ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

ひでんかはモンスターペーシェント(?!)

2012-08-31 23:30:00 | ひでんかの「日々の徒然」

今日はでんかの母上様の予約診療のお付き添い。
(そういえば、最近「介護日記」になりつつあるような...)

今日の予約は「神経内科」
予約時間よりも早めに病院に到着し、待合室に母上様を案内し、受診手続きに行って帰ってくると
「気分が悪い、吐きそう」
という母上様。
慌てて、看護師さんに来て貰い、開いている診察室のベッドに横にならせて頂きました。
予約した科の看護師さんが
「早めにしましょうね」
と仰って頂いたものの、待っている間
「入院したい、家には帰りたくない」
と言い続けている母上様。
診察に来た(ナント「診察室往診」デス!)
神経内科の先生には
「入院適応は無いから」
と診断され、回された心療内科でも同様の対応。
さらに、ちょうど主治医の先生の診察日でもあったので内科へ回されました。
お盆以降、ほぼ1日おきに受診している母上様。
その都度検査をすれども、どこも「異常なし」
(でも、目の前の患者=母上様は、見るからに具合が悪い・・・)
仕方無く(?)
「じゃあ、点滴しましょうか?」
(ありがとうございます!!)
「では、準備が出来ましたらお呼びしますので処置室の前でお待ちください」

診察室を出てからも
「家に帰るのは心配、帰りたくない」
と言い続ける母上様。
こうなれば、なんとしても「入院」の2文字を獲得しなければいけません?!

ここからはなりふり構わず.....
(「今日、入院させて頂けないのでしたら、待合室で明日まで(母上様の望みの綱(?)の理事長先生の診察があります)待ちます!」とか
「このまま家に帰ったら、すぐに救急車を呼びます!!!」
と。

「医療費増大、医療過誤、救急車をタクシー代わりに使う」etc
の新聞記事が浮かんでは来ても、目の前の病人を助けてもらえるのならば、どんな手を使ってでも...(!?!)
結果、ケースワーカーさんにも御願いして、なんとか入院させて頂くことが出来ました。

ちなみに、
「念のため」と行った今月ウン回目の血液検査&尿検査からも
「全く異常は無いね」
とのこと。
そのうえで「この患者さんは入院になります」と言われた看護師さん、
「先生、病名は?」
と聞くと
「無し」
という答えに、カルテを持ったまま固まってしまいました。
(「じゃあ、不安神経症って書いておいて」と先生)

母上様は真新しい病室に案内され、私は家に着替えなどを取りに行き、なんとか落ち着いたのは面会時間ギリギリでした。

「ヨカッタですね、入院できて」
と言っても、満足してはいないような母上様。
(まさか「入院したくなかった」とか言わないですよね...)

入院したからには、いくつかの検査もすることになり、明日は「胃カメラ」だそうです。
「せっかく入院したのですから、ちょっとでも具合が悪いところは全部治して貰いましょうね」
と、病院を後にしました。

長い1日。


(ふぅぅ
今後、この病院には絶対に患者としては来ることは出来ません...)

コメント

ケアマネージャーの威力(?!?)

2012-08-30 15:09:41 | ひでんかの「日々の徒然」

でんかのご実家に、ケアマネージャーさんが家庭訪問に来てくれることになりました。
ケアマネさんは「お母様お一人でも大丈夫ですよ」と仰ってくださったのですが、
「心細いから来て」との仰せで、立ち会うことにしました。

朝、ご実家に訪ねていくと、朝もちゃんと起きて朝ご飯を食べ、お薬も飲んだそうです。
(このところ、ベッドから起き上がれないことの方が多かったのに)
着替えも済ませて、ダイニングテーブルでテレビなんぞ見ていらっしゃる。
そもそも、顔色、表情、話し方etcが全く違います!!

暫くして、ケアマネージャーさんがお二人訪ねていらっしゃいました。

ベッドに腰掛けて、応対する母上様は、実にテキパキお答えされています。
「昼間はお一人で過ごされることが多いですか?」
「はい」
「何か心配なことはありますか?」
「このまま倒れちゃったらどうしようというのが心配です。」
「他には何かありませんか?」
「ありません」
「体の調子が悪いところは?」
「ありません」

ここまで黙ってやりとりを聞いていたのですが、たまらずに
「お母さん、足が冷たいとかジンジンするのは?」
と口を挟んだら
「今はなんともないわ」
   〇?△?!?
「お医者さんには通っていますか?」
「ハイ、月1回」
(えーーーーーーーー?!?)
「もっと行ってますよね?」と私。
「あ、昨日かな、一昨日かな?」
「その前は?」
「いつだったか救急車で」
「自分で呼んだのですか?」
「お友達の家まで行って」
「おうちまで行ったんですか?」
「ハイ、ちゃんと鍵も閉めて」
   :
   :
   :

こんなカンジで30分ほどの面談中、シッカリ対応していました。

今まで、
「ケアマネが介護認定調査に来るとしっかりする」
という話は、よく聞いていましたけれど、実際に目の前で見せられると、驚きを通り超えて何と表現して良いのやら...。

ケアマネージャーさんに毎日家庭訪問して欲しいデス!!

コメント

パソコン不調?

2012-08-29 22:55:00 | ひでんかの「日々の徒然」

このところ、なんとな~く動作がアヤシイMyパソコン
(夏バテ?!?)

先ほど、メールを打っている途中で「完全凍結」してしまいました。
Ctrl+Alt+Deleteも使えず、強制シャットダウン。
その後の再起動で、メールソフトとIEが起動せず、またまた再立ち上げ。

それからは、使えているのですけれど、コワイコワイ

今日は、早じまいしましょう。

(明日はちゃんと起きてね~~~)

コメント

救急車阻止!?!

2012-08-28 23:56:00 | ひでんかの「日々の徒然」

(あ、救急車の通行を阻止しようというのではありません。
正確には「救急車を呼ぶのを阻止する」です!)

でんかの母上様。
俗称病名的(?)には

「病院に行きたい症候群」

加えて
「点滴依存症」
もあるような...。

「具合が悪い」
と電話がかかってくる度に、
「にわかカウンセラー」と化す毎日。

昨日は、外出していたので失敗!!
本日はナントカ成功?!
果たして明日は.....

コメント

ドキっと心臓

2012-08-27 22:20:00 | ひでんかの「日々の徒然」

献血で心電図を採りました。
昨日、何度か、胸(肋骨?)や背中が痛くなり「イタタタタ」と声に出してしまいました。
今日は、外出のついでに献血の予約を入れてありました。
1年間心電図を採っていないことは分かっていたので、ちょうど良いかと。

検査が終わり、心電図を採りました。
印刷された記録用紙を見た看護師さん
「今までに心臓の異常を指摘されたことはありますか?」
「いいえ、一度も」

チラっと見えた記録用紙の1本の線。
シロウトが見ても分かるほど、大きく曲がっています。

(昨日の痛みはコレ?!?)

計測器のコードを確認した看護師さん。
もう一度スイッチを入れました。

「なんか、ちゃんと繋がっていなかったみたいですね」

どうやら「異常無し」!?!

1回目の用紙を見たときは、さすがにドキっとしました。
(その値は2回目に影響なかったのでしょうか...)

あら?
と、いうことは、昨日の胸の痛みは???

コメント