ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

冬の花火

2016-10-29 21:27:16 | ひでんかの「日々の徒然」

地元の「おまつり」に行きました。
毎年開催されていて、地元では一番大きなお祭りで、人出も「ウン万人」になるそうです。
でんかが地元の役員をやったときや、しんのうクンが中学生の頃は、役員さんのお手伝いとして毎年のように参加していたのですけれど、ここ何年か(10年越え?)は、お仕事だったりして足が遠のいていました。
(人混みが年々苦手になってきております故もあり..)

それが、「今年は行こう!」と思いたったのは、
「市制施行記念花火」が上がるからです。


「それなりの型もの?」


このあたりは、かなりガンバッテます!?

「もうすぐ上がります」
というアナウンスだけで、イキナリ始まって、時間としては30分弱?
(今年は寄付も募ったそうなので、そのあたりのアナウンスがあってもヨカッタのでは?)
〇〇とか〇〇とか〇〇に比べたら、「線香花火」みたいなものでしょうけれど、夏と違い、気温も下がってきたこの季節の花火は、姿も音もシャープです。

今年の花火納めデス。

コメント