海亀

山の朝焼け、海に沈むダルマ夕陽、凪の海、嵐の海、
砂浜の馬の群れ、一度だけ撮れた海に向かう海亀の子など


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おくりびと

2009年02月24日 | インポート

結構いい映画だから見たら、といわれて、

日曜日に珍しく一人で見てきました。

人の死を生業にしようとする若者と向き合う妻

死に直面する様々な人々の生きざまと相対する

二人。なかなかしっとりとした(?)

ん・・まあ良い映画でした。

納棺士という職業が武士道の作法のように

描かれていて、清冽でありました。

翌日なんだかという賞をもらったそうです。

ばあばとそのお友達も観たいらしい。

連れて行かねば。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 梅ゲ餅 | トップ | 世界遺産シンポジューム »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おぉ!なんとタイムリーなのでしょう。 (naho)
2009-02-24 22:55:09
もんちが前に観て、「よかった~」って言っていました。
そういえば、40後半の方たちにとって(もっくん)=(格好いい男性)という意味だそうです。

ふーん♪

今回はあまり会えず###
おお。そうですか、もっくん=かっこいい男性=観... (umigamesan)
2009-02-25 06:05:13
確かに多かったです。でも圧倒的に中年だったけど。

そういえばレッドクリフもなんとかという男優がいいから多かったということを聞きました。
最近の甲冑武士ブームも案外そんなところから来ているのでしょうかね。
Unknown (これで食っていけるかも)
2011-03-07 02:38:33
仕事決まらなくて悩んでたんだけどココ見つけて人生変わったわ
こんな美味しい話あっていいのかなあって半信半疑で始めたんだけどさあ
マジ、金も女も手に入るとか美味しすぎ!!!いっぺん試してみ?
http://goo.gl/6TaGo

コメントを投稿

インポート」カテゴリの最新記事