ひーさんの散歩道

道には、様々な歴史や文化が息づいている。
歴史に触れ風景に感動し忘れていた何かを探したい。

堰上明神社(人柱を立て明神として祀った)/大和町

2018年07月20日 16時28分37秒 | 宮城の散歩道(仙台を除く)
堰上明神社(せきがみみょうじんしゃ)

黒川郡大和町にあります。

大和町には吉岡地区があり最近では「殿利息でござる」の映画がありました。 あれは実話ですね。

その前にも映画がこの地で撮影されました。島田飴まつり/吉岡八幡神社 この記事の最後に触れています。

タイトルは「独眼龍花嫁道中」といいます。 ちょっと脱線しましたね。本題に戻ります。

先日の鶴ヶ峰八幡宮の帰り道畑の中に小さな社を見つけました。

立ち寄らないと後悔すると思い、車をバックさせ覗いてきました。

説明版を読みチョット驚きましたが、江戸時代にはよくある話しです。

橋姫明神と広瀬橋(永町橋)と仙台市電この記事も人柱になった娘の話しです。

お城も建築などの無事を祈って人柱を行ったと聞きます。

しかし、惨いものだと、可哀想になってきます。

向かって右側の説明板です。


由 緒
堰神明神社(堰上明神社の間違いかも) その由緒について、安永三年九月(1774)風土記御用書上の資料として肝入
常吉が古老の云い伝えを記録した所をもって社祀の由緒とする。

川野上

一、堰上明神社(長四尺・横三尺)地主 川野上屋敷九助
  別当妙覚院 祭日 三月廾日、八月廾日

一、右明神の儀、往古堰下し申し所に堰これ有り候所、首の様に度々押切られる仕末に付いて人柱を立てゝより
  久しく別条なかった。 ところがある時大水があって一切押し流されて此所之上ったので年寄等が云ふには
  人柱を立て明神として祀って来たと云われているから流れ付いた此の地を卜し社を建立して堰神明神として祭った。



堰上明神
吉田村吉田清水に堰上明神 社殿東向?
云ふ往古関下に用水堰あり 大水必ず決壊す
議して人柱を立つ、後久しく患いなし
曾て洪水あり堰潰れて人骨岸に上がる
古老曰く
 人柱の骨なり 以って社を祭るべしと
乃ち一を建て之を賽す
称して 堰上明神と云ふ
             黒川郡誌より

旧六ヶ村(今村、高田村、舞野村、蒜袋村、大衡村、吉田村)が
吉田川より取水する大堰の築堤は伊達宗清の吉岡築城に伴う新田開発の時代と考察されている。
 現在地に設けられる以前は下流の吉田子籠釣に旧堰があったとされ 今も関の上、関の下、
関下川原の地名が残っている。
 当時は人力による築堤だったことから大水の度に決壊にさらされるなど想像を絶する労苦が伴ったに
違いない。
後に永い年月をかけ隧道を掘り寛永年間、現在地に堰を移したとされ往時、新田開発と堰や水路
づくりを通じ米づくりにかけた祖先の尊い知恵と努力の上に現在の恵まれた利水環境と豊穣の実りが
あることを忘れてはならない。

平成二十年清水地区民と大堰組合の協力のもと境内整備と社殿さや堂を建設した。
   その落成に寄せて      清水公民館




つまり、昔、洪水で用水堰が壊れた時に川岸に人骨が上がった。
人々はこれを堰の決壊対策のために立てた人柱のものと考え、ここに社を建てて祀ったと伝えている。













地図の左上(北西)の方に関下・関上・関下川原などの地名が見える





ジャンル:
神社仏閣
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 鶴ヶ峯八幡宮 / 黒川郡大和町 | トップ | トンボ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
平城のお堀。 (綱永井寵生)
2018-08-08 00:48:46
私の父方の実家は割と「いわき駅」に近く、その裏に旧平城のお堀だった丹後沢があります。一時は釣堀だった時もあります。私もザリガニを捕まえたものでした。

この丹後沢も丹後と言う95歳の老人が人柱になり、堀の決壊を防いだとの話が伝わっています。

平城は幕末の戦争で消失しましたが、10万石としてはかなりの規模のお城だったようです。
綱永井寵生さんへ (ひー)
2018-08-09 12:03:21
全国には、こんな話が沢山あるんでしょうね。
生け贄の文化はアンデスにもあったようですね。そうだ、早く行かないと、仙台市博物館。

コメントを投稿

宮城の散歩道(仙台を除く)」カテゴリの最新記事