Movies!!

映画感想ブログです。3周年を迎えました♪
相変わらず、日本映画と香港映画が好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DEATH NOTE デスノート(前編)(試写会)

2006-06-10 19:15:35 | 映画(た行)
藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、鹿賀丈史、藤村俊二出演。金子修介監督作品。

公式サイト

名門・東応大学で法律を学ぶエリート大学生、夜神月(藤原竜也)。将来を嘱望される彼ではあったが、法による正義に限界を感じ、激しい無力感に襲われていた。そんな時、彼は黒い表紙に『DEATH NOTE』と書かれた一冊のノートを目にする。そこには、“このノートに名前を書かれた人間は死ぬ”の一文が。ためしに誘拐殺人犯の名前を書き込んでみると、翌日の新聞にはその男の獄中死が報じられていた。ノートが本物と悟った月は、自らの手で犯罪者を裁くことを決意するのだった。やがて連続する犯罪者の不審死が事件として表面化し、ついにインターポールが警察庁に送り込んだ天才“L”(松山ケンイチ)が事件解決に乗り出す。(allcinema onlineより)

この映画、見たかったんです~。同じ日に友達が「カサノバ」の試写会を当てていて、「カサノバ」も凄く見たかったんだけど、「デスノート」観たさには勝てませんでした(苦笑)。
原作は未読です。でもいつか読んでみたい。設定がとても面白いですよね。『ノートに書かれた人は死ぬ』という。
映画は面白かったです。期待通りでした。
見始めてすぐに構成がいいなと思いました。原作未読ではありますが、主役の月(らいと)がデスノートを拾って、名前を書いて、犯罪者を殺していく、という事は知っていました。おそらくそういう人が多いのではないでしょうか。
冒頭は、月がデスノートを拾った描写ではなく、ノートに名前が書かれるカットと次々と犯罪者が死んで行くシーンで、すぐに引き込まれました。
原作もスピーディーな展開のようですが、映画はもっとスピーディーでしたね。
あんなに早くに月が疑われ、尾行され、部屋に隠しカメラと盗聴器というのは、さすがに苦笑しましたが、時間の問題もあるので、仕方がないですね。
あっと驚く展開と、ニヤリとしてしまう手法など、見ていてワクワクしました。原作未読だったので、余計に楽しめたかもしれません。後編の10月までに原作を読みたい衝動に駆られますが、我慢した方がいいかも。ただ映画はオリジナルの展開と結末になるようなので、後編、息切れしてしまう、もしくは納得のいかない結末にならないように祈るばかりです。

藤原くんは、今まで観た映画で特に演技の上手い下手を意識した事はないのですが、今回の演技はなかなか良かったと思います。特に死神のリュークに「あんた悪魔だ」とか「死神以上に死神だな」と言われているシーン。画面には藤原くんの顔は半分しか映っておらず、暗いシーンですが、あのシーンいいですね!演技というか、撮り方が上手いのかもしれませんが(笑)。
演技は特に文句なしですが、直筆だという、あの汚い字はもうちょっとなんとかした方がいいかと(苦笑)。
松山ケンイチくんは、「男たちの大和」での好演が記憶に新しいです。あれ、彼が主役みたいなもんでしたからね。今回もなかなかでした。個性的なキャラで、メイクで目の下、真っ黒で、雰囲気が出てましたね。原作のLに似てるとか?後編での月とLの対決が楽しみです。
香椎由宇ちゃん演じる詩織は原作にはないそうです。月のキャラを際立たせるために作ったキャラクターだそうですが、まぁちょっとウザイ感じもしましたが、詩織がいたために、より一層驚く展開になってたので、私的にはOKでしたね。
リュークがオールCGという事で、違和感あるかな~と思いましたが、そうでもありませんでした。あまり違和感がないのも微妙ですよね。相手は死神なわけですから。CGの出来うんぬんについては、まぁ日本ではあんなもんでしょう。藤原くんは、リュークとのシーンが多かったので、演技大変だったでしょうね。

十分、満足したのですが、しいて言えば、美術館でのナオミと詩織と月のシーンを、あとでタラタラ説明しなくても良かったんじゃないかなと思いました。観てれば分かると思うので。

