Movies!!

映画感想ブログです。3周年を迎えました♪
相変わらず、日本映画と香港映画が好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

楽園の瑕

2005-07-04 15:21:06 | 映画(ら行)
レスリー・チャン、レオン・カーフェイ、ブリジット・リン、トニー・レオン、マギー・チャン出演。ウォン・カーウァイ監督作品。94年。

砂漠の宿屋で“西毒”こと陽峰は、殺し屋の元締めを営んでいる。彼が剣のために捨てた女は、兄の妻となっていた。そして、親友の“東邪”薬師がやって来る。薬師はそのあと桃花林へ向かい、親友の妻、桃花に出会う。その親友は薬師によって妻との仲を裂かれ、行方不明になっていた……。「恋する惑星」「天使の涙」で若者に熱狂的な支持を受けたウォン・カーウァイが、剣士たちの生き様を描いた作品。(ヤフーレビューより)

ヤフーレビューを読むと、このレビューの通りに話が進むと思われますが、違います(笑)。
難解な作品として、賛否両論(ウォン監督作品はいつも賛否両論のような気がするけど)だったそうです。
確かに人物関係がやや複雑。でもそれが面白いと思うんですけど・・・
「恋する惑星」と同時期に撮ったけれど、後発した「恋する惑星」の方が先に編集も出来上がったらしいですね。そりゃ「恋する惑星」の方がストーリーが単純。
私は「恋する惑星」の後にこの作品を観ましたが、どっちが好きかと言われると、答えに窮するくらい、この映画が好きです。

私は確かにトニーのファンですが、トニーのかっこよさ云々よりも、それぞれの登場人物が皆、とても魅力的でした。
そして何より映像が美しい・・・広大な砂漠、アクションシーン、男女の絡みのシーン。

西毒と呼ばれるオウ(レスリー)は、砂漠で殺しの仲介屋をしています。
西毒の友人で東邪と呼ばれる剣士ウォー(レオン・カーフェイ)、殺しの依頼をするインとウォーを愛するエン(ブリジット・リン)の兄妹、ラバと卵を持ち、弟の仇討ちの為に殺しを依頼する女(チャーリー・ヤン)、故郷の桃の花を見たいと願う盲目の剣士(トニ-・レオン)、自信家の若い剣士ホンツァイ(ジャッキー・チュン)、オウが愛しているオウの兄嫁(マギー・チャン)、盲目の剣士の故郷にいる剣士の妻(カリーナ・ラウ)。
これらの登場人物が複雑に絡み合います。

それぞれが愛に生き、翻弄される様が描かれ、そのせつなさが胸を打ちます。
ブリジット・リンの演技が素晴らしかった。妖艶でいて、切なく、特に鳥かごのシーンでは、光と影の中に映し出されるレスリーとブリジットが美しいです。

トニーは盲目の剣士で、妻を愛していますが、妻は親友を愛してしまう。妻の元を去るものの、完全に失明してしまう前に故郷の桃の花を見たいと願い、失明寸前の状態で馬賊(それも凄い人数)と闘います。
素晴らしいアクションでした。相変わらず目にも力がこもっていたし、闘うシーンの気迫に圧倒されました。

飲むと過去の記憶を忘れるという酒の小道具がまた効いていました。
ウォン監督は、記憶というものにこだわりがあるようですね。
「2046」でも記憶はキーワードになっていたと思います。
この映画もモノローグが多いですが、印象的だったのは、やはり記憶に関するものですね。
『何かを忘れようとすればするほど、心に残るものだ。何かを捨てなければならない時は、心に刻みつけよ』(こんな感じだったと思う)
そして、音楽も素晴らしかった。映画を盛り上げていました。サントラって今でもあるかな・・・

