですね」
「そうですか?」
と、軽く笑いながら答える母上さま。
「そうでしょ?」と、先生が突然私にふるので、思わず
「昨年の今ごろと比べたら天と地ほどの違いです!」
と言うと、
「そうでしょう!よかったよかった」

母上さまが
「そんなに変わったかしら」
と仰いましたので
「ハイ、とても」
「全然、覚えていない」
と仰るのに
「いいです。辛かったことは全部忘れちゃった方が」
と答えたものの、この1年の顛末を事細かにお教えしたいという「意地悪なヨメ」が、ちょっこっと顔を覗かせたりして...。
(なにかのきっかけで、出てきちゃうかも

コメント

血管大捜索

2013-08-29 20:14:00 | ひでんかの「日々の徒然」

打ち合わせが午後からでしたので、午前中、献血に寄りました。
いつもの通り、検査用の採血血管がなかなか見つからない様子。
看護師さんが3人がかりで、なんとか手首から採ってもらうことができました。

毎回お手間をおかけして、だんだん心苦しくなって来ました。
歳を取って、血管も老朽化してきたのでしょうか。
そろそろ献血引退?

コメント

ひでんか、最大の敵(!?!)

2013-08-28 20:44:54 | ひでんかの「日々の徒然」

人類以外の生物に対して、それぞれの生を大切にしている私ですが、どうしても、その存在自体を許せない(!?)生き物がいます。

一応「生息区域の棲み分けがなされている猛獣」も、
身近なところでの、
 ヘビ、クモ、ゲジゲシ、ケムシ
の類いも、接触が無く、見ているだけでしたら大丈夫。
同じ生活圏内のゴキブリも許せます。
ただ、どうしても許せないのが

   

この種族ばかりは、どうしても許せません!
子供の頃、毎年、蚊に刺されると、痕が化膿して、酷いときには、夏の終わりから秋にかけては、手足が包帯グルグルの「ミイラ状態」でした。
それが、トラウマとなっているのか、いまだに蚊は私にとって「最大の敵」です!

日頃から室内に入れないように細心の注意をしていて、今年は、まだ室内で一度もお目にかかったことがありません。
それが、今日の夕方、パソコンをしながら耳元で
「プィーーーーーーーーン」
という羽音が。
幻聴ではなく、視界の隅にその姿を見つけてしまったら...もうダメです!!
本日の最大ミッションは

 蚊の退治

てっとり早い方法は、我が身を犠牲にして(?)の
「オトリ作戦」です。
全ての活動を停めて、蚊が止まるのを待ちます。
何度か失敗するも仕留めることが出来ました。

見れば、ショウジョウバエにも満たない小さな蚊。
「これは、被害を受ける前に仕留めた?」
と思っていたら、手足の数カ所に痒みがあります。
よくよく確認したら、右上腕部に
大小7ヶ所右足に2ヶ所
の刺された痕がありました。
(いつのまに!?!)

叩いた後(手に)に微量の血の痕もありません。
と、いうことは、

    ただ刺しただけ?!?

自らの種の保存のため、繁殖のために人を刺すのだというのでしたら、情状酌量の余地はあれど(ホントはありませんが)「ただ刺しただけ」だというのなら話は違います!!

こういうことは絶対にヤメテください!!!

と、声を大にしても、誰が聞いてくれるの...???
蚊だけは、絶対に許せません!!!

コメント

ナゾの缶詰(?) from CANADA

2013-08-27 16:39:37 | ひでんかの「日々の徒然」

カナダからやってくる甥っ子・姪っ子ちゃん達がおみやげに持ってきてくれる「缶詰」

前に頂いた時に、面白かった美味しかったので、
「おみやげは、変わった缶詰がいいです」
とリクエストしたところ、その都度、持ってきてくれるようになりました。

「変わった」といっても、原材料はお魚が多く、その味付けがイロイロあるということで、決して「ナゾの食材」ということではありません。

今日、開けてみたのは
13082700
何かのお魚のオイルサーディン。
薄味で美味しかったですが、何の魚かわかりません。
アジでもニシンでも無さそう...。
でんかにパッケージを見てもらったのですが、解読不能(?)
「何か、白身の魚」

先日、カナダの姉上様からお電話頂いた時に
「変わった缶詰を見つけるのが、買いものに行った時の楽しみになりました」
とのことでしたので、ワクワク・ドキドキ。

楽しみ半分、何が来るのか「恐る恐る」(?)半分です。

コメント