今回の試写会は高校生も多く、全体的に年齢層が若かった気がします。そのせいもあるのか、映画が終わった瞬間に「おおー!」という感嘆が上がり、エンドロール中、ザワザワどころの騒ぎじゃなくて、みんなが口々にしゃべってました。あんなエンドロール初めて(笑)。でもなぜか全然嫌な気持ちがしませんでした。そういえば映画が始まる前の予告で「スーパーマン リターンズ」をやっていて、スーパーマンの瞳に至近距離から撃たれたピストルの弾が当たり、それを跳ね返すシーンがあったのですが、そのシーンにも会場が湧いてました。すでに3回くらいこの予告を観たのですが、会場が湧くのは初めて見た(笑)。もしかして「スーパーマン」を観た事ない(もしくは知らない)世代か?(爆)

コメント (11)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
« 「映画バトン」その2 | トップ | 樹の海 »
最新の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かに字は汚かったですね(笑) (こーいち)
2006-06-11 01:20:49
こんばんは。

ご覧になったのですね♪

原作未読の方がストーリーは楽しめますよね。

詩織がオリジナルキャラだったのであのシーンは僕もドキドキでしたよ。

ほんと結末どうなるんでしょうね~。

コミックもまだ最終巻が出ていないので

僕も結末がわからないんですよ。

映画の結末は原作と変わるんでしょうけど、

最終巻を見ずに待っていようか悩み中です。。

すごく後編が楽しみですね☆
Unknown (teira)
2006-06-11 11:26:37
お久しぶりです。

原作を読んでるので、映画で違和感を感じないか心配なんですが(特に香椎由宇ちゃん)

月役は藤原竜也君で正解だと思います。

でも、そんなに盛り上がっていたんなら、けっこう原作ファンにも好評かもしれませんね!
>こーいちさん (hi-chan)
2006-06-12 11:18:38
最終巻が出ていないという事は、ストーリーは完結してるんですね?

私はもったいないので、原作は後編の映画の後に読もうと思います。

>teiraさん (hi-chan)
2006-06-12 11:22:20
香椎由宇ちゃん、そうですねぇ・・・多少違和感があったとしても、ラストに向かってのドキドキはあると思うので、お楽しみに。

映画終わった後、盛り上がってはいたのですが、みんなが面白かったと思ったかどうかは分かりません(笑)。

私の後ろのいた男性二人は原作を読んでいるようで、始まる直前まで、ベラベラしゃべっていて、上映中に解説するなよ~~と心の中で祈ってました(笑)。

始まる前まで結構ザワザワしていた割に上映中はシーンとして観ていた人が多かったので、良かったです。(多少、ビニールをガサガサやってた人がいましたが・苦笑)
ほぉ~! (かっちゃん)
2006-06-19 20:56:13
やっぱり、見たくなった~!!

職場の近くの駅にでっかく藤原君の

顔で前編のと後編のと予告ポスター

が貼ってあって、前を通る度に『見

たいな~』と思ってます(苦笑)

ここを読んだらもっと見たくなった~!

調べて見に行こうと思います♪
>かっちゃん (hi-chan)
2006-06-20 13:47:06
面白かったよ。今、私の中で一番オススメかも。

昨日、同僚ともこの映画の話ししてて、面白かったよねと言ってたとこだった。

かっちゃんもぜひ見てきて、感想聞かせてね。



後編が待ち遠しいな~~~
オッサンは・・・ (はっち)
2006-06-21 20:48:21
TBどうもでした~♪

大阪の映画館も、年齢層低かったですね~♪今まで観に行ってた映画とは、全く違う観客層でした。みんな3人で観に行ってるんかな?(爆)←高校生友情割引!?
>はっちさん (hi-chan)
2006-06-22 13:26:57
こんにちは。

観客の年齢層が低いのは、ジャンプに連載されていた漫画が原作だからかなという気がしましたが、それにしても、わいわいがやがやという雰囲気でした(笑)。

それはそれで楽しかったですけどね。



高校生友情割引って、有効に使われているんでしょうか。

高校生が見るような映画に、あまり観に行かないのと、夜、劇場に見に行く事が多いからか、普段はあまり見かけないですけどね~
Unknown (きいこ)
2006-06-29 16:15:40
原作は知らないし、ここに来てなかったら興味持たなかったかも。読んだら、凄く見たくなって(笑)

面白かったです!ストーリーも、さすが漫画が原作だけあって、発想が凄いなって思いました。凶悪犯が次々死んでいくのは、正直気分良かった(笑)もっとやれ!なんて、はまってしまいましたね。月とLの天才対決もドキドキしたし。

藤原君って、若手では結構演技派だと思っている私ですが、その藤原君とCGのリュークのやり取りも面白くて(笑)Lが甘いものばっかり食べてるっていうのは、原作通りなんでしょうかね?

