癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

◆[春3月] 予算委員会の合間に「桃の花で華やぐ」安倍首相!

2014年02月28日 20時13分39秒 | 癒  し

          

安倍晋三首相は20日、官邸で茨城県古河市の「華むすめ」の表敬訪問を受け、桃の花をプレゼントされた。同市で3~4月に行われる桃まつりのPRを兼ねており、花を受け取った首相は「華やいだ気になりますね」と笑顔で語った。

 面会は、約7時間に及ぶ衆院予算委員会の集中審議の合間に行われ、首相にっとって心が和むひとときとなったようだ。(経済新聞)

国会にも春が来た感じ?

コメント

◆[八甲田回廊] 「一番バス」の運行と、出発式も中止・・・・・カベノミクス?

2014年02月27日 22時32分50秒 | 癒  し



青森駅-十和田湖間で定期バスを運行しているJRバス東北青森支店(菅原伸二支店長)は、4月1日からゴールデンウイーク(GW)直前まで昨年の1日3往復から1往復に減らすほか、繁忙期も1往復減便することを決めた。近年乗客数が伸び悩み、採算確保が困難となっているため。背景に十和田湖畔の観光不振があるという。

4月1日の「八甲田・十和田ゴールドライン」開通に合わせ、市内の観光関係者が試乗する「一番バス」の運行と、出発式も中止する。【写真説明】八甲田・十和田ゴールドラインの雪の回廊を走る「一番バス」。今年は中止となり、この区間を走る定期バスもゴールデンウイーク直前まで1往復運行となる=2013年4月1日

  
   雪高までアベノミクス未だ届かず

コメント (1)

◆戦後は未だのようだ・・・・・

2014年02月26日 21時11分53秒 | 【國  際】

                    

【北京時事】戦時中に日本へ強制連行され過酷な労働を強いられたとして、中国人元労働者や遺族計37人が26日午前、日本コークス工業(旧三井鉱山)と三菱マテリアルを相手取り、謝罪と1人100万元(約1700万円)の損害賠償を求める訴状を北京市第1中級人民法院(地裁)に提出した。(時事通信)[記事全文]

戦後という言葉が消えたのではなかったのでは・・・・・・新興国にまでになった今こんな昔話が次から次と出て来る原因はどこにあるのだろうどう・・・・・これ以上請求しないと言う条約があると聞く、もしこれが日本からともなれば問題題・・・・・
当時の条約をも破るとすれば法治国家とは言わないだろう・・・・
政府で処理するのが当然であり、今後どうなるか、今後の対応を見たい・・・・

日本は金がどれ程つぎ込まれたか計算した事があるのだろうか・・・・

 

 

コメント

◆[[五 輪]] 五輪選手団 成田国際飛行場で歓迎飛行シャワー・1000人の歓迎を受け帰国!

2014年02月25日 20時19分32秒 | 【五 輪】

ソチ五輪日本選手団、チャーター機で成田空港に到着(14/02/25)

ソチ五輪で金1銀4銅3の計8個のメダルを獲得した日本選手団は24日、ソチ国際空港から日本航空のチャーター機で帰国の途についた。23日夜(日本時間24日未明)にフィシュト五輪スタジアムで行われた閉会式にはフィギュアスケート女子6位の浅田真央(23)=中京大=も参加。20日のフリーで使用したラフマニノフ作曲の『ピアノ協奏曲第2番』が演奏され、感動がよみがえった。次回の冬季五輪は2018年2月に韓国の平昌(ピョンチャン)で開かれる。

 五輪の女神から、ささやかな“プレゼント”が贈られた。日の丸の小旗を振って笑顔で行進した真央は、演出用に配られたメダル形の電飾を首から提げた。7日の開会式は参加できなかったが、思う存分楽しんだフィナーレで、サプライズが待っていた。

 「世界中が一つになったと思いました」

 閉会式で演奏されたのは、世界的ピアニストのデニス・マツーエフ氏(38)による『ピアノ協奏曲第2番』だった。トリプルアクセルなど全6種類、計8回の3回転ジャンプに挑んだフリーの名演技がよみがえる。自己ベスト142・71点をたたき出した舞いは、世界中に感動の渦を巻き起こした。

