長寿大学サーテンブログ

外宮前辺りは参拝客が最近冨に増えて
毎日大賑やかです。(平成25年4月2日)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生花に額縁を添えるNO,2

2014-08-04 13:05:35 | Weblog

どうでしょうか?


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

これは実にいいわい!

2014-08-04 10:15:12 | Weblog

この方法はキャンパスも筆も要らないよう~。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ふじ満開 (油彩)

2014-04-23 14:52:03 | Weblog

一昨年5月初旬13期行事の帰途に菰野町の五百羅漢に寄りましたら

ふじ棚のふじの花が丁度見頃でしたので一枚パチリと切り取って参りました。

添付はそれを油で描いたものです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白髭峠

2014-02-04 10:58:52 | Weblog

白髭峠は高見山から三峰山の中間にあり雪の季節は人気縦走路になっています。

この画像は油で描いた後、PCの加工機能を使って修正したものです。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「山旅」懐古バージョン

2014-01-29 10:05:12 | Weblog

小梨平にて。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「山旅」懐古バージョン

2014-01-28 16:56:09 | Weblog

梓川上流に沿って穂高へ向かう。1996・7・26日

河童橋から横尾山荘前を左にとり、本谷橋を渡り天空に聳える屏風岩を巻いて涸沢小屋

に着く、ここまで6時間。奥穂高へはこの小屋からまだ4時間登ることになる。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「登山」懐古バージョン

2014-01-27 17:40:21 | Weblog

三峰(北岳、間ノ岳、農鳥岳いづれも3000m超の主峰3ッとあと2900m級を4ッ計7岳)を

4日かけて縦走。

写真は北岳山頂(富士山に次ぐ二番目の高峰)で。

ここで見た冨士は手の届きそうな所にあり丁度薄暮にさしかかる時で薄紫の高貴な姿を豪壮に目の前に見せてくれました。

縦走の最後は大門沢への降下点まで登り、標高2,000mを指導標に従いじぐざぐに急降下で

した。手摺りのない丸木橋をいくつも渡り返し、眼下を覗くと清流が轟音を響かせ目がくらむば

かりです。目当ての工事中の堰堤が見えてきた時は疲れが一気にどっと出ました。そこから二

つ三つ吊橋を渡りやっと大門沢小屋に辿り着きました。

この間登山者は私のはるか先を降りて行く男一人だけでした。

大門沢小屋で一泊して、翌日奈良田温泉まで降り、汗を流して2時の季節バスに乗りました。

1995・7・31日


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「登山」懐古バージョン

2014-01-27 17:26:40 | Weblog

穂高岳山荘にて。

ここの岩テラスで持参のコヒーを沸かし、目の前の夏穂高連峰を

見ながらのブレイクは忘れられない。

1996・7・26日


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「登山」懐古バージョン

2014-01-27 17:11:36 | Weblog

横尾山荘前で山友(ヤマトモ)と。

ここで奥上高地から別れ真っ直ぐ登って行くと長い長い槍沢を登り、

槍ケ岳へいきます。左を行きますと本谷橋を経て穂高への登山道

です。

1996・7・25日


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「登山」懐古バージョン

2014-01-27 15:37:25 | Weblog

涸沢にて。   背負っていったテント、シェラフ、食料、水で

食事を作り一泊しました。

夜トイレに行き戻る時暗くて自分のテントが何処だったか

分らなくなり、探すのに苦労したのにはマイッタ!マイッタ!

1996・7・25日


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする