ハッピースポーツブログ

野球は阪神、タイガースと競馬を愛するブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スローの上がり勝負ならアサクサキニナルの出番 目黒記念(G2) 予想

 | 競馬
目黒記念(G2) 東京 芝2400m

◎アサクサキニナル
○オペラシチー
▲ラヴァリージェニオ
△エルノヴァ
△ウイングランツ
△エローグ

これといった逃げ馬不在のメンバー構成。
恐らくレースはスローの上がり勝負になるでしょう。
そうなると上がりの切れる馬が上位となります。
◎はアサクサキニナル。
前走の府中Sの内容から折り合いの心配はなく、距離2500mも問題ないと見ています。
スタートが良い馬ですので、好スタートからゆっくりと下げて、中団にポジションを確保してじっくりと競馬が出来そうです。
鞍上が心配ではありますが、末足はこのメンバーでも屈指のものがありますから、ハンデ54キロと恵まれた今回が狙い目でしょう。
相手本線は、○オペラシチー。
能力だけならこの馬が一番でしょうが、いかんせん詰めが甘く勝ちきれません。
早目にスパートしてスタミナ比べに持っていくことが出来れば頭まで突き抜ける可能性も十分あると見ています。
佐々木晶-佐藤哲コンビが満を持して東上してくることからも軽視はできません。
続くのが▲ラヴァリージェニオ。
前走の大阪ハンブルクCの1着、3着馬が天皇賞で2着、1着ですから、レベルの高い一戦だったと言えます。
その中で、先行して粘りこむ競馬で2着を確保した点は大いに評価できます。
末脚比べなら若干足りないと思われますが、この馬の場合は位置取りが前になるでしょうから、末足の不足分は位置取りでカバーできそうです。
△は3頭。
長い距離での実績があるデザーモ騎乗のエルノヴァ、ダイヤモンドSで波乱の立役者となった松岡騎乗のウイングランツ、先行粘りこみのエローグの3頭を押さえます。
馬券は◎○2頭軸の3連複を中心に狙ってみたいと思います。



コメント   この記事についてブログを書く
« 井川好投! タイガース、ラ... | トップ | 豊が選んだエアメサイア本命... »

コメントを投稿

競馬」カテゴリの最新記事