 「自分の納得する最高の演技をすることができました」

 粋な演出は続いた。銀メダルに輝いた前回バンクーバー五輪のショートプログラム(SP)で使ったハチャトリアン作曲の『仮面舞踏会』も五輪スタジアムに響いた。2曲とも振付師のタチアナ・タラソワ氏(67)が手がけた思い出の作品。「バンクーバーとソチを合わせて最高の五輪だった」と評した銀盤のヒロインにとって、かけがえのない時間だった。

 「(五輪が)終わってしまって寂しい気持ちがあります」

 狙っていた金メダルはつかめなかったが、「感動」と「記憶」に残った真央のソチ五輪。男子の高橋大輔(関大大学院)らとともに笑顔で記念撮影に納まった。進退を決めるのは、3月下旬の世界選手権(埼玉)の後。4年に1度しか訪れないスポーツの祭典を満喫し、胸を張って日本へ帰国した

      

  外国記者団にスタンデングオペレーション受ける真央

 日本選手団が25日、日本航空のチャーター機で成田空港に帰国した。フィギュアスケート女子6位の浅田真央(23)=中京大=は、その足で東京・千代田区の日本外国特派員協会に移って記者会見。【続きを読む】         

悲喜こもごもの活躍お疲れさん!

コメント (6)

◆[五 輪]きらびやかに閉会式  2020年は東京オリンピック

2014年02月24日 19時06分47秒 | 【五 輪】

世界の共通言語である英語がソチでは通じにくいという問題も付きまとった。タクシー運転手やレストランの店員、宿泊施設のスタッフまで簡単な英単語さえわからないため、各地でトラブルが頻発した。

 国際都市東京とはいえ、受け入れ側の、英語を含めた諸外国語の総体的なレベルアップを図らなければ、ソチの教訓は生きなかったということになる。

 次回冬季五輪開催地の平昌(韓国)の組織委員会も同様の課題を感じており、ある幹部は「施設整備のハードウエア面だけでなく、言葉などのソフトウエア面をさらに充実させなければならないとの重要性をソチで痛感した」と語った(msn)

  

よろしくネ


遅いの・早いのと言われながら派手やかに無事終了した。こんな事言われない様に祈りたい・・・・・・・

コメント

◆2014 TKYO MARATHON

2014年02月24日 16時03分45秒 | 癒  し

                                 

「東京マラソン2014」(読売新聞社など共催)が23日に開催され、男子はディクソン・チュンバ(ケニア)が2時間5分42秒の大会新記録で初優勝した。

 日本勢トップは2時間8分9秒で8位に入った松村康平(三菱重工長崎)で、今秋に韓国・仁川(インチョン)で行われるアジア大会の日本代表の有力候補となった。女子はティルフィ・ツェガエ(エチオピア)が2時間22分23秒の大会新記録で制した。

 今大会は8回目で、約3万6000人の市民ランナーが、東京都心を駆け抜けた。完走率は96%。2020年東京五輪・パラリンピック招致決定後、初の開催となり沿道の観衆は約113万人(主催者発表)に上った。  (読売新聞)

                                                                   

 

   継続は力なり、マラソンを機(輝)に・・・・・・・・・・・・・?

コメント

◆[STAP細胞] ネイチャー「画像データに加工」等に加工部分ありと・・エプロンにかけて無い!

2014年02月23日 22時59分08秒 | 科学・技術

           

英科学誌ネイチャーは18日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方(おぼかた)晴子研究ユニットリーダーらが開発した新しい万能細胞「STAP細胞」の論文の画像に不自然な点があるとの指摘があったため、調査を開始したと発表した。

 外部からの刺激でさまざまな組織や細胞になる能力を持つSTAP細胞の論文は今年1月、ネイチャーに掲載された。

 ネイチャーによると、小保方氏らが同誌に発表したSTAP細胞の2つの論文で、画像データに加工されたように見える部分があることや、別々の実験による画像データがよく似ているといった指摘があった。

