癒(IYASHI)

徒然なるままに古しえに内外のニュースなどの種を拾い・我が病の不治の後遺症の体と心の癒し求めて綴ります      

■【エベレスト登頂成功】三浦さん記者会見は(苦しかった)・・途中ベースキャンプから早々下山の疲れ!

2013年05月29日 20時38分42秒 | 癒  し

     

80歳で3度目のエベレスト登頂に成功し、世界最高齢登頂記録を更新したプロスキーヤーの三浦雄一郎さんが29日朝、帰国した。羽田空港で家族らから出迎えを受けた三浦さんは、「無事に生きて下りてこられて、やっと日本にたどり着けてうれしい。風呂にでも入って少しのんびり休みたい」と笑顔で話した。

 この日帰国したのは三浦さんのほか、ともに登頂を果たした次男の豪太さん(43)、チームドクターの大城和恵医師(45)。空港では、三浦さんの妻、朋子さん(81)と長女、恵美里さん(52)のほか、先月27日に生まれたばかりの豪太さんの長女、恵ちゃんを抱いた妻の加恵さん(40)や、長男の雄豪(ゆうご)くん(5)らが早朝の到着を待った。

 到着ロビーに三浦さんが姿を見せると、出迎えた家族や関係者から「お帰りなさい!」と大きな拍手が。三浦さんは集まった報道陣にもみくちゃにされながら家族と抱き合い、登頂と無事の帰国を喜びあった。

 三浦さんが校長を務めるクラーク記念国際高校の生徒約70人も「80歳でのエベレスト登頂成功おめでとうございます!」と書かれた横断幕を手に出迎えた。生徒代表から「今の率直な感想は」と聞かれた三浦さんは、「命がけで達成できたことがうれしい」と語り、「まず夢を持ち、それに挑戦して達成して」と生徒らにエールを送った。(産経新聞)





今まで途中から下山なんて見られかった三浦さんも今回ばかりはどうしょうもなく弱音を吐いたような感じがする・・・

当然80という年輪がものを言ったようだが、良く登る気力に体力作製に感心するばかりだ、流石冒険家だ。次はスキー滑降の計画まで立てて居るというから又々驚きだ・・・・・

先ずはおめでとう御座いますというのが先だった。病める者のの嫉妬を感ずるから死はまだ先と言う事か(笑)

登頂成功したときの奥さんの笑顔が頭から消えない・・・・お体大切に!!

コメント