癒(IYASHI)

徒然なるままに令和時代のニュースなどの種を拾い癒し求めて綴ります      

★【福岡国際マラソン:日本人優勝・川内】・・・満身創痍の戦い終えて涙の公務員ランナー⇔日本人の魂の走りを見た!

2016年12月04日 16時43分23秒 | スポーツ
 
  レース後、足をひきずり、介助されながら記者会見に現れた川内優輝=平和台陸上競技場

福岡国際マラソン」(4日、平和台陸上競技場発着)

 17年ロンドン世界選手権の代表選考会を兼ねて行われ、同世界選手権を日本代表入りを狙う最後の舞台と位置づけている川内優輝(29)=埼玉県庁=は、2時間9分11秒(速報値)で日本人トップの3位に入り、代表入りへ大きく前進した。

 魂の走りだった。11月に右足ふくらはぎを痛め、直前の2日には練習中に左足首をねんざ。万全ではない状況の中での強行出場だった。家族からは欠場を勧められたが「もしここで欠場してしまったら今後も自分はガラガラと崩れて安易な方向に行ってしまう。招待選手を受けた以上は義務としてしっかり走るのが川内という選手」と信念を貫き、スタートラインに立った。日本のマラソンの低迷が続く中、見る者の心を揺さぶる激走となった。

 レース後は涙が止まらなかった。「本当にもう今回は最悪の状況だったので…。ベストを尽くせてホッとした。とにかくよかった。うれしくって、涙が出てしまいました」と、充実感を漂わせた。(ディリー)

     練習中の左足首をねんざ克服の強行出場

 日本人の魂の走りを暫くぶりで見たような気がする。残念なのは外国さんにばかりに占領され日本選手の不がい走行に、チャンネルを変えるばかりだったが、暫くぶりで最後まで応援できたような気がした・・・

これが日本人の選手の走りかと、怒りを感じながらTVを見ていたが、川内選手の怪我をしながら外国選手に負けないような全身全霊を持って走る公務員ランナー川内の粘りとは思え無かった。

今まで日本選手の走りとは違い怪我を忘れて、全力で走る立派な川内の走りに感激し最後までTVを見る事が出来た・・・これが日本選手の走り方だ・・・
コメント   この記事についてブログを書く
« ★【病院にタクシーが突っ込み... | トップ | ★【やく氏「日本死ね」論争で... »

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事