luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

luster lake(ラスターレイク)のファンブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

音楽アーティストを目指す方が増えています

2018-04-05 | 日記
音楽アーティストを目指す方が増えていますが、大きな理由として自分の考えている音を表現する事が好きだと感じる方が増えてきているからです。また、インターネットなどを使用する事で多くの方に自分の楽曲を聴いてもらう事ができる点もメリットになります。そこで、どの音楽が受け入れられるかという事も合わせて学んでいく事で、デビューする事ができる方も増えています。

音楽アーティストを目指す方の中には専門の学校で知識と技術を学ぶという事をはじめにする方もいます。基礎がしっかりしている事で幅が広がります。また、共に学ぶ方とコミュニケーションを取る事でモチベーションが高まり、新しい可能性を実感できる方もいます。

なかには歌を専門に学ぶ方もいますので、音楽アーティストとして自分の楽曲を表現してもらうという事もできます。自分だけではなく客観的に判断してくれる方がいる環境で学ぶ事もメリットになります。

なお、独自で自分の世界を表現し続ける事で大手の企業から契約の話があるという事もあります。
さまざまな場所で音楽アーティストは活躍しているため、以前よりも認知してもらいやすいと実感している方が多いです。歌詞も合わせて自分で考えるという方もたくさんいますが、歌詞だけは違う方に考えてもらうというケースも多いです。また、インターネットで活躍している方の中には絵などで表現する事を望む方もいますので、絵を専門に描いている方とコラボレーションする方もいます。

その時々でコラボレーションするの相手も異なり、表現を楽しむ場として趣味の範囲で活躍する事を選択している方も増えているので、今後も需要がある分野であると言えるでしょう。デビューする事を目指している方もいますが、その時に自分が表舞台に出るのではなくプロデュース側になる事で、曲作りに専念する環境を整えてもらう事を選択するケースも増えています。さまざまな形で活躍できる職業が音楽アーティストであると言えるでしょう。

現在注目すべき音楽アーティストとは誰か

2018-03-27 | 日記
カラオケ好きとしては昔流行った歌だけでなく、これから流行するであろう歌や歌手にも注目していかなければと考えて色々な音楽アーティストを随時チェックしているという方は多いでしょう。
昔と違って今は動画投稿サイトに公式で新曲のPVがアップロードされているので、テレビやラジオから齎される情報より鮮度も正確性も優れた情報に接せられるため、情報収集が容易になったのも音楽好きとしては嬉しい要素だと言えます。

では現在注目すべき音楽アーティストや音楽グループは誰なのかというと、B-DASHの名前がよく挙がるようになりました。三人組のロックバンドなのですが日本語でも英語でもない、もっと言えばどこの国にも存在しない言語ですらない言葉を歌詞に含めている曲があるといった点が特徴的なバンドとして有名です。

実際に聞いてみれば分かりますが本当に言葉の意味は理解できませんが、それでも音楽センスの良さも勢いも本物なので注目度が上昇傾向にあると音楽関係者からの評価も高くなっています。

逆にロックであっても子供でも歌えるような可愛らしさや汎用性の高さがある音楽アーティストを探しているというのであれば、打首獄門同好会の曲がニーズに合っていると言えるでしょう。こちらも三人組のスリーピースバンドなのですが、ハードな歌だけでなくカラオケで子供と一緒に歌えそうな日常をモチーフにした歌なども多数手がけています。

日本語が分からないはずの海外の音楽好きの間でユニークで日本語の勉強になるような歌が多いと、海外のブログや記事サイトなどでも取り上げられた音楽アーティストグループなので記憶しておくべきだと言えます。

ガールズバンドで言えばSHISHAMOも紅白歌合戦に出場するなど勢いに乗っています。中高生の女子からの人気が抜群に高いスリーピースバンドなので、思春期の子供を持つ親御さんなども今の子供の流行を知るためにもチェックしておくといいでしょう。

音楽アーティストとオープンチューニング

2018-03-22 | 日記
ギターのオープンチューニングは楽にコードを押さえることができたり、ボトルネックなどの特殊な奏法で使用できたりする効果的なチューニングです。音楽アーティストの中にもオープンチューニングを積極に使用するギタリストもいて、ギターソロで演奏する場合などにも用いられます。通常のチューニングで演奏する場合、曲によっては低音弦が押さえにくいこともあって、低音弦を下げるドロップチューニングを用いることがあります。

ロックギターでオープンチューニングを用いる場合はたいていボトルネック使用するときです。ボトルネックはコードを押さえるほうの指に金属やガラス製のバーをはめて、ハワイアンスチールギターのような効果を得る奏法です。スライドギターで用いるオープンチューニングは、解放弦を弾いたときにいずれかのコードが鳴るように調弦することで、シンプルなフォームで演奏することが可能になります。

