海亀

山の朝焼け、海に沈むダルマ夕陽、凪の海、嵐の海、
砂浜の馬の群れ、一度だけ撮れた海に向かう海亀の子など


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ビデオは語る 3号機爆発

2014年09月30日 | インポート

2011年3月13日

午後6時50分

東電本店勝俣会長

『水素の問題?まあ確率的には非常に少ないと思うよ。

そんな話をしてね、国民を騒がせるのが良いのかどうかの判断だけど。

逆に言うと、次の記者会見でそれを聞かれたら否定するよ。

あり得ないと。まー、あり得るけど、(水素を)逃がせばなんとか

なるかな。 会見は20時』

☆      ☆      ☆      ☆

国民を騒がせるのは良くないから、

真実を知らせないでおこう。ということなのか?

☆      ☆      ☆      ☆

Img_46611

3月14日午前6時02分

第一吉田所長

『(圧力上昇が)急激だな。

ほんと要注意なんだよ。

20分で50キロ

(パスカル上がった)だろ?

(午前)7時前に設計圧力越えちゃうよ。

あれ、ダウンスケールしちゃったじゃん。水位が。

うえ!小森さん!』

小森

『水位がダウンスケール?』

吉田

『うん。これね。もう危機的状況ですよ。これ。

(午前)6時10分でダウンスケール。完全に(核燃料が)

露出してる状態になってますよ』

☆     ☆     ☆     ☆

★ダウンスケール;計測器の針が下限を振りきった状態

★小森;東京電力常務 小森明生

☆     ☆     ☆     ☆

3月14日午前11時01分

3号機が爆発した。

爆発原因ははっきりしていないのに、

『もういいんじゃないの。水素爆発で』

と水素爆発に決まった。

☆     ☆     ☆     ☆

★ 水素爆発;

原子炉の核燃料は小指ほどの太さのものを、

4Mほどのジルコニュウム製の被覆管に入れて

設置してある。

水の冷却が出来なくなると、燃料は2000度を

越える。

ジルコニュウムは900度で溶けて、水と激しく

反応して水素が出る(ジルコニュウム反応)。

水素は濃度が4%を超えると爆発の恐れが

出てくる。  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビデオは語る 読書中

2014年09月29日 | インポート

Img_46581 福島原発

緊迫の3日間

『ビデオは語る』

2011年3月13日

午後3時44分

『これはもう、

ジジイの決死隊で

いこうかなあと今、相談したんで』

☆    ☆    ☆    ☆    ☆

これは、海水注入ラインを生かすために決死隊を検討する福島原発の

当時の第一原発の吉田所長のセリフです。

なんだか、昭和30年代の冒険漫画のようですね。

☆    ☆    ☆    ☆    ☆

同日午後4時30分

爆発した1号機の使用済み燃料プールからもやが出ている。

水がなくて燃料が発熱しているのでかなり危険ということで、

東電本店『やり方を3つ考えた』と説明が次の通り。

① 消防車で散水して注入する。

② ヘリから水。

③ ヘリから氷。

  氷は3.5トン。細かく砕き、バスケットに入れてプール上空から

  投入する。(桶川のヘリポートに氷は準備してある)という。

これに対して、福島第一社員

『プールの水って、3000トンくらいあって、3トンの氷。夜間と被曝を

考えれば、拙速で、効果を考えると焼け石に水。散水が現実的かな』

☆    ☆    ☆    ☆

これまた、昔の冒険漫画の1シーンのようで、わかりやすいですね。

同日午後5時15分

吉田『要するに3号機がいつ吹っ飛ぶか分かんないんで現場の

安全確保だから一同、避難させた』

1号 2号 3号 4号 と次々に発生する想定外・・

本を読むだけで緊張して、さらに脱力感に襲われそうに

なります。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

稲藁干しも最近はめずらしい

2014年09月29日 | インポート

Img_46601 先日、

黒田官兵衛展で、

官兵衛が(一説に)

播磨の状況説明

を行ったときに、

信長からもらった

といわれている、

圧切(へしきり)という刀が展示してありましたが、

Kさんは、これは信長の形見分けで官兵衛が

もらったのではないだろうか。という新説を打ち立てられました。

ん~、ちょっと不思議な感じがします。

本能寺の変のあとは、とんでもなく皆が舞いあがり、戦闘があり、

後継者争い、と続いたわけで、『形見分け』という、しんみりした、

一種穏やかな情景は、描きにくいなあ?という感じでしょうか。

Img_46551

☆   ☆   ☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014-09-28 10:23:27

2014年09月28日 | インポート

Img_46461

Img_46481

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今は、もう秋♪

2014年09月27日 | インポート

Img_46281 また

蜜柑の

季節が

やって

きました。

まだ

すっぱそう。

でも、結構あまい、なにしろ新鮮で、すがすがしいです。

Img_46401

☆  ☆  ☆

刈り入れは

あっという間で

残されたのは

かかしだけ。

☆   ☆   ☆

Img_46371 朝も

めっきり

あきらしく

なって

きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加