luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

栄華を極めた音楽アーティストの引き際

2017-09-21 | 日記
音楽アーティストに限らず、芸能界全体で使われるのが、新人、中堅、大物といった区分けです。3つのジャンル分けの判定基準は、人気度の高さや、知名度、活動歴の長さなどになっており、活動歴以外には、CDの売り上げや、メディアへの露出回数といった基準で判断されることも多くあります。

デビューして間もない方などが、新人アーティストと呼ばれています。中堅アーティストは、デビューから数年が経過している方や、安定した人気がある方、世間の認知度が高い方などがそう呼ばれます。大物アーティストは、固定ファンが多く、十年単位の活動歴があり、世代を問わず、高い人気があるアーティストが、該当します。認知度や知名度といった項目は、主観によるところが大きいため、世代や音楽の好みなど、個人によっても、その基準は異なります。楽曲が、爆発的なブームを呼んだ音楽アーティストでは、世代別の認知度が高くなりがちです。

中堅アーティストや大物アーティストは、多くの固定ファンを抱えており、メディアへの露出が少ない方の場合でも、ライブやCDなどの売り上げは、ほとんどのケースで、安定しています。安定した人気を持つアーティストでも、音楽性の変化などによって、人気が低迷することもあります。人気の低迷がおこった場合、再ブレークなどの出来事がおこらない限り、表舞台から姿を消す可能性があるという、サイクルの早さも、音楽界の特徴です。一度、大ブレイクを経験したアーティストは、人気にかげりが見え始めても、音楽活動を続ける方も多くいらっしゃいます。そうした音楽アーティストは、表舞台ではなく、小さなライブハウスなどで、ひっそりと音楽活動を継続されるか、音楽活動から、手を引くかのどちらかです。一方、人気絶頂期に、芸能界を引退したアーティストというのは、人々の記憶の中に強く残り続け、その人気を不動のものにしており、引退から数十年経過して以後も、その栄華が終わることはありません。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音楽アーティストが作詞した... | トップ | 影響を受けた音楽アーティス... »

日記」カテゴリの最新記事