音楽アーティストの中にはオープンチューニングを極めたギタリストもいて、難解なスライドプレーを弾きながら歌うことができるプレイヤーもいます。独特なスタイルは演奏する曲のジャンルも偏ってくるものですが、スタイルを追求すると様々な楽曲を自分のスタイルで演奏することが可能です。スライドギター自体の双方は単純なものなので、練習次第ですぐに正確に音を出すことができるようになります。スライドギターは戦前のブルースマンのようなセンスが必要になります。

ひとつのスタイルを追求すると曲を彩るラインを加えるのに一定の独自性を与えることができます。これに音色やビブラートなどのイントネーションを加えることによって、個性的な響きを得ることができます。

ブルースは跳ねるようなリズムが特徴で、アコースティックブルースなどの演奏は時として非常にパーカッションのような弾き方になります。その場の感情で様々に広がる演奏がブルースの楽しさなのです。単純でありながら、非常に奥が深い奏法でもあります。

音楽アーティストと楽器の深いかかわり

2018-03-12 | 日記
音楽アーティストの中には左利きのギタリストがいます。左利きのギタリストは通常専用のギターを使いますが、中にはノーマルのスペックのギターを左利き用にして使用する人もいます。中には右利きの人が使用するギターをそのまま左で使用する人も登場しました。

現在ではあまり見かけませんが、60年代後半以降に活躍したギタリストの中にそういったスタイルで演奏する人がいました。当時のギターを製造するブランドは多彩なデザインのギターを数多く出荷していましたが、そのすべては右利き用でした。現在のようにどちらのスタイルでも演奏できるように製品は豊富ではなく、左利き専用ギターはごく少数しか生産されていません。

そのような現状の中で左利きのプレイヤーたちは自ら工夫してギターをプレイしていたのです。ブルースのギタリストにわずかに存在したサウスポーは、すべて右用のギターを逆に持って弾いており、通常のプレイヤーから見ると上下逆に演奏されるスタイルは非常に斬新に映りました。

彼らにとっては当たり前のことでも、普通では考えも及ばない演奏スタイルはアクロバティックではありますが、演奏はまさにブルースそのものです。音楽アーティストの中には特殊なテクニックを用いた曲芸のような弾き方をする人はたくさんいますが、曲として成り立っているプレイは皆無です。せいぜいが自身のソロタイムに観客を沸かせるだけのマジックのような演奏です。

ブルースプレイヤーは時としてある意味間違った解釈で演奏する人がいますが、オーソドックスな演奏は非常に心に突き刺さるものがあります。右利きのギターを左用に弦を張り替えると、ピックアップや弦のテンションは逆になります。

出てくる音に変化はありませんが演奏する側には大きな影響があり、あまりの日着心地の良さにわざわざネックを左利き用のものにセットして弾いているギタリストもいます。視覚的な効果ではなく、弾きやすさを追求した結果でもあるのです。

音楽アーティストの名盤で聴く音響の秘密

2018-03-08 | 日記
何気なく見ているスタジオの壁や家具は、その歴史的な瞬間を見てきた証人なのですが、実際にそれらが取り上げられることはありません。歴史のあるスタジオは基本的に大きく変わることがありませんが、機材の変更やシステムの移行以外に変わることはないといえます。

現在のように有名スタジオが乱立する段階では考えられなくなりましたが、60年代以降、多数のバンドが最高の音響を求めてあらゆる場所で録音することを試みました。ホテルや廃墟、きょう機械や名も知れない施設のホールなどを使用して、多くの名盤は作成されたのです。音楽アーティストの中には最高のリバーブ効果を得られる場所を模索しながら、ホテルのシャワールームやトイレで録音したギタリストもいます。

ユニークな録音風景画ジャケット内に使用されているものもあったり、よい仕上がりを求めるためにたくさんの試行錯誤が行われてきました。録音機材やスタジオのシステムが充実した現在では、エフェクターですべての効果を得ることができます。リアルなホールのリバーブを再現することは困難でも実際に近い状態にまで接近することは可能です。

機械的な残響音は金属的で非常に不快な音を残すこともありますが、全く利用できないわけではありません。近年のシミュレーター技術は高度な方式が再現されて便利に使用することができます。音楽アーティストの中にはこれらテクノロジーの真価を上手に利用する人もおり、ミュージシャンでありながらエフェクターなどを開発している人もいます。

比較的簡単になった多重録音を進化させたのもミュージシャンがわからの要望による機材の発展のおかげで、セッティングも簡単で高音質なシミュレーターが安価で購入できるようになったからです。有名スタジオの構造がわかれば、壁の配置や屋根の角度など、音響に影響をもたらす屋内の使用を近づけることもできます。重要なことは演奏技術の向上ですが、知識はたくさん持っておくほうが役に立ちます。