Movies!!

映画感想ブログです。3周年を迎えました♪
相変わらず、日本映画と香港映画が好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハンティング・パーティ(試写会)

2008-04-16 14:39:06 | 映画(は行)
「トラックバックとコメントについて」

リチャード・ギア、テレンス・ハワード、ジェシー・アイゼンバーグ出演。リチャード・シェパード監督作品。

紛争から5年、未だ危険地帯のある2000年のサラエボ。かつては花形戦場リポーターだったサイモン(リチャード・ギア)、彼とともに戦火をくぐったカメラマンのダック(テレンス・ハワード)、そして新米テレビプロデューサーのベン(ジェシー・アイゼンバーグ)は、国連にもCIAにも捕らえられない戦争犯罪人“フォックス”を追うことに……。(yahooレビューより)

公式サイト

総合:★★★☆☆
ストーリー:★★★★☆
映像・演出:★★★☆☆
ちょっと重いけど、エンターティメントとして楽しめる度:★★★★☆

あらすじを読んで、興味を持っていた映画でした。実在のジャーナリストが体験したことを元に作った映画だそうです。映画の最初に「この映画は“まさか”と思うことが真実」とテロップが出ました。なるほど、そういう映画なのね、と理解して観たので、なかなか面白かったです。総合評価は★3.5でもいいかな。
社会派ドラマとして、風刺映画として、エンターティメントとして、よく出来た映画だと思いました。ストーリーも先が分からず、ドキドキするし、笑えるコミカルなシーンもあります。殺される!!!という時に○○が○○○時はウケました(笑)。

ラストの方で、「ここからは現代の神話」として語られている部分も面白かったです。「世間的には、まだ戦争犯罪人を追っている」というのもね。実際の世界でも、「捕まえられるけど、捕まえない戦争犯罪人」は絶対いると思うし。CIAがそんなに無能なわけないですよ。
自分に出来ることは、テレビで報道されることを全て鵜呑みしないことくらいですね。

リチャード・ギアが、まだ違った面白い役に挑戦していて、なかなか良かったと思います。テレンス・ハワードは「プレイブ・ワン」(レビュー書いてません)で最近観たばかりだったので、覚えてました。

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« パンズ・ラビリンス | トップ | 紀元前1万年(試写会) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
リチャード ギア… (わたちゃん♪)
2008-04-17 18:24:39
…のイメージになかった約だね~(ワタシ的には)。
ノンフィクションとフィクションの間くらいでオモシロソー。
>わたちゃん (hi-chan)
2008-04-18 15:58:25
そうなのよ~。リチャード・ギアって上品な役が多いので、そのイメージが強いけど、今回のは違ったよ。
時々、顔がアップになると、あ、やっぱり上品だなと思ってしまうことはあるのだけど(笑)。
フィクションとノンフィクションの間、そうそう。そんな感じ。おそらく「まさか」な部分がほんとなんだろうな。
なかなか面白かったので、機会があったら見てみてね。
テレンス・ハワード! (らんぼ~)
2008-05-16 17:58:35
面白かったんですが、私としてはもっと社会派ドラマを期待してたので、あらら…というとこも(汗)
いったい、ほんとのところどこまでが実話なんだろ~??

テレンス・ハワードは目がいいですね~。あのうす~い色が(笑)ブレイブワンのときは、何も思わなかったんですが、今回はなんかすごい良かった。奇跡のシンフォニーも観よっかな(笑)
ちなみにリチャード・ギアって、髪は白いのに目は真っ黒ですよね(汗)
>らんぼ~さん (hi-chan)
2008-05-19 16:07:39
「まさか!」と思うところが実話ですよ(笑)。

テレンス・ハワード、なんか表情が優しくていいなぁと思いました。この映画ではそうでもなかったっけ?(笑)。
「奇跡のシンフォニー」では、そんなに出番なかったですけどね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(は行)」カテゴリの最新記事

トラックバック

映画『ハンティング・パーティ』試写会の感想 (ブログ小説『ハンティング・パーティ』)
おはようございます。管理人のせたPです。