駄楽器駄日記(ドラム、パーカッション)

ロッキンローラーの打楽器日記

ドラムの奥義続編・絶好の練習日

2018年03月21日 | ドラム&パーカッション
3月21日(水)春分の日
春の長雨であります。しかも、彼岸の中日というのに寒が戻ってど冷たい。。。
なので、朝からファンヒーター全開で、余りそうだった灯油の消費が進みます。いいんだか悪いんだか。。。
それはそうと、今日は休日。天気も悪いし予定もないし絶好の練習日。
我が家でじっくり腰を落ち着けて練習できました。
ピアノ教室の片隅にあるドラムのコーナーですが、ほぼ毎晩ピアノ教室があるので普段は練習できません。
今日はのんびりと。
内容は、モチロン英国流の重たいスネアについての特訓。
「テンポはそのままでスネアだけ重くする方法」という超ムズイテーマに取り組むので、自宅での個人練習にもかかわらず、若干緊張しつつ鼻息ブヒブヒ気味で取り組んだわけです。
クリックを鳴らし、ハット、バスドラはジャストをキープし、スネアだけをほんの僅かに遅らす。
慣れないとチョー気持ち悪いんだけれど、コツをつかむまで慣れることが大事。
ということで、しばし延々とリズムキープの練習。
そして改めて音源を流して本家のリンゴさんと共演。

「は・は~ん」であります。
コツを割とすぐにつかんで、奥義の入り口みたいなものが見えた気がしてすごく嬉しい。
うっしっし、的な発見だったんですが、ひょっとこすると今さらそんな時代錯誤なことを言ってる超遅れているドラマーなのかも知れませんけれど。
でもいいです。ロートルドラマーが一人、ここでめっちゃ喜んでおります(笑)
皆さん、次のスターキーのライブ、これでやってみます!へへへ。。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ドラムの奥義(解説) | トップ | 鼻炎と大腸の関連性について »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドラム&パーカッション」カテゴリの最新記事