酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

ひと口未満カツ。

2018-02-08 | こしらえた話。
当初の予定は生姜焼き的なもの。
だったのだが、にわかにカツを作ることに。
きっと、さっくりとしたものが食べたかったんだろうな。

肉はももスライス。
これをトンカツにするというのは、ふざけているような気もするが、やってみた。



うすっぺらくたっていいじゃない、豚だもの。

扱いやすいように刻んだので、一枚の大きさは、ほら、ひと口カツ用に売ってるあの肉の大きさ。
でも厚さは1/4か1/5。うすい(笑)
なので、ひと口未満、なのである。

ああ、タイトルの説明にこぎつけるまで長かった~(笑)

でも、これはこれで美味しいのだった。おかず的にあり。オツマミとしてもイケる。
よくあるロースの厚切りなんかを使ったトンカツ、あれはメインディッシュ。おかずじゃない。
慎重にソースをかけ、食べる時には緊張してちょっと心が動揺するもんね、本気のトンカツは。落とさぬように細心の注意を払って箸でがっちり掴まねばならないのに対して、こっちは気楽なものである。箸でつまんで、ひょいと口に入れられる。
駄菓子のビックカッチャンを思い出させてくれるのも庶民的でよい。

たくさん作ったから、残りは「薄っぺらいカツを使ったカツ丼」にでもしようかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寄り合いメシ。 | トップ | 揚げ頼みの食卓。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

こしらえた話。」カテゴリの最新記事