ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

春の兆し・・鹽竃神社

2011年04月07日 07時37分09秒 | 東日本大震災
今年に入って、お参りに行かなければと思いながら、行けなかった鹽竃神社にやっと行きことが出来ました。

1月は、娘の病で宮城と山形を行ったり来たり、やっと治療開始かと思ったら妻がダウン・・入院

退院したかと思ったら、自分が入院・・・そして大震災

その疲れからか母が入院・・・・今年は何なんだ? 腹が立つほど不幸が攻めて来る。

気に掛けていた参拝に昨日行くことができた。

鹽竃神社の境内には、梅や桜が咲き始めていました。

まだまだこれからですが、やっと暖かい春の兆しが感じられます。





いつもの景色はまだまだ枯れ枝です。




『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (29)   この記事についてブログを書く
« 津波災害画像/多賀城・中野... | トップ | 東日本大震災で最大の余震 ・... »
最近の画像もっと見る

29 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
母が久しぶりに・・ (酔漢です )
2011-04-07 09:33:56
やはり、昨日、母が鹽竈様へお参りをしたと、電話がありました。
暖かい日差し。ひーさんの写真の通りですね。
塩竈にも「春」が近づいているのがわかります。梅が咲き、桜がほころぶ。塩竃桜が大トリでしょうか。その後の「さつき」も見事。
ひーさんの散歩道で「いつ花が登場するのだろうか」「花の写真がアップされたら、ひーさんも少しは元気になった証拠かな」と待っておりました。果たして今日のこの記事。
「安心した」というのが本音です。
懐かしい景色です。
「この梅の木と味噌おでん、醤油だんご」
三点セットでございます。
「おさんこ茶屋」ではなくなったと聞きましたが、建物はそのままの様ですね。

お体いかがですか。
御無理なさいませぬよう。

今日、湘南の桜が、満開となりました。

どんな状況にあっても花は咲きます。
自然の理。くだまきでも語りましたが、今年程目に染みる花の色はありません。
酔漢さんへ (ひー )
2011-04-07 10:15:07
東京方面では見頃を迎えているとのこと 、丹治さんからも鹽竈神社の梅が咲いていたと情報をもらっていました 。
植物の力強さを教訓に一本踏み出さねば。
また満開になったら訪ねたいと思います。
Unknown (桃源児)
2011-04-07 13:05:48
美しい梅や桜ですね。
せめて、ひと時でも色んなことを忘れたくなります。
鹽竃神社~ (維真尽(^.^))
2011-04-07 17:16:12
そうですね
心の支えですね
すこしでも
気が晴れたことを祈っています

季節の変わり目であることもあり
一層
御自愛ください
春来ましたね。 (ハム姉さん)
2011-04-07 18:23:49
不幸が攻めてきても乗り越えられる力があるんですよ。
我が家もいろいろある上 認知の母抱え結構溜まってますが
落ち込んでいても 笑っていても一日は一日
笑ったほうがお得と考えて毎日過ごしていますわ。

挫けず負けないでいきましょう♪
桃源児さんへ (ひー )
2011-04-07 19:24:50
境内の灯篭なども倒れてはいましたが、ここだけは別世界でした。
人は、花に癒される生き物なのですね。
維真尽さんへ (ひー )
2011-04-07 19:31:14
震災の日から寒くなり冬に 戻りました。
大雨が無かったことが唯一良かったことです。
やっと暖かさが戻りホッとしています。
このまま春が来ることを祈っています。
ハム姉さんへ (ひー )
2011-04-07 19:51:52
世話をすることは大変ですね。

ある意味忍耐も必要かと。

寒いと心も寒くなります。
陽気な春が来ていると思うだけで明るくなります。
Unknown (はー)
2011-04-07 20:09:28
鹽竈神社にお参りした
昨年の春が遠い昔に思え
昭和20年 春の空襲
夏の敗戦 秋の父の死が
昨日のように思い起こされて
言葉がみつかりませんでした
幼いときの深い傷痕は
何かのときに痛むようです

鹽竈神社の鳥居の前で
拝礼される方の姿に
この地に生きる
信仰の深さを知りました

長い長い闘いと思います
一歩々ゆっくりね
応援しています というより
ひーさんに励まされています 
お晩です (あーさん)
2011-04-07 22:51:05
日差しに春の予感がぁ ♪

もう少しの辛抱ですね。

コメントを投稿

東日本大震災」カテゴリの最新記事