酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

なんだかんだと回る寿司屋は楽しい。

2018-09-17 | 旨かった話
久々に回る方の寿司屋に。

従来の街の寿司屋のいいところは、秀逸な旨さはもとよりカウンターでのオヤジとの会話、おもに時事ネタやグルメトークという付加価値に。
回る方は、ワンダーランド的な楽しさを求めて。もう一切の否定はない。

この度も収穫あり(^^)


旬。サンマの握りがちゃんとあるあたり、ほんとレベル高い。
ほか、活ホタテ、イワシの握りも旨かった。


びんちょうとアボカドのサラダ握り。
これはいい。酒肴創作のよきヒントに。もちろんしっかり美味しい。


軍艦もいろいろあって楽しみきれないが楽しい。これはマグロユッケ(いまいち意味分かんないけど)、向こうはカニ味噌。
もう、こうなったら深酒モード。冷酒が進んで進んで。昼から呑むというがまた楽しからずや。

以上、ほかたくさん食べたが、いちいちカメラを出していられない(笑)


おまけ


楽しくなったついでに、居酒屋へ。


生鮭のホイル焼き(「ポッポ焼き」とかいうメニューだったかな)。
その前のサンマといいイワシといい、秋深し、秋旨し。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 正確には手羽中。 | トップ | 鶏ささみでピカタ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旨かった話」カテゴリの最新記事