ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

常陸国一之宮/鹿島神宮

2019年04月21日 18時10分04秒 | 関東の散歩道
常陸国一之宮/鹿島神宮
鎮座地:茨城県鹿嶋市宮中 2306-1
御祭神:武甕槌大神
由 緒:鹿島神宮御創建の歴史は初代神武天皇の御代にさかのぼります。
神武天皇はその御東征の半ばにおいて思わぬ窮地に陥られましたが、武甕槌大神の「韴霊剣」の神威により救われました。この神恩に感謝された天皇は御即位の年、皇紀元年に大神をこの地に勅祭されたと伝えられています。その後、古くは東国遠征の拠点として重要な祭祀が行われ、やがて奈良、平安の頃には国の守護神として篤く信仰されるようになり、また奉幣使が頻繁に派遣されました。
さらに、20年に一度社殿を建て替える造営遷宮も行われました。そして中世~近世になると、源頼朝、徳川家康など武将の尊崇を集め、武神として仰がれるようになります。

現在の社殿は徳川二代将軍の秀忠により、また奥宮は徳川家康、楼門は水戸初代藩主徳川頼房により奉納されたもので、いずれも重要文化財に指定されています。

鹿島神宮の例祭は毎年9月1日に行われますが、うち6年に一度は天皇陛下の御使である勅使が派遣される勅祭となり、さらにそのうち2回に1回、すなわち12年に一度の午年には、水上の一大祭典である御船祭も斎行されます。  HPより


御船祭
​常陸国風土記に「毎年七月に舟を造りて津宮に奉納する」とあるように、鹿島の神と船との関係は創建時代にまで遡ります。

東路の果てに位置する鹿島はその昔、外海の太平洋と西の内海の中で船団の航行によって栄えた古代東国文化の要衝でした。御船祭は、東海を扼する鹿島に鎮座して関東の開拓鎮撫に当たる鹿島の大神を奉ずる当時の人々の足跡を伝える祭であり、およそ1700年前の応神天皇の御代より伝わる鹿島神宮最大の祭典なのです。



香取神宮のペーにも記載しましたね。






















摂社:高房社  祭神:建葉槌神
鹿島の大神に従い天香々背男を討つ
常陸国二宮、静神社の祭神である。本社参拝の前に詣でるのが古例である。


さざれ石






熱田社(あつたのやしろ)

祭神:素戔嗚命・稲田姫命
古くは七夕社(或いは田畑社)として農業守護の社です。



奥宮












要石




大地震にびくともせぬや松の花  一茶
















ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 一眼レフ、イメージセンサー... | トップ | 摂津国一之宮・住吉大社/す... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (きんごろう)
2019-04-21 21:44:11
鹿島神宮のHPによりますと本殿裏に「鏡石」という石があるようなので、以前に社務所で行き方を尋ねたら「神域なので一般の人にはお見せしていません」と断られたことがありました。そう言われますと余計に見たくなってしまったのですが。

香取神宮もそうですが、境内に奥宮があり祭神がいずれも「荒魂」になっていますね。伊勢神宮の多賀宮や氷川神社の門客人神社みたいな裏神様なのかと妄想してしまいます。
Unknown (ひー)
2019-04-22 15:33:23
きんごろうさんへ
どちらも荒魂ですね。 大きい神社にはよくあるパターンですかね。
本殿の裏は入れなくなってたかな?
どんな形何でしょうね。 見ればフムフム! 
以外と大したこと無かったね!と言われかねないので見せないのかも? 見れない方が価値が高まるかもしれませんね。
東京はもう夏日です (クロンシュタット)
2019-04-23 04:40:06
あまり手を加えていない「樹木のみち」がいいですね。
整備された街路樹には息苦しさを感じてしまいます。
彌彦神社の「万葉のみち」を思い出してしまいました。

井の頭公園も奥まったエリアには、あまり手を加えていない樹木が並んでいます。
樹木の下のベンチに座って小一時間、何も考えずに過ごすのが至福の時です。

連休は休めそうですか?
私は社会人になって最長の連休になりそうです。
たまった家事をこなして、あとはベンチ生活に逃亡します。
クロンシュタットさんへ (ひー)
2019-04-23 12:33:28
ベンチ生活というと・・・・・・・・
夜になるとどこからともなく集まって来るホームレスを思い出します。
地下鉄のコンコースのベンチで仮眠が始まります。
多目的トイレには、ベットがついていますので、彼らにしたら高級ベットでしょう。 新しいトイレは30分で警報が上がるのですが、一度開ければ警報は止まります。 そしてまた利用するのです。 少しは多めに見てますが、3度目は出てもらいます。
弥彦神社もいいですね。 連休はがっちり仕事です。
手当はでますが・・・・・
クロンシュタットさんへ (ひー)
2019-04-23 12:33:39
ベンチ生活というと・・・・・・・・
夜になるとどこからともなく集まって来るホームレスを思い出します。
地下鉄のコンコースのベンチで仮眠が始まります。
多目的トイレには、ベットがついていますので、彼らにしたら高級ベットでしょう。 新しいトイレは30分で警報が上がるのですが、一度開ければ警報は止まります。 そしてまた利用するのです。 少しは多めに見てますが、3度目は出てもらいます。
弥彦神社もいいですね。 連休はがっちり仕事です。
手当はでますが・・・・・
怨霊には武神、乱暴者、仏教。 (綱永井寵生)
2019-05-03 00:44:47
鹿島、そして香取の地主神は阿須波神だとされています。そして阿須波神は志波彦神だとされている。

そう考えると塩釜神社は鹿島神・香取神とで志波彦神を抑え込んでいる様に思われます。

友人の神社もそうですが、塩釜桜は志波彦神を象徴している筈です。
綱永井寵生 (ひー)
2019-05-05 00:45:33
そうなんですね。~
やはりある法則に組み立てられた神社が一宮扱いされるのですかね。

塩竈神社で記なるのは、別宮の存在ですね。

塩竈神社にもどこかに荒魂の奥宮ありませんかね。

コメントを投稿

関東の散歩道」カテゴリの最新記事