ひで某ぎゃらりい

日々の生活の中で、自分の“心がささやいた瞬間”をとらえた写真を紹介する「ギャラリー」~毎日更新をめざします。

「ワタシの名前は、『カナリーヤシ』と云います。」

2007-09-29 18:42:31 | 一般

 去る9月15日に、「椰子の木」としてアップしていた木ですが、その後、コメントをいただいたり、自分で調べたりして、本当の名前が判明しましたので、改めて紹介します。
 この木は、正式には「カナリーヤシ」と云うそうです。また、別名「フェニックス」と呼ばれています。
 こちらのほうが一般的ですね。
 今では、この実はほとんど落ちてしまっていますが、その数の多さは、とても圧巻ですね。

※背景に、小学校のシンボルとも言っていい、とんがり屋根を入れてみました。


 では、調べて分かったことを紹介します。

◆「カナリーヤシ」メモ…ヤシ科 ナツメヤシ属の常緑高木で、学名は Phoenix canariensis。
 北アフリカ西岸にあるカナリア諸島の原産です。一般に「フェニックス」とも呼ばれ、耐寒性が比較的強いために、
世界中の暖帯地方(南ヨーロッパやアメリカなど)の都市公園や学校、街路などでよく植えられています。
 ナツメヤシ属のなかでも、最も幹が太くなり、高さも20~30メートルにもなります。
 羽状複葉は3メートル以上にもなり、葉柄の付け根にある小葉は針状です。春に白い花を咲かせ、
秋には果実がオレンジ色に熟します。
 
 一番身近なヤシ科の仲間はなんといってもシュロですが、シュロはあまりに身近にあるせいか、あまりヤシという感じがしません。
これに対し、カナリーヤシはいかにもエキゾチックなヤシらしいヤシです。
 乾燥した亜熱帯地方での重要な食用作物であり、紀元前4000年ぐらい前から栽培されていたといわれるナツメヤシとともに、
フェニックスの代表といわれています。



①②「教育・学校」ブログ Lanking






 
携帯SEO(since11/14)

□MAXpv‥1203[07,8.10]
□MAXip ‥ 112[07,9.22]
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 学校を訪れる人を、お迎えし... | トップ | 相変わらず、夏のような暑い... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フェニックス (風さん)
2007-09-29 22:02:34
これがフェニックスだったのですね。

何やろうと思ってましたので、名前が分かり、なぜかほっとしました。

すごく小さな実がこんなにたーくさんできるんですね。

やっぱり佐賀は南国ですねー。 滋賀ではフェニックス、見たことがないです。 (知らないだけかな?)

滋賀は急に涼しくなり、夜は寒いくらいですよ。
生命力 (ひで某)
2007-09-29 22:22:41
 なかなか迫力ある姿でしょう!植物の生命力って、本当に偉大だと思います。

※ちなみに、私の出身県は佐賀ですけど、勤務の小学校は福岡県なんですよ。

コメントを投稿

一般」カテゴリの最新記事