ドイツ発、今日もタクシーで

世界遺産の街を走り回っています。
Heute fuhr eine Taxifahrerin in Bamberg!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お客さんからプレゼントをもらった金曜日、5月11日

2018-05-12 08:45:15 | 日記
私が仕事を始める時、社長さんは「病人の送迎はとにかく楽しく元気よくやってください。彼らにとってはタクシーでの移動が唯一、外に出る時間で1日のハイライトなのです」と言われた。
常連さんには多少融通を利かせるのも全然構わないので、その辺は自由にやって良いとのことで、まったくその通りにやっている。

金曜日は退院が多い日でもある。
退院にはお迎えが必要。そうでない場合は、健康保険からタクシー代が出る仕組みになっている。
昨日は無線で取った仕事が、90歳のおじいさんの退院だった。
もちろん病室までお迎えに行き、荷物は運んであげる。その間、メーターを入れてもいいのだけど、私はほぼ入れないでやっている。
おじいさん、耳は遠いようだったが、全然元気。手押し車は不要で、一本の杖でゆっくりだが普通に歩ける状態だった。
行き先はちょっとした郊外で、たくさん会話をしつつドライブを楽しんでくれた。「あんたぁタクシーの運転をとても楽しんでいるように見える」と、ありがたい言葉を頂いた。
特に老人の退院の場合は、家に誰かいるのか?と聞く事にしている。92歳のおばあさんが帰りを待っているというので、安心した(もちろんどういう状態のおばあさんが出てくるかは、ドキドキだけどね)。

家は大きな一軒家だった。ぴんぽんしていいという許可を得たので、呼び鈴をならし、おばあさんが出てきた。おばあさんには「ご主人を連れてきましたよ」と声を掛けたら、ものすごく喜んでくれた。

おじいさんの荷物を家の中まで運び込んだら、おばあさんはぜひ庭を見て行ってくれというので、中庭に入った(昨日は時間に余裕もあった)。
したら庭に植わっているばかでかいサラダ菜とコーラビを抜いて、袋に入れて持たせてくれた。
とても嬉しいプレゼントだ。早速、ユウメシにサラダを頂いた。

おばあさんも、「あんたは一目見ただけで良い人だと分かる。本当にありがとう。これからも機会があったらぜひ乗せてくださいね」とハグされてしまった。
そして24,50Euroのところ、30Euro頂いた。

そういうことがあると、本当にモチベーションが上がる。
昨日も8時間で200Euroちょっと。まぁまぁの収入でストレスも少なく、良い日だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

強気の夜ドライバー、5月9日

2018-05-09 21:09:30 | 日記
今日は朝から忙しかった。
ほぼエンジンを止めることがなかった。
日本の都内じゃ当たり前なのかも知れないけど、ここではわりと珍しい。しかも平日の昼間なのに。
無線の依頼をみんなが無視するので(実際忙しくて応答できない)、センターのおばさんが「お願いだから誰か取ってください、例えば駅にいる人とか」と叫びまくっていた。
それでも誰も取らないと、終いには営業中のタクシー番号を片っ端から呼び出し、現在地を言わされることもある。
わたしゃ空車だったらお迎え先が多少遠くてもどんどん取るので、名指しで怒られることはあまりない。

でも社長さんは再び結婚式のバイトに行ってしまったので、今日の常連さんの送迎は全て私の仕事となった。


透析ツアーと放射線治療の患者さんを次々さばき、その合間に無線を取るというパターン。
今日は無線の仕事量が多かったので、効率良く走れた気がする。無理矢理にギリギリまで粘らず、1つやったら次の予約のお客さんに遅れずに行こうと勉め、結構うまくできた。それができるとストレスも少なく、疲れない。

昨日、一時退院したおばさんが再び病院に戻るから迎えに来てくれと電話をかけてきた。
希望は17時だったので、もう夜ドライバーの時間だ。
「今日は予約を取ったので、16時半に来てください、電話番号は電話機に、住所はナビに入れてあります」と夜ドライバーにメッセージを入れた。
この仕事、現金払いの長距離なので結構嬉しいはず。わたしゃ夜ドライバーから予約を貰ったことはないが、いい仕事をプレゼントできるのは悪くないね。
でも、行き先(精神病院)を伝え、患者さんだから、どうか優しくしてあげて、と付け加えておいた。

夜ドライバーはこの道何十年のベテランだ。
酔っぱらいを乗せるかどうかも、かなり厳しく審査して、審査に漏れた人は平気で置いていっているそうだ。
まず千鳥足で「へい、おっさん!」などと言うにいちゃんは乗せないのだと。
大体酔っぱらいはタクシーに乗せて貰えることすら有り難いんだから、あまりにも横柄な人は許されないと強気だった。
そして私のように、端数はいらないよ、何てことは絶対にしない。
いつか国境を超えてチェコまで乗った人にだけ、315€ちょうどにしたけど、それ以外はしないんだって。

で、今日は欲張らずにやっても7時間で217€。1時間30€を越えたので嬉しい日だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミシュランの夏タイヤに変わった、5月8日

