癒(IYASHI)

〇偽装建築購入も自己責任では?税金投入救済は慎重!

段々偽装経緯が明らかになってきた。1年半前から気が付きながら、わが社だけ良ければ・自分だけよければと言う安易さ・お役所仕事の曖昧さに、責任逃れの業界一くるみの責任が、取壊し・建て直しに我々の税金が投入される事に疑問を感じざるをえない。
 
 倒産と称して逃げる準備しているような業者も見え隠れする。まず販売者等の責任を追及し責任按分をしてから、不足分を国が支援するのが建前ではないだろうか。関係業者は、口を噤んで国の支援を待って来ているように思える。

一生の宝として大金を投入し購入した我が家が無くなる事はどんなに辛く悲しいことか良ーく理解できる。しかし、購入は自己責任という事をも忘れないで欲しいものである。

 バブル崩壊時、狭く粗悪で高価な家に支払いきれずに事故破産し競売された例が数多くあった。その時に、国は銀行はどんな対応をしてくれただろうか。

何もしてくれなかったのでは?今回は国に弱みがあるとは言え、バブル崩壊の責任も国の政策が原因ではなかつたか?役所サイドの公平な支援も忘れてはならないだろう。石原知事の言わんとすることに正当性に感じるのは私だけだろうか。
 
危険と言う一言だけは早急に解消、解決する事を願って止まない・・・。
これからの国の「事故責任」処理に対する処置に注目したい。

これが実態?
参考http://blog.goo.ne.jp/8064pc981/e/85387c716d2d4c503cc792920920237c

コメント一覧

頑固親爺
日曜日の報道番組は。この事件で花盛りでしたね!概してマンション住民の安全を優先し行政の責任を追求するものばかりでした。その風を受けてか住民総会での意見を聞いていても、行政に責任を求めていく風潮になっていますね?国民に税金を使うことを哀願するようなまた同情を得るような謙虚な言葉はでてきません?むしろ犯人に投げかけるような乱暴な言葉やヤクザの脅しみたいな発言をしている者もいます!官舎や保険庁が建てて空いている部屋に入ってもらうことは賛成しましょう!でも今の生活が維持できる同じ立地条件を声高に求めています。マンション住民、設計士、建築主、建築確認委任機関、自治体・国全てに責任があるのでしょう。人的被害ですから、必ず賠償責任が発生します。税金の投入は国民全員からの同意が得られるのでしょうか。疑問を感じる人も多いのでしょう。同じような事はもっともっとあり、氷山の一角のような気がします。その時にも全員に手厚い保護をするのでしょうか。難しい問題ですね?冷静な対応を期待します。

菅英
コメント有難う。
頑固親父 殿

 初めての事例で、国も処理に苦慮している様子がありあり。購入者が国の全面的支援を期待し、役所等の説明担当者に罵声を上げている場面がTVで放映されて

いる。国・役所は安全面から補償費の立替と補助の形を取ると言う事で当面住民を説得せざる終えないでしょう。

TBなどを見ると、これは氷山の一角にすぎず発覚・内部告発が未だ未だ続きそうな気がしますネ。

 

罵声・責任を追及するのは一番目に建築販売者であり貴兄の言われるとおり「マンション住民、設計士、建築主、建築確認委任機関、自治体・国全てに責任がある」というのが本来の姿でしょうね。・・正にその通り。

「かし」期間があるとは言え、一番馬鹿を見たのは購入者。今後の成り行きがどうなるか見てみたい。

 一災害とは質が違う対応でなければとも・・

最近の画像もっと見る

最近の「ニュース」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事