Movies!!

映画感想ブログです。3周年を迎えました♪
相変わらず、日本映画と香港映画が好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

遠い空の向こうに

2006-04-13 10:28:46 | 映画(た行)
ジェイク・ギレンホール、クリス・クーパー、ローラ・ダーン、クリス・オーウェン出演。ジョー・ジョンストン監督作品。

1957年10月5日。ウェスト・ヴァージニア州の炭鉱町コールウッド。米国民にショックを与えたこの夜、ソ連の人工衛星スプートニクを見た高校生ホーマー(ジェイク・ギレンホール)は自分でロケットを打ち上げようという夢を抱く。(goo映画より)

「ブロークバック・マウンテン」に主演したジェイク・ギレンホール繋がりで観てみようと思った作品です。あら、びっくり。こんな名作が埋もれていたなんて。私が知らなかっただけですかね(汗)。
99年の映画なので、撮影当時、ジェイクは18歳くらいで、等身大の役を演じたことになります。もちろん今に比べても若く、高校生らしい初々しさがあります。可愛いです(笑)。1957年に打ち上げられたスプートニクを見て、「ロケットを作りたい」と夢を持ち、それを実現させていく青春ドラマでした。
ホーマー(ジェイク・ギレンホール)は、炭鉱夫の父ジョン(クリス・クーパー)と母、フットボール選手の兄と暮らしています。ジョンは兄を誇りに思い、ホーマーには炭鉱夫になることを強制し、ホーマーはロケット作りの夢を諦められず反発します。
父と子の対立をとても上手く描いていました。
この映画で何が一番良かったかといえば、ジェイクですね。「ロケットを作りたい」といい始めた時から、ガラリと表情が変わり、ロケットの話や作っている時などの表情がとてもイキイキ、そしてキラキラしているのです。誰にでも一つや二つ、夢があると思います。もしくは昔、夢を持っていたと思います。この映画を観ていると、それを実現させようと必死になる時の、あの情熱を思い出します。
仲間と共に、何度も作っては失敗し、鉄が必要となれば、廃線になった線路のレールを盗んできちゃったりして、ああもう高校生くらいの頃ってこういう無茶な事するよな~~と観ていて、とても微笑ましいです。彼らの情熱を受けて、街の人々もロケット打ち上げの実験を見に来るようになったり、作る手伝いをしてくれたり。
女性教師のミス・ライリーは、ホーマーの才能を信じ、最初から応援してくれ、彼らを目の敵にしている校長から守ってくれます。
父のジョンは、そんなことにうつつを抜かしている息子と対立はするものの、炭鉱仲間には信頼も厚く、自分の身を呈して、仲間を救う事もしばしば。
校長も途中から味方になるなど、基本的に皆いい人ばかりです。
ジョン役のクリス・クーバーは最近よく観る人だなぁと思ったら「シリアナ」「ジャーヘッド」「ボーン・アイデンティティ」「ボーン・スプレマシー」などで観ていました。さすがベテランという演技でしたね。
主人公のホーマーの自伝が原作の映画だそうです。現在、ホーマー・H・ヒックス氏はNASAで働いているとか。

最近、「ブロークバック・マウンテン」などでジェイクに注目している人には特にオススメ。夢、父と子の対立、青春などのキーワードにピンと来る人にもオススメ(笑)。

コメント (4)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« LIMIT OF LOVE 海猿(試写会) | トップ | 「デュエリスト」 ジャパン... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
びっくり!!!!! (micchii)
2006-04-13 12:01:56
ついさっき『ヴェラ・ドレイク』へのレスで『遠い空の向こうに』に触れたばかりで、こちらに伺ったらUPされていたので思わず飛び上がりました(笑)



この映画、流した涙の量生涯ベストに君臨する映画です。

これが実話というところが凄いですよね。役者では、クリス・クーパーが最高でした。
父親の姿に感動 (ボールドウィン拓哉)
2006-04-13 14:46:49
 これは当時口コミで感動が伝えられまして、日比谷の映画館は満員。すすり泣く声が会場内に広まっていました(少数は花粉症でしょうけど)。プログラムも売り切れ寸前だったんですよ。

 父親の不器用な愛情もいいですよね。そういった意味では「リトル・ダンサー」に近いかもしれません。原作は確か「ロケットボーイズ」とかいうタイトルだったような。おすすめですよ。
>micchiiさん (hi-chan)
2006-04-14 11:41:06
micchiiさんの所にも書かせて頂きましたが、私も身を乗り出すくらいびっくりしました(笑)。



「流した涙の量生涯ベストに君臨する映画」ですか。凄いですね~

私はどの映画かな・・・やっぱり「いまを生きる」かな。泣きながらしゃっくりをあげる映画ってあんまりないしなぁ(^^;

あと、この間TVでやっていた「ターミネーター2」は劇場で観た時、ラスト、涙でスクリーンが見えませんでしたねー。

TV放映は出かけていて、最初から観れなかったのですが、ラスト観たら、また泣いてしまいました(苦笑)。
>ボールドウィン拓哉さん (hi-chan)
2006-04-14 11:44:48
コメントありがとうございます。

口コミで映画館が満員だったんですか!劇場で観たかったな~

なんかいいですね、そういうの。

「リトルダンサー」は未見ですが、micchiiさんの所でもタイトル見かけたし、良さそうですね。

今度観てみます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(た行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

3 トラックバック

『遠い空の向こうに』 (愛すべき映画たち)
October Sky(1999/アメリカ) 【監督】ジョー・ジョンストン 【出演】ジェイク・ギレンホール/クリス・クーパー/ローラ・ダーン 今回は、自分にとって泣ける映画のトップに君臨する作品で
遠い空の向こうに ~ 勉強というより「企み」に近い感じ ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 勉強というより「企み」に近い感じ ~ 炭坑の村に育った4人の少年達が、ロシアのロケット打ち上げに感動し、自分達でもロケットを作りたいという夢をかなえようとする青春ドラマ。 炭坑夫を継がせたい父親や周囲の無理解と、あらゆる困難を乗り越え、遂 ...
「遠い空の向こうに」 さわやかな後味の少年の成長ドラマ (はらやんの映画徒然草)
会社の後輩のお薦めで観賞してみました。 ホーマー・H・ヒッカムJr.というNAS