後編も楽しみです。
>きいこさん (hi-chan)
2006-06-30 10:33:57
面白かったですか!結構評判いいですね。先週末も興行成績(観客動員数かな?)1位だったみたいだし。

後編が楽しみです。

Lが甘い物というかお菓子を食べてばかりいるのは、原作通りみたいですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(た行)」カテゴリの最新記事

26 トラックバック

『DEATH NOTE デスノート 前編』 (アンディの日記 シネマ版)
緊迫度[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]    2006/06/17公開   (公式サイト) CG度 [:結晶:][:結晶:][:結晶:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】金子修介 【脚本】大石哲也 【原作】大 ...
映画:DEATH NOTEデスノート前編 試写会 (駒吉の日記)
DEATH NOTEデスノート前編 試写会@よみうりホール 「人間って面白れぇ~」 この前に「正義を唱えながら、『殺す』か」というようなカンジの台詞が入ってました。 原作は結構前に読んだのですが、ジャンプとは思えないくらい字が多いなあ~、このテーマは ...
デスノート /DEATH NOTE ☆前編☆ (我想一個人映画美的女人blog)
先行オールナイトに行ってしまった~{/face_warai/} 少年ジャンプのコミックにハマってしまったのはこれが最初で最後{/face_nika/} 以前も書いたことだけど、こんなに面白いとは{/kirakira/}と。。。 (ジャンプの連載じゃなく単行本で読んでます☆)  コミック ...
映画「DEATH NOTE デスノート」前編 (いもロックフェスティバル)
映画『DEATH NOTE デスノート』の試写会に行った。 ものすごく興味深く
DEATH NOTE/デスノート (夢見る小悪魔)
デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。公式サイトはコチラデス・ノート ◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆死神が人間界に落とした一冊のノート【DEATH NOTE】拾い上げたのは退屈な日々に身を持て余す、頭 ...
映画vol.65『デスノート』*試写会 (Cold in Summer)
『デスノート』(2006年公開)*試写会 監督: 出演:藤原竜也 瀬戸朝香 映画「デスノート」公式HP 漫画デスノート公式HP 06.06.05 福岡市営地下鉄で撮影されたとの事で、注目の作品です。 「ノートに名前を書かれた人物 ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (色即是空日記+α)
累計1500万部突破の大人気コミックの映画化。 もちろん!!コミックのほうでも読んでるファンでありますw 若干、原作とは違った展開するんですが、面白いっっ 原作を知らなくても楽しめる、引き込まれちゃうと思います!
デスノート 前編 試写会 (つぶあんのmy favorite things ★★★★★)
デスノート 前編 試写会 @よみうりホール 2006.6.9 前日の舞台挨拶付きの試写会はハズレたけど 観たかった「デスノート 前編」の試写会行きました! 会場は満席。 いつもの試写会より若干若い子が目立ったかも。 いやぁ今回の観客は異様なテンショ ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (まぁず、なにやってんだか)
近所の映画館の招待券が当たったので、昨日に引き続き一人で映画を観てきました。 今日は「DEATH NOTE デスノート 前編」です。 小学生から高校生に混じっての鑑賞です(ちょっと居心地が悪い)。私の座った列には私の隣に高校生くらいの男の子が一 ...
【デスノート 前編】 (空の「一期一会」)
*ネタバレしてます。* ★面白かったぁ~♪映画化の話を聞いた時から、不安は沢山
DEATH NOTE デスノート 前編 (映画鑑賞★日記・・・)
『DEATH NOTE』公開:2006/06/17(06/17)監督:金子修介原作:大場つぐみ    『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)     小畑健 (作画)出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史 ...
「デスノート 前編」74点。 (mountain77 D.Reverse side)
「デスノート」hp 矛盾ばかりの世の中で、デスノートを手にした天才少年は正義のヒーローか。 映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック SOUND of DEATH NOTE 原作が漫画ということで、トリッキーな演出は見られず、場面の状況や人間の台詞を的確 ...
