ドイツ発、今日もタクシーで

世界遺産の街を走り回っています。
Heute fuhr eine Taxifahrerin in Bamberg!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

週始め、3月12日

2018-03-12 18:51:47 | 日記

8時に仕事開始。無線を狙うものの、残念ながら1本も取れずに8時45分予約のお客さんに向かった。

その次の予約は9時40分。もう1本ほしい所だが、ウオッシャー液を補給しろ、Adblueというハイテクディーゼル車に入れる液体が足りないから入れろと警告灯がついたので、そいつらを片付けることにした。

今までAdblueはいちいちメルセデスで入れてもらっていたが、45分近くかかるので時間のロスが多すぎる。そして昼間の運転手がするしかない仕事なので(夜はディーラーや修理工場は開いてないからね)、今までほぼ私がしかたなくやってきた。

メルセデスの親父は自分で入れると失敗が多いので、必ずディーラーで補給してくださいと言ってたけど、その注ぎ口はトランクの中にあるはずだと一応教えてくれたので、トランクのカバーをはずしたら、簡単に見つかった。ガソリンスタンドでは5Lの液体がたったの14Euroだった。メルセデスの半額以下、しかもたったの5分で入れることができたのはとても良かった。

死にかかりから復活した兄ちゃんは、今日は歯医者に行った。毎日様々な医者に通うのも、あと2週間くらいだそうだ。

無線で手押し車2台という注文を取った。老人2名をホームから医者に送ったのだけど、手押し車と言うやつ、結構でかいので、2台入る車は結構少ないのだ。今までもSkodaのワゴン車などから(多分Golfのワゴンタイプと同じ大きさ)、手押し車2台は入らないので、別の車を送って下さいと無線センターに頼んでる同僚もいたし。で、今日のおばあさんは注文の時に言ってくれたので、すぐに私が対応できて良かった。

96歳のおばあさんも街まで乗せた。その人は本当に元気で、週に何度も街に買い物や会食、トランプなどに遊びに出掛ける。25歳以上若いような人らが、病気だ病気だと文句を言いまくってるのが聞くに堪えないと言っうので、ああ、あなたは本当に幸せな人ですよ、と言っておいた。「私はとっても元気で、歳を取ってる時間がないのよ」だそうです。素晴らしいことじゃないか。

月水金の透析さんのうち、1人は旅行に行ってしまった。何と透析付きの外国旅行というのがあるんだそうだ。さらにもう1人は目の具合が悪く、社長さんが大きな病院に連れて行ったので、今日の透析ツアーはいつもより縮小版だった。その代わり、無線が何度も取れたのは良かった。現金のお客さんからはチップが期待できるからね。

シリア人の元難民さまを街はずれのカフェに送った。オーストリアに3年、ドイツにはわりと最近移ってきたそうだ。なんとドイツ人女性と結婚して赤ちゃんがいるそうだ。そして大学で政治の勉強をしているのだと。結婚して4年後にはドイツ国籍がもらえるので、シリア生まれのドイツ人政治家というのもありだけど、シリアの状況が良くなったら、国に帰って政治家になることも考えていると言っていた。うー、そんなのドイツ女性はきっとシリアには着いて行かないだろうな、と余計な心配までしてしまった。

8時から16時までの8時間で205Euroはまぁまぁ。予約と無線とがうまく混じり、短距離ばかりのわりにはそれほど悪くないと言える。

写真は今日の朝ごはん。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 珍しく土曜日が休み | トップ | 静かな火曜日、3月13日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事