 論文共著者の若山照彦山梨大教授はネイチャーに対し「私自身STAP細胞を作製したが、結果は完全に正しい」と説明したという。

 小保方氏らが2011年に別の科学誌に発表した幹細胞に関する論文にも問題が見つかり、論文の責任者のハーバード大教授が既に訂正を申し入れているという。教授は「純粋なミスで、論文のデータや結論には影響がない」と説明している(msn)

                
 研究者間のたみだろうが

コメント

◆[五 輪]真央、フリーで意地の自己ベスト 10人抜きに演技後は号泣

2014年02月21日 14時07分28秒 | 【五 輪】

          

ソチ五輪のフィギュアスケート女子フリーが20日行われ、ショートプログラム(SP)で16位と出遅れた、前回バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(23)=中京大=は、フリー3位となる自己ベストの142・71点をマーク。合計198・22点で6位入賞を果たした。鈴木明子(28)=邦和スポーツランド=は8位、村上佳菜子(19)=中京大=は12位だった。

 母にささげるトリプルアクセルだ。12番滑走の真央は、冒頭の3回転半ジャンプに成功。GOE(出来栄え点)で0・43点加点され、今季初めて代名詞を完ぺきな形で決めた。続く2連続3回転は後半のループが回転不足とされ、3回転ルッツはエッジエラー。

ダブルアクセル-3回転トーループは後半のトーループが回転不足に陥った。全6種類のジャンプを投入し、3回転ジャンプを計8度跳んだ。成功させれば女子の五輪史上初の快挙だったが、その夢はかなわず。それでも自己ベストをたたき出し、演技後は周囲の目もはばからず号泣した。

 「終わったときは『やった』という気持ちが強かった。4年後?想像できない」

 集大成と位置づけた2度目の五輪。メダルは獲得できなかったものの、SPから10人抜きで、6位まで順位を上げた。3月の世界選手権(埼玉)が現役最後の大会になりそうだ。2011年12月9日に肝硬変で亡くなった最愛の母・匡子(きょうこ)さん(享年48)も天国できっと、喜んでくれただろう。
          

◎SPで自分の行動を見失い失敗を反省、フリーでメダル度外視して8つの演技を完ぺきに熟し号泣する姿を見て監督までもらい泣きしている姿。一転して笑顔に戻り観客に悔しさを隠し挨拶する、これが真央の力だという言う事が伝わってくる・・・・・・

見ている者のメダルを度外視し前日のSPの演技はなんだったろうと見入ったに違いない・・・・・テレビの視聴率が12%余りに達したという・・・・

コメント

◆【五 輪】美人ボーダー竹内智香 祝!銀メダル ライバルとのデッドヒートでまさかの転倒!

2014年02月20日 18時24分38秒 | 【五 輪】

 

【ソチ五輪】竹内智香 祝!銀メダル ライバルとのデッドヒートでまさかの転倒

 

苦労の末に掴んだつかんだ銀・おめでとう

コメント   トラックバック (1)

◆春はそこまで来ている・・・・京都踊りに向け動きだした舞子さん

2014年02月19日 16時43分04秒 | 【五 輪】

       



古都の春を彩る「 京おどり」(4月5~20日)に向けた舞台写真の撮影が19日、京都市東山区の宮川町歌舞練場であり、芸舞妓(げいまいこ)が華やかにポーズを決めた。

コメント

◆[ジャンプ団体・銅メダル] 患者含みながらもメダル取得努力・おめでとう!

2014年02月18日 22時02分44秒 | 【五 輪】

 

ノルディックスキー・ジャンプ男子団体で銅メダルを獲得した日本に、1998年長野冬季五輪団体金メダリストも祝福した。原田雅彦氏は「どんな状況でも距離が出せるようになった。どの選手も自信になったと思う」とたたえた。

 雪印メグミルクの監督を務める斎藤浩哉氏は「今持っているものを出し切ったと思う。次の平昌五輪ではセンターポールに日の丸を揚げるために、また頑張ってもらいたい」と一層の活躍を期待した。

