大日本推命学会 元会長 故・阿部泰山 直門直系・四柱推命 中村素山のブログ  

飛鳥時代~明治維新まで 朝廷と武家社会に用いられていた ”陰陽五行説”を基に 21世紀の陰陽師 の育成を図ります。

公式ホームページ

中村素山四柱推命教室のページ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

桝添氏を教訓に 凶悪災難を 回避しましょう。

2016-05-21 11:24:31 | 交際・対人関係

桝添氏 を教訓に凶悪災難を回避・・・先天運から見えてくるのは、冲剋と凶星オンパレード、貴人星ゼロ、こんな人は珍しいです。何度もしつこく投稿しますが、私は、過去の記憶から、桝添氏と同日生れの男性に対する憤り感が消えません。

運命鑑定 を引き受ける中には、凶命とわかる運勢に出合うことは再々ありますが犯罪者予備軍の人は鑑定など依頼しませんが・・・

厄介なのは 外見穏やかでも 気に入らないことがあると急に人が変わったように激怒する性格の持ち主です。桝添氏のような例は少ないですが、これに近い人は無数にあります。

結婚相手 を決める時 仕事の関係で雇用する相手を決める時は要注意です。桝添氏の元妻 片山さつき氏とは見合い結婚とのこと、DV、ものを投げつける乱暴な亭主、結婚後短期間で離婚 なんと無責任な仲介者ですね。

仲介者 任せにせず本人又は、親が相手の人柄を調べておくべきです。多くの方は結婚相手の相性良否を依頼されますが 桝添氏と似かよった命式の相手と相性良好の鑑定結果を信じて結婚した人はどんな結果になるでしょう・・・

相性が良くても人格劣悪な人は 相性もクソもありません。誰と結婚してもダメ!即離婚です。人格の劣る相手と似た者夫婦でないと続かないでしょう・・・   お問い合わせ  

 

 

コメント

社会貢献が 出来るか 否か?

2016-04-07 00:05:00 | 交際・対人関係

社会貢献が出来るか?過去の相談受付より・・・サービス精神は自己満足であってはいけないこと、事業 社会的活動によって規模の大小を問わず何らかの形で役に立っている個人団体は多くあっても生易しいものでないと考えます。

しかし、10年来からの相談内容の中で、“社会貢献が出来るでしょうか?” と云う質問、鑑定依頼が少なからずあったことを思い出します。仮に、小規模ながら従業員を雇用している経営者は、立派な社会貢献者と云えますが、

将来の運勢が、吉運期から衰退運に急速に変化する場合は、理想通りに行かないでしょう。こうした人に共通するのは、子供の頃から恵まれて吉運期が長く続き仕事も順調、将来もこのまま盛運が続くと信じる人が多いですね。

衰退運は、情け容赦なく接近、断崖絶壁から墜落状態、急速な変化の場合も珍しくありません。社会貢献の可能性を問われてもウソの解答は出来ません。事実を伝えるのも残酷です。

現在まではどうであっても今後は、社会貢献よりも自分自身を守ることを第一にしてください・・・おそらく私の解答が気に入らなかったのでしょう。鑑定料未払いのまゝです。人の為世のために尽くす、サービス精神にあふれる筈の人が、鑑定料の支払い未納状態です。 お問い合わせ  

 

コメント

世の為 人のための 社会貢献 とは??

2016-04-05 00:05:00 | 交際・対人関係

世のため人の為の社会貢献・・自己中心的 自分本位でないと気に入らない人がある反面、自分の力で幸せにしてあげたい・・人の為に尽くすサービス精神にあふれる人もあるのですね。

世知辛いご時世に見上げた人格者と尊敬しなくてはなりませんが、しかし、社会貢献よりも自分自身 家族の方が大切ではないでしょうか?

身旺の生まれで 経済的にも恵まれた人は尽くすことは可能でしょうが、誰からも援助が得られず苦しいのに他人に尽くしたり社会貢献が出来るでしょうか?

人助けをしたい・その気持ちは立派でも身がすり減る以外ありません。周囲にはそのしわ寄せを受けて最悪の状況 (事態) に陥る人も出てきます。この事に気が付かない人は意外と多く複雑な思いです

好意的であっても 相手はそれほど有難くも何とも思ってはいません!!余計なお節介の場合もあります。自分を犠牲にする必要がどこにあるでしょうか?私はこのような トバチリ を受けるのは金輪際 御免です。                お問い合わせ  

コメント

対人関係の トラブル を防止する方法

2015-11-24 00:05:00 | 交際・対人関係

対人関係 のトラブルを防止する方法・・人間関係、特に身近な人との不和、衝突、争いは嫌なものですね。でも、宿命的に避けられない場合もあります。

考えられない事でもトラブルが趣味のような人もあります。本人さんはそんな気持ちは毛頭なくても結果的に争いの種をつくる人です。過去を振り返り職場、身内、親族などのトラブルメーカーさんを思い出します。

ご相談を受ける中で気になるのは、相手方に対する不平不満です。原因は四柱推命の命式から判断して地支の冲象、特に月日支の冲剋です。

考え方を改めることで凶意は大幅に軽減されるのですが、夫婦の場合、双方が冲象の持ち主であればチャンチャンバラバラ、トラブル発生です!

爆発しても仕方ありませんが、片方が平象(普通)で相手を思いやる気持ちがあればトラブルの回避は不可能ではありません。相手と別れたくないなら自己主張を控えるべきでしょう・・・

命式判断 (鑑定) において 干合支合は 重要視しないとしても、無視できないことも多々あります。特に、地支の冲剋は足元の不安定さを意味するからです。

 HP   https://support.skype.com/ja/faq/FA11099/?intsrc=client-_-windows-_-7.7.64.103-_-help

 

コメント

世相は変化しても自然は永久に変わらない

2015-02-15 18:30:28 | 交際・対人関係

目まぐるしく変化するご時世・・でも、絶対に変わらないものがありますね。それは太陽は東から出て西に沈む自然現象です。

泰山流四柱推命も自然の法則通りに確立されています。堅苦しい、古臭い印象を受ける方があるのは重々承知していますが、太陽が東に沈まない限り、新しいも古いもありません。

あるのは、現在を生きる方に文章、言葉表現を解りやすく、事相判断では 時代に沿った判断(看法)が出来ることです。太陽は東から出て西に沈む自然現象と同じですね。

具体的に説明すれば、基礎命運編は自然の法則同様に固定的 実地鑑定は、世相の様々な変化、変動に該当しています。

コメント