ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

消えた我が家

2011年12月22日 20時07分21秒 | 東日本大震災
3.11で取壊しを余儀なくされた。

ここに来たのは15才の頃・・・

それから、増築を3回リフォームを2回・・・部屋の数は8部屋になっていました。

子供達はここで生まれ育ったのですから、私より悲しいようです。



 









壁は剥がされました。・・・・



五日で家は消えました。







そして今日・・・



悲しみと、不安で心が折れそうになりますが、新たな生活に期待もあります。

なんとか頑張りますよ。


コメント (19)   この記事についてブログを書く
« 西山荘:水戸黄門隠居の地 | トップ | 復興への道:鉄道編と原発警... »
最新の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いよいよ~ (維真尽(^^♪)
2011-12-22 20:19:27
ですね!

家が新しくなっても
今までの家の想い出も一緒に引き継ぐように思います (=^・^=)
Unknown (ビタースイート)
2011-12-22 21:51:24
言いようのない寂しさはありますが
家は消えてしまっても心の中にいつまでも残っていますよね。
それが新たな力になることを願ってやみません。
Unknown (tk18412004)
2011-12-23 16:06:44
被災されたんですねー・・・。
家が壊されるのは寂しいし、悲しいし、不安ですよね。
大丈夫!!! 心にはしっかり残るはずだから。

家が思い出になることで、未来へむけて新しい展開、希望が見えるはずだから。
2011年は忘れてはいけない悲しい年になったけれど、
新しい年には、たくさんのいいことがありますように。
維真尽さんへ (ひー)
2011-12-23 21:24:24
場所が同じなので、生活環境が元に戻るだけいいと思います。
親戚は、同じ場所に建てられるかどうかまだハッキリしていないんですよ。年齢も私より上なので建てても返済の心配も残ります。
借金は現実ですからね。
ビタースイートさんへ (ひー)
2011-12-23 21:28:51
記憶の他にも記録もありますので、まだいいのかなぁと思います。
柱の傷はおととしの・・・・

思い出せば色々出てきます・・・・
波乱万丈の人生がここに残っています。ww
tk18412004 さんへ (ひー)
2011-12-23 21:37:21
コメントありがとうございます。
今年いっぱいでローンも終りでしたが、その前に解体することに、やっと抵当権が外れたと思いましたら、滅失届けを出さなければなりません。

2011年忘れられない年になりました。
これ以上最悪の年は無いのかも?
後は良い年ばかりだと信じます。
お晩です (あーさん)
2011-12-23 23:07:00
いやぁ 切ないでせうねぇ
思い出いっぱいの家が消えて行くのを目の当たりにするなんて、身を切られるやうな気持ちですねぇ

新しい家で、又新しい思い出を作ってくださいネ
あーさんへ (ひー)
2011-12-24 07:22:55
まっさらになりました。

来年からは、一からスタートです。区切りのいい年末年始ですね。

後はやるっきゃない!ですね。
Unknown (桃源児)
2011-12-24 08:25:33
生まれ育った所がなくなるというのは、本当にお子様達には辛いでしょうね。
それでも、思い出を胸に生きている限りは前に進まねばなりませんね。
Unknown (ミー太郎)
2011-12-24 12:08:30
「ひーさんの家が・・・」とオットから聞き、やって参りました。ご無沙汰でした。^^;
いよいよ建て替えなのですね。思い出が沢山つまったマイホーム、辛いですよね。
辛いけど前を向いて歩くしかない、歩きましょ。そして新しい家が完成したらお祝いしましょ!

コメントを投稿

東日本大震災」カテゴリの最新記事