 現役を続ける38歳の船木和喜(フィット)は「日本のレベルが再び戻ってきていることを証明してもらった。選手としては五輪の舞台にいられなかった悔しさはあるが、日本のスキー界にとっては間違いなく喜ばしい」と刺激を受けた。

 43歳の岡部孝信(雪印メグミルク)は「今までも技術的に海外と差はなかったと思うが、4人そろわなかった。今回は一人一人が自分の力を出せた」と評した。(共同)

         

 2番手に飛んだ竹内が試合後、細かい血管に炎症が起きる難病のチャーグ・ストラウス症候群であることを明らかにした。

 竹内は昨年末に持病のぜんそくが悪化し、年明けに緊急帰国して精密検査した結果、8割方、同症候群であると診断されたという。

 現在も毎日、ステロイド剤を服用している。竹内は、「一時は五輪に出ることも諦めかけたが、いろんな人の助けがあって出場できた。同じ病気で苦しんでいる人に、諦めないで頑張ればメダルが取れるんだということを伝えたかった」と公表の理由を説明した

コメント

◆[事 故] バリ島ツアー7人行方不明者捜索難航・・ドリフト訓練中・・・追伸・・無事の報せ

2014年02月17日 10時31分36秒 | 事 故

                                       

【デンパサール(インドネシア・バリ島)時事】インドネシア・バリ島沖合の島でスキューバダイビング中の日本人女性7人が14日から行方不明になっている事故で、インドネシア救難当局は16日、前日よりも範囲を拡大して捜索活動を継続した。バリ島在住の日本人ダイバーなども参加し、懸命の捜索が行われたが、不明者は見つかっていない。警察や救難当局は16日夕、捜索をいったん終了、17日に再開する。

 周辺海域は潮流が強く、これまでの捜索は難航。救難当局によると、16日は船やヘリコプターを使って周辺200キロ四方まで捜索範囲を拡大したが、発見に至らなかった。

 警察や関係者によれば、不明となっているのは、宮田律子さん(59)=本籍大阪府▽森園彩さん(27)=同佐賀県▽山本栄美さん(33)=同三重県▽吉留温美さん(29)=同和歌山県▽トミタ=漢字表記不明=奈穂美さん(28)=同兵庫県▽高橋祥子さん(35)▽古川さおりさん(37)。

 高橋さんと古川さんは地元のダイビング会社「イエロー・スクーバ」のインストラクターで、高橋さんは同社の共同経営者も務めている。バリ島デンパサールの日本総領事館によると、他の5人はインターネットを通じダイビングを同社に申し込んでいた。5人ともダイビング経験は50回以上で、中には1000回を超すベテランもいるという。 

 ベテランと思われるが何故・早急に発見を・・・・・・

 

     生存者確認の報  1900

【デンパサール=丸山修】インドネシア・バリ島沖でダイビングをしていた日本人女性7人が14日から行方不明になった事故で、独自に捜索活動を行っている地元の日本人有志ダイバーに入った連絡によると、17日午後、バリ島の東にあるペニダ島近くの海上で4人が発見された。  その後、さらに1人が見つかったという情報が入った。インドネシアの海難救助隊が確認を急いでいる。5人は無事だという。うち1人は、地元のダイビングインストラクターだという。 ...続きを読む

◎全員の無事祈る

コメント

◆[五輪]銀メダル獲得の葛西、年下のライバルたちが称賛!

2014年02月16日 16時55分56秒 | 【五 輪】

              

[ローザクトール(ロシア) 15日 ロイター] -ソチ冬季五輪のノルディックスキー、ジャンプ男子ラージヒル(HS140メートル、K点125メートル)で銀メダルを獲得した41歳の葛西紀明に、ともに表彰台に上がった年下のライバルたちが賛辞を贈った。

数多くの有力選手が強風に苦しむ中、葛西は豊富な経験を生かし、139メートルと133.5メートルの大ジャンプを披露。地元ロシアのファンの声援にも後押しされ、着地も見事に決めてトップに立ったが、最後に飛んだカミル・ストッホ(26、ポーランド)に僅差で抜かれた。金メダルは逃したが、ジャンプでは五輪史上最年長メダルを獲得した。

