Afternoon Avenue 25 (by hide_boo)

Perfumeと乃木坂46、IZ*ONEなどのアイドルやクルマやバイク、好きなものついて、だらだら綴ります。

XR-BAJA / HONDA

2013-10-14 01:46:17 | Weblog


永らくKL250RとTZR250Rの2台体制でツーリングを楽しんでいたのだが、KLが65,000kmの走行距離をマークしてからエンジンブロックから異音が発生するようになり、相応の修理費がかかることが判明した為、KLに投資するか、新しいバイクにするか選択する羽目になった。

 

悩みに悩んだ末、KLを諦めてその当時オフロードモデルの王道だったHONDA XRに一度乗ってみたいと思い、ちょうどその時期に発売になったXR-BAJAを2代目のオフロードバイク(都合3台めだが)に選んだ。

 

空冷エンジンでKLよりも構造が単純で且つ若干燃費が良いこと、アフターパーツが山のように発売されていること、そしてフレームマウントのデュアルライトが夜間走行で心強いこと、そんなこんなでXR-BAJAをツーリングの相棒にした。購入したのは95年モデルでガソリンタンク容量はスタンダードのXRと同じ9.7リッターで、確か97年くらいから14リッター仕様が発売され、非常に残念な思いをした。しかし、燃費がKLでは届かなかった30km/L代をマークしたので、1回の給油で250kmは走行でき、長距離のツーリングでも1日1回給油すれば足りたので、ビッグタンク化による重心の変動に惑わされることが無いことに気がついて、逆に95年モデルで良かったと考えなおしたりした。

 

特徴的なヘッドライトは、LOWで36.5Wの2眼。2眼ともLOW、HIGH切り替え式だったので、片方が切れたにしても走行は可能だったのがありがたかった。KLでは何回か夜間に球切れを起こしたことがあり、予備電球を持たなければならなかった手間がなくなった。逆に欠点は2つ。ひとつは、LOWビームとHIGHビームの上下の照射角の差があまりなく、セオリー通りにHIGHビームに合わせると、せっかくの2眼ライトなのに、LOWビームがやや遠めになってしまい、フロントタイヤ回りから1m弱のエリアが暗くなってしまったことだ。夕刻から夜間のオフ走行では速度を落とし、近い距離の路面状況をしっかり把握する必要があるので、少々HIGHビームを落とさなければならなかった。もうひとつは高速走行での空気抵抗だ。さすがに巨大なライトを2つフロントにつけているので、ライトへの抵抗とライダーにかかる気流がKLでは感じたことのないものだった。後日メーターバイザーを追加し、若干だが改善したがやはりライト周りにカウリングが必要だったかもしれない。ただし、フレームマウントが功を奏し、空気抵抗を感じてもハンドルをあらぬ方向へ取られるということはなかった。

 

KLではリヤにサードパーティのキャリアを取り付けたが、BAJAではキャリアに加え、ハンドル周りもレンサルハンドル+ブッシュガード+ショートレバー化を行い、グレードアップしてみた。KLのときに記したが、BAJAはKLに比較するとオンロードでのフレームやフロントフォークの剛性はあまり高く設定しておらず、130km/hくらいの追い越しスピードになると、ワナワナとフロント周りに揺らぎが発生する。KLの質実剛健さとはタイプがかなり違う。そのかわり、KLでは小回りが利きにくかったオフロードでは、あきらかにKLよりも高いペースで走行できた。ハンドリングの軽快さはレンサルハンドルも貢献していたのかもしれない。エンジンは空冷OHCなのだが、KLの水冷DOHCエンジンよりも熱ダレに強く、あまりオーバーヒートやアイドリング調整に苦労した印象が無い。それだけ扱いやすかったということなのだろう。エンジンスターターがセルモーターとオプションで付けたキックスターターの2方式が使えたのも本当に楽だった。

 

TZR250Rが既にあったので、BAJAは5年弱で30,000キロほどしか走らなかったが、荷物満載のキャンプツーリングでは本当に走りやすかった。結婚後、乗る機会が大幅に少なくなってしまった為、コンディションが良好なうちに購入したバイク店に引き取ってもらった。BAJAはKLを知らなければ、本当に良いバイクでオンオフ選ばずに乗ることができるオールラウンダーと云える。KLはBAJAよりもほんの少しオンロード性能が高く、強いフレームとパワーが良く伸びるエンジンをもっていた点が、たまたま自分の走りに合っていた。高速移動を120km/hに抑えれば、BAJAもKLに負けてはいないのだ。むしろオフロードにおいてはあきらかにBAJAが上。ただツーリングは圧倒的にオンロードの、ラリーでいればリエゾン区間が長くて、スペシャルステージとなる林道の距離はわずかなものだ。その意味でトータルパフォーマンスとしてKLがBAJAを上回っていただけなのだ。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Mint-Electric / PSY・S | トップ | あまちゃん総集編(前・後編... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事