ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

鹽竈みなと祭/表参道編

2010年07月20日 12時45分40秒 | 塩竈の散歩道
 日本三大船祭の一つです。
他には、厳島神社の管絃祭、貴船神社(神奈川県真鶴町)の貴船まつりがあります。

輿丁(よちょう)と呼ばれる装束に身を包んだ16名によって神輿が担がれ二百二段の階段になっている表参道をお下がりになります。
この階段は手ぶらでもかなり大変・・・夜に下りたことがありますが、足元が見えない状態では、怖いのです。

神輿はマリンゲートから御座船(ござせん)に奉安され海上渡御となります。
それでは、重量が1トンもある神輿が表参道から下りる風景です。


神輿が下りる40分前に到着、センターをキープ! カメラを2台持って職場に出勤し
明け番でしたが、仙台から東北本線で直行!新駅(塩釜駅)から歩きましたよ。
私は猛暑の中4時間太陽と闘いました。 おかげで顔が真っ黒!

最初はこんな感じで、まばらでしたが、どんどん人が集まってきます。
後の写真と比べて下さい。

さぁ始まりましたよ


まずは、志波彦神社の神輿から下りてきます。


次に鹽竈神社の神輿です。ここで神輿を傾けるのが大変ですね。



子供達も暑いけど、ちょっと楽しそう。


獅子頭が来ると、子供達は大泣きです








二社の神輿が下り始めました。



機動隊の諸君! 事故が無いように頼むよ!


この茶髪の毛は誰のカツラ?


これ、鹽竈桜のマークですね~








何が気になるって・・・・ご祝儀袋~



いざ! マリンゲートへ出発!


    これぞ男ぞ! 





ドーン! カーン!  





丹六園さんの前を通過・・・間も無く休憩です。



おまけ・・・昭和5年の帆手祭
今と違うのは、昔はカメラを持ってる人がいませんが、今は皆持ってます。



次は、マリンゲートからいよいよ神輿を乗せて海上巡行です。
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント (25)   この記事についてブログを書く
« 『神秘十字線』の手相 | トップ | 鹽竈みなと祭/海上編 »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~(*^_^*) (sidu-haha)
2010-07-20 14:47:09
すごい迫力ですねえ~~
昔は牛もいたのですね。

どのショットも活気があって~すごいなあ!!
現場で見ていたら、もっと迫力があったのでしょうね。
ひーさん~すごいですね。
sidu-hahaさんへ (ひー)
2010-07-20 15:00:34
お早いお着きで・・・・
いや~日焼けが酷くて、帰ってから必死に冷やしました。
人の熱気もすごかったけど。
Unknown (ぱせり)
2010-07-20 15:15:00
どうも おひさしブりです☆!
塩釜のお祭り 暑かったんじゃないですか?
お疲れ様でした~!

でも 暑い中でも 写真に写ってるみなさん
楽しそうですね♪

ぽち!
ぱせりさんへ (ひー)
2010-07-20 20:41:36
流石に担ぎ手はバテテましたね。
ただでさへ重いですからね。
これ夜に上まで上げるのですから凄いです。
私はへとへとで帰りましたが・・・
Unknown (はー)
2010-07-20 21:24:21
あの階段を神輿が!凄いです!
いつ頃から続いているのでしょう?
今も担ぎ手が揃うのですね!
まさに これぞ男ぞ! 感動です!
カメラマンの ひーさんも凄い!
これぞ男ぞ!尊敬します~
Unknown (かにちゃん)
2010-07-20 21:35:32
昭和5年の頃は 神事がとても大切にされていたのですね~

それにしても  すごい人出 

獅子頭にかじって貰うと 厄払いになるんですよね 

Unknown (あーさん)
2010-07-20 22:36:08
六角形?の御輿、希有ではないけど、あまり見かけませんねぇ ♪

奥州一宮かぁ
上総一ノ宮の狛さま ぼつぼつ解凍するかな
はーさんへ (ひー)
2010-07-20 23:23:52
あの階段は、見ただけも怖くて下りられないほど。
一歩間違ったら凄いことになってしまいますよね。

大したものですよ。
かにちゃんへ (ひー)
2010-07-20 23:27:34
そうそう・・厄払いしてもらうのに、おかぁさんは子供を突き出すから、あちこちでギャーギャーです。
確かあの獅子頭も古いはずです。
あーさんへ (ひー)
2010-07-20 23:53:08
上総一宮・・・手帳に玉前神社となってますね。
なるほど、あーさんの縄張りだ!

神輿は気にしていませんでしたね~
祭りの時にしか見れませんからね~
勉強不足でした。

コメントを投稿

塩竈の散歩道」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事