酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

酒蔵まつり。

2018-02-12 | 旨かった話
11日、北の地酒「男山」毎年恒例の一大イベント「酒蔵開放」が開催された。
今年も、風邪もひかず無事に出かけることができた。こちらもこれが恒例、ここで呑まねば春が来ないのである。


すごい人出である。もみくちゃでよく分かんないけど(笑)、東屋のなかではこの日のために仕込んだ酒が無料でふるまわれる。


室町時代の甕仕込みを再現したという酒。ぷちぷちと麹を感じる舌触り。
今年はいつもよりさらりとした仕上がりになっているようで旨い。けっこうお代わりをいただいてしまった(笑)


会場のあちらこちらでは試飲コーナーが(無料)。


ちょっとだけお金を支払えば、プレミアムな酒も試飲できる。
蔵元でしか販売されていない酒なので大いに価値あり。

さーて、今年も無事ミッション完了だ(笑)

その後は街にでて昼から飲み歩き。これも毎年の恒例。冬のイベント盛りだくさんな時期なので、昼から開けてる店も多いのだ。

来年もでかけられますように(気の長い話だ)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 揚げ頼みの食卓。 | トップ | 味噌香るチーズ 酒は男山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旨かった話」カテゴリの最新記事