癒(IYASHI)

徒然なるままに令和時代のニュースなどの種を拾い癒し求めて綴ります      

■【第6戦・NHK杯(宮城)フィギュアスケート】男子は羽生・女子は真央・羽生17才に高橋オチオチ出来ず!

2012年11月24日 19時48分36秒 | スポーツ



フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯は24日、宮城セキスイハイムスーパーアリーナで男子のフリースケーティング(FS)が行われ、ショートプログラム(SP)トップの羽生結弦が冒頭の転ジャンプを決めるなどまとめ165.71点、合計261.03点でNHK杯初優勝を果たした。

 逆転優勝を狙った高橋大輔は冒頭の4回転ジャンプを成功させるも、トリプルアクセルで手をつくなどジャンプでミスが出て、FSの得点164.04点、合計251.51と羽生に及ばなかった。羽生、高橋ともに12月6日からロシア・ソチで始まるグランプリファイナル出場を決めた。


                   

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦・NHK杯(宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ)は、第2日の24日、男女フリーなどが行われ、女子では23日のSPで今季世界最高の67.95を出して首位だった浅田真央(中京大)がフリーで117.32点、合計185.27で4年ぶり3回目の優勝を果たした。

SPは5位だった鈴木明子(邦和スポーツランド)が自己最高となるフリー126.62点を出し、合計185.22、わずか0,05点差で2位となった。3位は長洲未来(米国)。(毎日新聞)


              両者おめでとう
                

コメント   この記事についてブログを書く
« ■【尖閣問題】中国船、接続水... | トップ | ■【選挙党首討論】野田首相「... »

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事