葛西は1992年アルベールビル五輪から、7大会連続の五輪出場。1994年リレハンメル大会の団体で2位に入ったが、個人種目でメダルを獲得したのは今回が初めて。

葛西について、ノーマルヒルとの2冠を達成したストッホはしかし「15年後にはどこかのビーチで横になり、ゆっくり過ごしていたい」とし、葛西とは違い、40歳を過ぎた頃には現役を引退しているだろうとの考えを示した。

また、銅メダルを獲得したペテル・プレブツ(21、スロベニア)は、葛西に対して「大きな敬意を持っている。彼は僕が生まれる前からワールドカップに参戦していた。僕にとって、彼は今後の競技生活の刺激になる」と語った。

あきらめないことが信条だと話す葛西は、今後も現役を続行する予定。韓国の平昌で開催される2018年五輪での金メダル獲得に意欲を見せた。

"レジェンド" 葛西紀明 銀メダル獲得 ジャンプ男子ラージヒル 1998年の長野大会以来、4大会ぶりのメダル

    目標達成に世界挑戦し続ける41男に敬意・先ずはおめでとう!

コメント

◆[五輪]☆☆☆☆☆羽生選手日本金メダル1号おめでとう☆☆☆☆☆  

2014年02月15日 10時19分20秒 | 【五 輪】

【ソチ時事】ソチ冬季五輪第8日は14日、フィギュアスケートの男子フリーが行われ、羽生結弦(ANA)が金メダルを獲得した。

 フィギュアスケート日本男子初の金メダル。女子を含めると、2006年トリノ大会の荒川静香以来2個目。全競技を通じて2大会ぶりに、日本に金をもたらした。羽生の19歳2カ月は、長野五輪スピードスケート・ショートトラック男子500メートルで優勝した西谷岳文の19歳1カ月に次ぐ冬季大会年少記録。

 羽生は13日のショートプログラムで、公式大会で初の100点超えとなる101.45点を挙げ、自身の世界歴代最高得点を更新してトップに立った。フリーではジャンプのミスが目立ったが、SPのリードもあって逃げ切った。

 羽生は仙台市出身。2009~10年シーズンにジュニアグランプリ(GP)ファイナルを制し、11年ロシア杯でGPシリーズ初優勝。12年世界選手権で銅メダルを獲得し、13年GPファイナルで初制覇を遂げ、初出場の五輪でも快勝した。 

 
     今までの苦労の恵・若い技術の継続を祈念

コメント   トラックバック (1)

◆[五輪・帰国] 沙羅の帰国に100人余…「感謝と後悔」とその胸中はいじらしい!

2014年02月14日 18時14分46秒 | 【五 輪】

            

ソチ五輪で女子ジャンプで4位に終わった高梨沙羅(17)=クラレ=が14日、成田空港着の航空機で帰国した。

 約100人のファンの出迎えを受けた高梨は「こんなにたくさんの人に出迎えてもらえるとは思っていなかったのでびっくりした」と第1声を発した。

 初めての五輪での悔しい結果については「ベストを尽くすことができず、結果も残せず、申し訳ない」。今後については「自分の力不足を痛感した。これからは技術はもちろん精神面も磨いて、もっともっとレベルアップしたい。残りのW杯でしっかりリベンジしたい」と前を向いた。

空港で取材に応じ「五輪という夢の舞台に立たせてもらって幸せ。頭には感謝の気持ちがあるが、後悔の気持ちもある」と話し、悔しさを拭えていない様子だった。

 ソチの土産を何も買わなかったという


完全にメダルと期待は日本中に沙羅に集中するほど、、やはり初めての五輪であり大丈夫と言いながら、少女には何処かで責任感が先にたち、思う通りのジャンプができなかったのだろう・・

この様な何時かきっと役に立つ時がくるだろう・・・・・・だれも迎えに来てくれないだろうと思って降り立った飛行場に大勢の人たちが迎えに来ていた事に感激したという・・・、

長い間ご苦労さんとねぎらいたい・・・・・

コメント