癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

▼被害者の父が土下座して更正願う少年院▼

2005年10月24日 10時56分14秒 | 癒  し
9年前、池袋駅で殴られ死亡した息子の犯人がまだ捕まらない。現場に多くの人間が居ながら制止もしてくれず・証言も少なく一人駅に立ちチラシを配りながら、少年たちの更正活動を続ける小林邦三郎さんがTVで放送されていた。
 
 千葉県八街少年院で更生中の少年達を前に、講演の最後の纏めとして「今度犯罪を犯したら,死をもって犯罪を償え」etcと壇上に土下座して、被害者の父とし、切実に「命の尊さ・犯罪の重さ」説いている姿に頭が下がる思いがした。
 少年達は、身じろぎ一つせず、拳を握り締め直し聴講する場面が映し出されていたが、講演終了後、殺害を起こして入所している2人はしばらく一人にして欲しいと訴えたと言う。
 この少年達は、果たして「どんな気持ちで聞き・どの変まで」反省したのだろうか?
 確かに、被害者が土下座して説得する姿に、少年達の心にショックを与えたのは確かのように映ったが・・はたして?

「親の心、子知らず」少年達の考えられない重大犯罪は後を絶たない。
「今度犯罪を犯したら,死をもって犯罪を償え」と言い「土下座して」少年達に説得できるのは小林さんぐらいではないだろうか。
 
本来は親が教育すべき事ではと思えてならないが・・・どうだろうか?

いずれにしても、小林さんの息子さんの犯人が早く捕まり・名乗り出ることを願って・・・
コメント   この記事についてブログを書く
« 〇1両目の20才の青年の見た... | トップ | ■すすり泣ていた「銀」が笑った■ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

癒  し」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事