この映画のレビューはmicchiiさんの「愛すべき映画たち」でも紹介されています。
私の書いてるような自己陶酔系のレビュー(笑)よりも、分かりやすく書かれています。
きっとこの映画が観たくなります。
micchiiさんのブログは私のお薦めのブログの一つです。
他にも映画への愛に溢れたレビューがたくさんありますので、見てみて下さい。
micchiiさんのレビュー「HERO」でジーンときて、「ザ・ミッション」でうるうるし、「インファナル・アフェア」では涙が出ました(苦笑)。
観た映画を思い出させ、登場人物の熱い想いを蘇らせ、再び感動させてくれる、そんなレビューです。
コメント (8)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 春夏秋冬そして春 | トップ | 星になった少年(試写会) »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TB&コメントありがとうございます (micchii)
2005-07-06 12:39:23
紹介していただいたのは嬉しいですが、どう考えても褒めすぎです(笑)

その紹介文を見て期待して観に来てくれる方がいるかと思うと、これから怖くて感想書けません^^;



『楽園の瑕』、『恋する惑星』が万人受けするのに対し、賛否が激しく分かれる映画ですよね。



でも、自分はたまらなく好きです。

ただ、「本当の所は、なぜこんなに惹かれるのか、よく分かりません・・・」というのは非情によくわかります。

自分でもなぜ好きかと聞かれると返事に困ります。



映画を観る時にストーリーを重視したり、いろいろと“解釈”しようとする人はきっとこの映画はダメなんでしょうけど、自分はストーリーの優先順位は低いので(あえて一つ挙げると一番重視するのは映画の中に流れる空気でしょうか。あと、故淀川長治氏の「映画を頭で見たらつまらないね。もっと感覚的に見てほしい」を座右の言にしています)、そういう自分にとってはこの映画はツボでした。



リンクの件、大歓迎です!!

こちらも早速登録させていただきました。

今後ともよろしくお願いします。
こんにちは。 (hi-chan)
2005-07-06 13:34:51
>どう考えても褒めすぎです(笑)

そんなことないですよー?私が思ったままを書かせて頂きましたので。

でも、もしプレッシャーになってしまったのだとしたら、すみません(笑)。

たま~に素晴らしいレビューを書いているブログを見つける事があるのですが、その中でもmicchiiさんのブログはピカイチです。(また誉めてしまった・笑)

たぶん、映画を観る視点や感覚が、私と合うのかもしれませんね。



>映画の中に流れる空気

分かりますぅ~~。それですよね、それ。

私は物事を感覚でとらえる傾向があるので(映画に限らず)、余計にこういう"空気"に敏感なのかもしれません。大きいスクリーンで観たかった・・・どこかでやってくれないかな~・・・

リンクの件、こちらこそ、ありがとうございます。

それでは早速、ブックマークに入れさせて頂きます!
コメントありがとうございます (micchii)
2005-07-08 12:33:00
ブックマークして頂いてありがとうございました。  

ランキングのクリックは自分もあまりしません(笑)

やっぱりどう考えても褒めすぎだと思いますが、「映画の中に流れる空気」という表現に大きく頷いていただけたということは、映画に対する接し方がきっと近いんでしょうね^^

『インファナル・アフェア』や『HERO』など、中にはそれなりに深く書いている感想もありますが、大半はかる~く書いていますので、あまり期待せずに楽しんでいただけたらと思います(笑)
やっぱり (hi-chan)
2005-07-08 19:22:39
思い入れのある映画には、それなりに深く感想を書いているんですねー。たまたま私がそういうのを読んだのでしょうか?いや、そんな事ないですよーきっと(笑)



「インファナル・アフェア」は今でこそ、大好きな映画ですが、最初観た時の感想は、今読むと冴えない感想書いてるな~(苦笑)と思ったりします。

まぁ、それはそれでアリかな…と。

micchiiさんの記事もまだ読んでいないのがあるので、また寄らせて頂きますね。
TB&コメントありがとうございます! (zoecchi)
2005-08-18 17:45:52
私のつたない映画レビューにTBしただいてありがとうございます。

hi-chanさんのこの作品のレビュー読ませていただきました。この作品の思い入れの深さが伝わってきます。

そして「愛すべき映画たち」のmicchiiさんの映画レビューもここからジャンプして見に行っちゃいました。私もmicchiiさんの書く映画レビューにはいつも感動させられます。こんな風に映画の感想が書けたらなぁって思います。私はまだまだですね。