DEATH NOTE /デスノート(前編) (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/満島ひかり/五大路子/津川雅彦/藤村俊二/鹿賀丈史/原作:大場つぐみ/小畑 健/脚本:大石哲也/監督:金子修介/作品『DEATH NOTE/デスノート(前編)』を観ました。 ●感想  ・原作 ...
■DEATH NOTE/デスノート (前編) (ルーピーQの活動日記)
そのノートは人の死を操ることのできる“死のノート”だった。退屈な死神・リュークが人間界にノートを落とし、エリート大学生・夜神月(藤原竜也)が「デスノート」を手にした時から運命の歯車は回り始める。「デスノート」によって犯罪者たちを次々と裁いてい ...
デス・ノート 2006-33 (観たよ~ん~)
「デス・ノート」を観てきました~♪ 大学生の夜神月【ヤガミ・ライト】(藤原竜也)は、或る日1冊のノート”デス・ノート”を拾う。デス・ノートには「このノートに名前を書かれた者は死ぬ」と書かれてあった。面白半分にテレビに映った凶悪犯の名を書き込んだ ...
デスノート前編 (勝弘ブログ)
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/最寄りの映画館で鑑賞。#というかMOVIXさいたま停電トラブルのでの招待券で。ご存じ週刊少年ジャンプで好評連載されたデスノートの実写化(前編)この原作を2時間映画で表現しよう
【劇場鑑賞64】DEATH NOTE デスノート 前編(DEATH NOTE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ルール このノートに名前を書かれた人間は・・・ 死ぬ。 ルール 死因を書かなければすべてが心臓麻痺となる ルール 書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない 退屈な死神がノートを落とし 退屈な天才がノートを拾った ...
★「DEATH NOTE デスノート 前編」 (ひらりん的映画ブログ)
「ジャンプ」の連載コミックの実写映画化作品。 「ジャンプ」いや、漫画本なんて、ここウン十年買ってないひらりん。 まぁ、話題作なので観てみる事に・・・。
あなたのお名前なんてーの?【DEATH NOTE前編】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」 退屈な死神が人間界に落とした一冊のノ
「DEATH NOTE デスノート」 で糖尿病になりそう!! (森についてもっと知りたい)
原作読まないで 映画「DEATH NOTE デスノート 前編」を観てきました! 面白かったよ~。 今回行って、初めて気が付いたのですが、 これって「前編」に過ぎないのね。 短くまとめられなくて、よかった、 というのが見て思った正直な気持ち。 キルビル ...
デスノート (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作がコミックということは知っているが、まだそれは読んでいない。映画を観れば判わかるが、原作はあと回しにしたほうが良いだろう。 そうしないと、ハラハラドキドキはもちろんのこと、綿密に用意されたデスバトルと、どんでん返しの連続技を十分に ...
DEATH NOTE(前編) (Yuhiの読書日記+α)
 ついこの間公開されていたと思ったら、もうテレビ化!とびっくりしたのですが、これって前編だったんですねー。明日から後編が公開されるので、前編を見ていない層も取り込もうという策略なんですね(^^ゞ  マンガ版は周りの人から、「すごく面白い!」という評 ...
『DEATHNOTE 前編』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(ライト=藤原竜也)は犯罪者のいない理想の世界にする為に、世界中の犯罪者を次々に殺害していき、いつしかキラと呼ばれるようになる。やがて、どんな何事件も解決する謎の探偵 ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (スーパーヅカン)
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(藤原竜也)は、興味本位で他人の名前をノートに書き込んでしまう。その名前の人間の死を目の当たりにし、最初は恐怖を覚えた月だったが、やがて理想的な世の中を作るべく凶悪犯たちの名 ...
【邦画】DEATH NOTE デスノート 前編 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出4/脚本4/撮影2/音響3/音楽3/美術2/衣装3/配役3/魅力4/テンポ4/合計35) 『評論』 一応
DEATH NOTE入荷しました。 (好き好き大好き!)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ デスノート入荷しましたので ご希望の方はコメント欄に フルネームご記入お願いします。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ...