癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

★★竹島海域調査の日本の弱腰外交。

2006年04月22日 20時20分13秒 | ニュース
日本の海洋調査に、日韓の主張が平行線のため調査船が出航はしたが、足止め4日間を要した。
 竹島の領有権問題と絡めて、あくまでも強硬な態度で臨むなら大量の船で対抗する。 又、韓国の政府・国民・与野党とも怒りを露にしているニュースがTVで報道された。
 
しかし、日本政府は外交で解決しようと、谷内次官まで派遣し説得してやっと当面測量を実施しない事で一段落したようだ。

「六月の海底名称に関する国際会議で、韓国名称を付けないなら当面調査を保留すると言う日本の説得に納得したようだ。」

「竹島を編入したのが植民地の始まりで、日本の領土で有り、純粋な海洋調査だったはずだ」
 
それに対して小泉首相は「日韓友好の精神で、話し合って解決するよう努力すべきだと思う」と他国のような記者会見に、憤りを感じたのは小生だけだったろうか。

本当に、日本の領土として永久に認めようとするなら、日本も韓国並みの実力行使
の準備と形だけでも示して欲したかったと思う。
 
いつかは解決しなければならない問題であり、又の機会に再燃する事は確かだろう。
 なぜ韓国は韓国名称にこだわったかは明白。国際問題では勝ち目が無いための
パフォーマンスにすぎない。
 
韓国が竹島に常駐警護の既成事実を示しているいじょう、日本も強硬姿勢だけは示し続けならなければ、韓国の領土にされてしまう可能性は充分考えられる事が予想されるからである。

むやみな争いは好まないが、正当な主張は主張として政府の頑張りを願わずにはいられない。
コメント (2)

乙女の自衛官志願のまとも と 国の防衛。

2006年04月20日 19時30分41秒 | ニュース
TVで婦人自衛官の入隊式と訓練状況が
宮城県多賀城教育隊の特集として放送されていた。
 ★どうして婦人自衛官の道を選んだのですか?
  ・国際貢献と日本の安全の重要性を知ったから。
  ・他の社会と違う事を体験したかったから。
  ・父の後ろ姿を見て育ち、尊敬したから。
         ・
         ・
 入隊してから、小銃の分解・取扱い習熟に一生懸命の姿が映し出された。
何より、りりしい鉄兜姿と・笑顔が素晴らしい。
 初めての外出の姿はあどけない。
ミニスカートにジーンズ姿・楽しさ一杯の行動に感銘を受けた。
 ニート云々が問題になっている昨今、入隊動機はどうであれ婦人・男性自衛官を問わず国の将来を思う今の心を大事にしていることに敬意を表したい。
 極暑の中イラクで頑張っている婦人自衛官もいる。
世界の自衛官めざし頑張ってほしいものである。




★厳しい雪の中でのスキー訓練・男性自衛官と同様な訓練に立ち向か  わなければならない、これからの生活に忍耐と努力が必要だろう。
 今の気持ちを大切にお国の為に頑張っている事にエールを送りたい 。
入隊したくても、入隊出来ない者もいると聞く。                                                                           (TV画像ボケてるー)
                                                                                                         
コメント (2)

★★★犬の片足おしっこはどうして?

2006年04月12日 17時16分10秒 | 癒  し
NHKラジオの深夜便番組が、夜11:00頃から05:00まで生放送されている。
どうしてかアンカーと称した1人のアナウンサーが仕切っている。聞いた声だなーと思うと定年を迎えた元アナウンサーのようだがどうなのだろう。何気なく目が覚め、聞くとはなしに寝ぼけながら聞いていた。
今日は、民話の話をやっていた。今では聞かれなくなった、地方に伝わる言い伝え・いわゆる昔昔で始まる子供騙しのあれである。

何を子供におしえているのでしょう?
 昔々、
餅つきをしているある家の玄関にぼろほろの袈裟を着た坊さんが立って、お経を始めたと云う。これを見た祝い事をしている家の主人が、「汚いから早々に帰れ」と追し返してしまったとー。
 
 次の日
今度は、新しい立派な袈裟を着た坊さんが玄関に来てお経を始めたと云う。これを知った主人は「どうぞどうぞ上がって餅を食べて行きなさい。」と家に上げ接待したと。ところが、坊さんは貰った「あんこ餅」を真新しい袈裟に、塗りたくり汚くしてしまったと・・・
 
 それを見た主人は、「綺麗な袈裟になぜそんな事するのか」と問うったんだと。
坊さん曰く、「昨日来たのも私です。しかし汚いとすぐ追い返されてまった。
今日は綺麗な着物に餅をくれたのと同じです。」と早々に門を後にしたんだとー。
 
自分のした事を悟った主人は、坊さんの後姿に手を合わせて見送ったとさー。

人を外観で判断してはいけないと言うことを、昔も小さい時から教えていたのだろう。
現代もこんなところが見られますね。

なぜ犬は片足を上げおしっこするの?
昔々その昔、犬の足は三本だったいう。たまたまそれを見た大師様が、「足を一本追加してやろう。」といって四本足にしたからなんだとさー。

 寝ぼけながら、面白いなーと思って覚えていた事を書き留めたものですあしからず・・・・・  (四国~南の地方だったかなー)
コメント (2)

★小沢アレルギーを消せれば民主党が生き残れる!

2006年04月06日 19時00分35秒 | ニュース
いよいよ民主党の党首選定の正念場が、明日に迫った。
 小沢有利とマスコミが騒いでいるが、民主党の党内は開けて見ないと分からない。
 渡辺黄門様などと笑って会見しているが、中味に未だコミニケーション不足を禁じえない。
 
小沢・菅議員の合同会見と言いながら、とどの詰まりは一人一人の分割会見で内紛が見え隠れする。

 小沢議員アレルギーが未だ残っているのか。自らアレルギーを消そうとしているのか。
 
菅議員は、党首3回目に挑戦。何か新鮮さが伝わらないのは小生だけだろうか?

 小沢議員は、今までこの機の熟すのを待っていたのだろうか。
あるいは正念場・民主党の後がないと思っで決心したのだろうか。
 
腹の中を見せないためにアレルギーとして見られるのが小沢議員の欠点のような気がする。
 
「小泉首相が自民党の壊しやなら、壊し屋のおおもとは、小沢議員だ」と田中真紀子議員が云っていた。確かにそうかもしれない。

 「戦後政治の変革」を理念とし、何よりも「格差是正」を無くす政治の実現を目指す」あるいは「着実一声にしかず」を座右の銘として一致結束を詠って、党首を目指す小沢議員に新鮮味を感じさせる。

次期小泉ポストに対抗できる、小沢議員を推薦したい。

いずれにしても、政権交代を狙うなら次期小泉ポストに対抗できる党首を選び・全員一致で結束出来れば、あるいはリダーシップを発揮できなければ民主党は分解することなく、長く続く事は確かだろう。
コメント (2)