トニー・レオンINDEX作ったんですね。私は彼の作品をまだ半分ぐらいしか観れてないので、参考にさせていただきます。



こちらからもTBさせていただきますね。
こんにちは。 (hi-chan)
2005-08-19 10:03:59
zoecchiさんのブログにお邪魔しようと思っていて、なかなか読ませて頂く時間がなかったのですが、昨日やっとゆっくり見させて頂きました(^-^)

私が観ている作品とダブっているのが、他にもあったのですが、とにかくこの映画が大好きなので、TBさせて頂きました。

micchiiさんのブログ、いいですよね~~~

なんて、ここでまた誉めていると、プレッシャーになるかもしれませんが(笑)。

気に入った作品でも、なかなかあそこまでのレビューは書けません。映画をはっきりを思い出すことのできるレビューって凄いですよね。私は感動が蘇って、涙ぐみましたから(笑)。



トニーのINDEXぜひ、参考にして下さい。ネタばれに気をつけて(苦笑)。
楽園の瑕 (フェイユイ)
2006-01-04 18:07:32
そうなんですよね。なかなか評価の分かれる作品と言う事で実際興行的には成功しなかったみたいですが。大好きになった作品をこうして好きになっている方々がいると知るのはうれしいことですね。

その後私は金庸ドラマにはまってしまったので、もともとこういう世界が好きだったのですね(笑)

老人として登場してくる人物達の青春時代(?)をこうも鮮やかに描けるとは、やはり王家衛、恐るべし。
>フェイユイさん (hi-chan)
2006-01-05 11:20:52
コメント&TBありがとうございます。

そうですか。やはり興行的には成功しなかったんですね(笑)

私もまさかここまでこの映画を好きになるとは思ってもみなかったので、ドラマ、気になりますねぇ・・・機会があれば、観てみたいです。大変そうですけど(苦笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(ら行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

楽園の瑕 (愛すべき映画たち)
東邪西毒/ASHES OF TIME(1994/香港)【監督】ウォン・カーウァイ【出演】レスリー・チャン/レオン・カーファイ/トニー・レオン瑕はきずであって暇ではありません、念のため。とにかくすごい!その一言です。はっきり言ってよくわかりません。しかし、この映画に関しては細
「楽園の瑕」 (亜細亜的空間)
楽園の瑕 「東邪西毒」 1994年 香港 監督 ウォン・カーウァイ またもやウォン・カーウァイワールドに引き込まれました(^^) 彼の作品は不思議です。とにかく深い。一度観ただけではすべてを 理解できません。 だから何度も観たくなります。そのたびに新たな発見が.
楽園の瑕 (かたすみの映画小屋)
実はこのblog、王晶(バリー・ウォン)監督作品は多く紹介していても、王家衛(ウォン・カーウァイ)監督作品はまだ皆無だったりしています(笑)。ということで『楽園の瑕』です。金庸の『射雕英雄伝』の登場人物、欧陽克の叔父貴の西毒・欧陽峰と阿蓉のパパの東邪・黄薬
楽園の瑕 (シネクリシェ)
 さすがに一ぺん観ただけではわけがわかりませんでした。人物関係……特に夫婦関係が一度では頭に入らず、入替制でないのをいいことに2度観ました。
「楽園の瑕(東邪西毒)」ウォン・カーウァイ (藍空)
夢中で愛した映画を今やっとここに記すことになりました。 ウォン・カーウァイによるレスリー・チャン演じる「不毛の愛」3部作の2作目。ずっと中文字幕でのみ観ていてもその時間がとまったかのようなまたは過去と未来を行き来するようなそして美しい世界に浸りきったの.