癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

片山チルド衆議院議員よ最初の勢いはどうした?

2005年12月30日 23時21分14秒 | ニュース
TVで「いかり爆発総決算」と云う番組にゲストとして、平沢衆議院議員等3人と共に、いわゆる刺客当選した片山衆議院議員が一人出席していた。

 その中で「年金の無駄使い」「天下りの実態」等から始まり「酒飲み運転と刑罰」等」について国民の死活問題についての討議がされていた。
 
 これに等に対する質問が片山議員に矢継ぎ早に問いかけられていた。
しかし天下りの問題に関しては「私は天下りせず議員当選しましたので」というのみ・・・その他に対しても「法律がそうなっているから」・・・・苦笑している姿をとがめられる始末。
 
 あの刺客議員当選インタビューで、「そんな初歩的質問はしないで下さいと」豪語していた姿はどこに行ったのかと怒りさえ覚えた。
 
 先輩官僚の今までの所業に遠慮してものを言っているかのような印象を持ったのは私だけだったろうか?
 
 大蔵主計官時代、大鉈を振るったと云う事を耳にしたが、今は議員として国民の話に真剣に向かわなければ、次は無いものと思わざるをえない。
 真剣な重要問題、死活問題に対して、人を馬鹿にしたような薄笑いのみでは明日は無い。
 タレント等に散々質問されながら、「法律がそうなっているから・・・」等のみで、理の通った改革論は一切聞かれなかった。
 
 討論の最後に怒り組み某氏のまとめに「討議内容で議員として、肝心の事は何も反論は聞かれなかった」と締めくくられる始末。やはり衆議院のチルドとしか思えない言動にがっかり。
 
 風通しが悪い自民党・やはり小泉チルドレンかと言う事をマスコミに植えつけただけのような感さえ覚えた。
 今一度衆議院議員であると言う自覚と、国民に、しっかりしたポリシーをアピールするぐらいの気持ちを持って言動するよう望みたいものである・・・
 当選したことに胡坐をかいて行動して欲しくないものである。
コメント (2)

〇偽装設計国会証人喚問。姉歯氏の心中に哀れ!

2005年12月14日 21時47分40秒 | ニュース
姉歯元建築士が国会証人喚問の招致をTV で見る機会を得た。
 
「鉄筋量を減らさ無ければ他の事務所に変更」90%余りの受注に頼っていた木村建設の篠塚支店長に脅迫感持ちながら・・「仕事を失っても良い」という考えと、「家族の事を思う心」と葛藤しながら偽装設計に走ったのが始りとか。

姉歯氏は、建築専門家であれば簡単に見破れる単純な偽装確認書と証言していた。弱い自分」に負けたと証言してる姿に、人間の心の哀れさと・自分の心の弱さを余程残念に思ったに違いない。また、悪いと知り、抜けよう抜けようと思いながら誰も氣がついてくれない。
 
どれほど姉歯氏は、確認機関であるイーホームズ・その他に偽装設計が大事件とならないうちに見破られることを期待して仕事をしていたような気がする。
 
それにしても、検査済み印を押すだけの確認検査会社と関係会社に「当社だけでないと責任逃れを平然としている関係会社に」またまた腹が立った。

国会証人喚問という場で、責任を真正面から受け止める会社が見られなかった事に憤りを感じる。
コメント (2)

〇偽装建築購入も自己責任では?税金投入救済は慎重!

2005年12月03日 20時33分34秒 | ニュース
段々偽装経緯が明らかになってきた。1年半前から気が付きながら、わが社だけ良ければ・自分だけよければと言う安易さ・お役所仕事の曖昧さに、責任逃れの業界一くるみの責任が、取壊し・建て直しに我々の税金が投入される事に疑問を感じざるをえない。
 
 倒産と称して逃げる準備しているような業者も見え隠れする。まず販売者等の責任を追及し責任按分をしてから、不足分を国が支援するのが建前ではないだろうか。関係業者は、口を噤んで国の支援を待って来ているように思える。

一生の宝として大金を投入し購入した我が家が無くなる事はどんなに辛く悲しいことか良ーく理解できる。しかし、購入は自己責任という事をも忘れないで欲しいものである。

 バブル崩壊時、狭く粗悪で高価な家に支払いきれずに事故破産し競売された例が数多くあった。その時に、国は銀行はどんな対応をしてくれただろうか。

何もしてくれなかったのでは?今回は国に弱みがあるとは言え、バブル崩壊の責任も国の政策が原因ではなかつたか?役所サイドの公平な支援も忘れてはならないだろう。石原知事の言わんとすることに正当性に感じるのは私だけだろうか。
 
危険と言う一言だけは早急に解消、解決する事を願って止まない・・・。
これからの国の「事故責任」処理に対する処置に注目したい。

これが実態?
参考http://blog.goo.ne.jp/8064pc981/e/85387c716d2d4c503cc792920920237c
コメント (2)

☆自民党の先は見えた!小泉劇場のおごりの将来は!

2005年12月01日 17時35分45秒 | ニュース
大勝利した自民も長くない政策が見え隠れする。勝利した途端の一番弱い老後の税金政策と過去最大の診療報酬改定、今後の消費税問題、マンション強度偽装問題に対する対する建築確認に対する甘い対応・いい加減なイーホームズ建築確認の責任追及の浅さ・・・国の委任事項であればなおさら追求を早く国民のことを真っ先に考慮し責任追求しなれればならないのか゜基本なはずである。
 責任のなすり合いでは何も解決しない。無駄な税金の使用で国民ごまかし。

 「複雑化したため偽装を見落とした」と言う見落としたのではなく、まともに仕事していなかっただけだ。地方確認事務所のずさんな事務処理に平然と釈明している役所の所長に開いた口が塞がらない。これでは役所の強力な指導ができないのが当然である。率先躬行が行政事務では?これでは民間だけを攻める訳にはいかない。

自民党の竹部幹事長が言う「悪者探しは大変な問題に発展すから・・・・・」とBS問題を問題を持ち出し、国民の苦しみ・悔しさなど微塵も感じられない。自己保身としか見えてこない。当事者の苦しみ・安心感を真っ先に発信することが先ではないのではないか。国民の方を向いていない自民党しか見えてこない。
先ずは責任の明確を図るのが先決ではないか。
 
自民党よ、もう少し迅速に国民の側に立った政策を前面に出さなければ、次回は完全に半減することは必至に思える。若い自民党も良いが、国会議員という「格」はすたれ本当の「イエスマン」の不安な行動が各所に見え隠れを感じるのは私だけだろうか。
 
風通しの良い自民党、弱い国民に心を向け・対応しなければ、次の自民党はありえないと思って言動を取らなければならないだろう。

危機感不足で足を掬われる。

「オレの在任期間中だけ良ければ良い」と言うと考えで任期間だけの政策を考えているのであれば、禍根を残した政治家として歴史の一ページに汚点を残した政治家として名を残すであろう。
コメント (2)