ひでんかの”雅でない”日々

庶民の"ひでんか"の日々はちっとも雅じゃないけれど、いろんな人達と楽しい毎日を過ごしています

今月の表紙

2018-11-01 00:58:27 | ひでんかの「花あつめ」

今月の表紙レオノチスセージといいます。

ご存じでしょうか。
(一風変わった形だと)
更に、ツボミと咲きかけの状態は、〇〇のようで、
大きな声では言えませんがちょっとブキミ?!?
(何かアヤシイものが生まれてきそう...)


名前に「セージ」と付いていますけれど、セージの仲間では無く、シソ科で「レオノチス属」という自分のグループを持っています。
形はアヤシくても、暖かそうで、この時期、思わず触ってみたくなります。

コメント (1)

今月の表紙

2018-10-01 00:01:37 | ひでんかの「花あつめ」

今月の表紙キッコウハグマといいます。

キク科の花で、森林の中の乾いた地面(でも、あまり日当たりでは無い場所)に咲きます。
葉は下の方(タンポポみたい)にまとまっていて、そこからヒョロっと伸びた茎に、いくつかの小さな花を咲かせます。
花びらの先がカールしているのがカワイイです。

漢字で書くと亀甲白熊
葉の形が五角形で、亀の甲羅のよう。
白熊(はぐま)は、兜や槍の白い飾りことで、花がその形に似ているからだそうです。

落葉が始まった林の中で、ひっそりと咲いています。

コメント

今月の表紙

2018-09-01 00:09:20 | ひでんかの「花あつめ」

今月の表紙オオセンナリといいます。

ナス科の花で、花が咲いたあと、「ほおずき」のような実を付けるので、「千成ホオズキ」とも呼ばれます。

花は、ハエが嫌いな臭いを出しているそうで(私は感じませんでしたけれど)
ゴミ箱の近くに植えられることが多いようです。

コメント

今月の表紙

2018-08-01 00:57:59 | ひでんかの「花あつめ」

今月の表紙ウバユリです。

夏、林の中で”ひっそり”咲いているので、あまり目立ちません。
名前に「ユリ」と付いていますし、ユリ科の花ではありますが、頭に付く「ウバ」は漢字で書くと「姥」。
地味な姿(?)から、多少納得するところではありますけれど、ちょっとカワイソウな気もします。

花が終わると、不思議な感じの実(種)ができます。
これをドライにして、生け花やアレンジメントに使うこともあります。

コメント

今月の表紙

2018-07-01 10:45:32 | ひでんかの「花あつめ」

今月の表紙ハマナスです。

バラ科の花で、浜辺に咲いていることが多いようです。
漢字で書くと浜梨
本当は「ハマナシ」なのですけれど、訛って呼ばれていた「ハマナス」が正式名称になってしまったのだとか。
(本当?)
ちなみに、なぜ「梨」なのかは、実が梨の形に煮ているからだそうですが、どう見ても「バラの実」です。

皇太子妃殿下のお印でもあります。

 

コメント