故郷へ恩返し

故郷を離れて早40年。私は、故郷に何かの恩返しをしたい。

東北は人使いが荒い

2017-08-09 06:11:53 | プロジェクトエンジニアー

遠賀川流域の石炭船です。
この人たちも働きものです。


まずは一本開けてから。
秋田で仕事をしたかったら、互いに一升の酒を開けてから話が始まります。
そんなことを聞きました。
ここでも似たようなものです。

今日のテーマは、「東北は人使いが荒い」です。
北海道では、一年分の稼ぎを夏のわずかな時間(約半年)でやってしまいます。
この地に来て、休む間などありませんでした。
目いっぱいやっても。この地の方には敵いません。
本業をやり、朝晩や休みの間に副業をやる。
合間に地域での役割をこなす。

畑が草で埋まる。
柿の実など家や畑に植えた果樹の実が収穫されない。
こんなことは、恥ずかしいことなのです。
畑を借りてくださいと頼まれました。
借りたからには、草に埋もれさすわけにはいかない。
5畝(一反歩の半分)の畑の草取りは、骨が折れます。
自宅の庭と畑が別にあります。
加えて空き家の草刈りがあります。

やめておけばよいのに。ゴルフをやります。
ソフトボールの練習に出ます。
盆祭りの手伝いをします。
奉納相撲のカメラマンをやります。
一生に一度の晴れ舞台。
最高のショットを額に入れてプレゼントします。
代表の皆様、ご苦労様。

できることをやり続けています。
本当に、「東北は人使いが荒い」のです。
贅肉はそぎ落とされ筋肉すらつきました。
ここまでとは思いませんでした。
一年の1/4は畑仕事はできません。
多くはないけど、程よき間隔で雪が降ります。
そんなこんなで一年が過ぎました。
畑で作る作物は、観賞用の感さえあります。
食べる野菜は、ほとんどいただきものです。

東北の方は、寡黙のように言われます。
とんでもありません。
ブラックユーモア好きのスイス人に較べて、
腹から笑える冗談が好きな方たちです。
地に根が生えた冗談だからです。
まだまだ東北人には程遠い私たちです。
使われるだけ喜んで働きましょう。

「東北は人使いが荒い」でした。

雨に雪 晴れに曇りと 休む間なし

2017年8月9日
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 善は急げ | トップ | 癒しどころ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロジェクトエンジニアー」カテゴリの最新記事