2018-05-08 15:21:00 | 日記
今日の最初の予約は病院から家に帰る放射線治療の常連さんだった。
そこまで時間があったので、病院に送り込まれる確率がものすごく高い着け場に待機した。
案の定、病院間輸送と思われる仕事を無線で取った。が、行ってみたら一時退院の人でいきなり長距離だった。

社長さんに常連さんを押し付けようとしたが電話に出ない😂😂
仕方ないので別会社の人に頼んだ。

今日はそれ以外にタイヤ交換という大事な仕事があった。


なんとミシュランの新品タイヤが4本付いた。


ドイツのタクシーはメルセデスという時代は終わった。
この街でも半分近くはVWやその他のメーカーになっている。
ヒュンダイやスコダもいる。日本車はプリウスとマツダの626と三菱1台ずつだ。

メルセデスのEクラスコンビにミシュランタイヤを付けてくれる会社にいて、わたしゃ結構幸せなんだろうなと思ったり...

珍しくメルセデスが3台並んだので、勝手に記念撮影をした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予約はハイヤーでのはずが、5月7日

2018-05-07 18:43:14 | 日記
わたしゃ郊外の田舎に住んでるので、まず社長さんちまで自家用車で行き、そこで車を乗り換える。
大概、そこから一番近い着け場に行くか、大騒ぎの時はすぐに無線で何かの仕事を取ってから出発する。

今日は月曜だが晴天だし、比較的静かだった。最寄りの着け場には誰もいなくて、3分後にすぐ無線を取れた。
お迎え先は社長さんの家と同じ建物だった。
そこ、鍵がないと一般車は入れな
い。
普通、そこに住んでるお客さんは、外まで出てきて乗るのだけど、そんなわけで建物の中までお迎えに行けて大サービスとなった。

そのお客さんは業務用のスーパーで飲み物を購入して、街のど真ん中でソーセージを売ってる屋台(彼はオーナーらしい)に運んだ。
トランクいっぱいの飲み物を詰め込んだので、本来、コンビ車使用料(3€)をもらっていいのだけど、メーター入ったままの待ち時間が長かったし、社長さんのご近所さんということでサービスしてあげた。
で、飲み物の積み降ろしを手伝ったら、「あんた非常に動きがいい。ぜひソーセージ屋台で働いてくれ」と言われた上に、チップをたくさんもらった。
ソーセージ屋はやりたかぁないねえ😂🤣

で、今日は社長さんがハイヤーで全ての常連さんをやり、私が一見さんゲットに励むシフトだった。それが当然、会社としては効率がいい。

しかし透析さんの1名をちょっと遠くの病院に連れていったら、案の定帰ってこれなくなったとかで、その後の透析ツアーが全部回ってきた。まぁ想定内なので全然おkですな。

で、今日も8時間程度で205€の売り上げだった。1時間25€はまぁ普通。
でも明日と明後日は苦労するんだろうな。1kmの売り上げが1,67€だったのは、私にはとても素晴らしい。いかにメーター入れた待ち時間が多かったかということだん。


今が旬の白アスパラのサラダ。自作💪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人のお客さんに出会った日曜日

2018-05-06 15:16:21 | 日記
夜ドライバーは12時間45分も仕事して、なんと600€弱、73000円くらい売り上げていた。
ほぼ休みなく走ってるんじゃないかなぁ。素晴らしい。

そんなわけで私の常務開始も45分遅れて5時45分からになった。
夜ドライバーは「まだまだお客さんいるから、乗った瞬間に戦闘開始だぜ」と言い残して行ったが、全く静かになってしまった。

最初のお客さんはおにいちゃん。プライベートパーティーの帰りだそうだ。
アウトバーンを使ってくれと言われたのに、わたしゃ一般道の方が距離も短いよ、と言った。
でも考えてみたらアウトバーンでも変わらないどころか、もしかしたら短いかもしれないと判明。
料金は30,50€だったが、現金は28€しか持ってないからカードで払うというところ、あるだけで良いですよ、と安くしてあげた。本当はいけないんだけど、まぁそのくらいなら大丈夫な範囲だ。

世界遺産の小ベニスというところがある。

寒い時期の写真なので、今はもうちょっと緑が多くてきれいだ。
その建物内に貸し別荘があり、そこのお迎え先を無線で取った。
出てきたお客さんは日本人の女性で、今から日本に帰るためにミュンヘンに行くとのことだった。
せっかくなので、本来かかるはずの大型トランク持ち込み料金50セントはサービスした。「最後にチップは払うのですか?」と聞かれたが、払ってくださいと言うわけがないわな。
ドイツ人運転手には払うのかは知らないけど、それと同じ問題は日本食レストランにもある。
日本人だとドイツでも日本の常識が通用する...というのでもまぁいいか。

そんなかんじで6時間ほど常務。
180€の売り上げで十分でしょう。
夜ドライバーならそこから頑張って、もう200€くらい売るんだろうけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加