酔い日は佳い日

日々の酒肴事情。by こたりん

さりげなく磯風味な卵とじ。

2018-02-15 | こしらえた話。
卵とじ、というと何たって「ニラ玉」ですかね、思い出すのは。そして自分の好物「あぶたま」。油揚げの卵とじ、かの林家正蔵師匠の郷愁の味である。とじという手技に特化して言えば、蕎麦屋の「とじ」もはずせないね。

で、何気に思いついて作ってみてから、これ、なかなか良い風味じゃないかと気が付いた(笑)

ワカメの卵とじ。


ややあっさりとした醤油ダシでさっと煮てみれば香味は爽やか。
そもそも、ワカメの煮物が美味しいことは当座煮などでも了承済み。
ちくわの薄切りも添えれば、これがまた良い仕事をしてくれる。ちくわも言ってみれば磯風味。

どことなく、秋深し的にしんみりと呑みたい肴でもあるが、雪深い今、ぽってりとした食感が心身を温めてくれる感じがして良い。

もっとツユを薄くして、汁ものとしても美味しいかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加